【ワイルド・スピード】スピンオフスーパーコンボシリーズ2を製作

この記事は1分で読めます

【ワイルド・スピード】スピンオフスーパーコンボシリーズ2を製作

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】劇中車両として登場するトヨタGRスープラ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード10&スピンオフ】 女性版の主演候補のリスト

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

人気カーアクションシリーズ『ワイルド・スピード』シリーズのスピンオフ『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』。俳優のジェイソン・ステイサムと共に主演を務める俳優のドウェイン・ジョンソンが、続編企画が進んでいることを明かしたという。

ScreenRantによると、ドウェインは現地時間3月29日に行ったインスタグラムQ&Aで「次の作品、次の(『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)映画を今、企画しているところだ。すごく楽しみだよ」とコメント。製作陣と共に「クリエイティブ面を突き詰めないといけない。(続編の)方向性について考えているところだ」と明かしたという。

ドウェインの話ではスピンオフ第2弾の企画はまだ初期段階といったところだが、第2弾が制作に向けて動いていることはファンにとって喜ばしいニュースだろう。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード/スーパーコンボ】 あらすじと注目の登場人物

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)は、元FBI特別捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン)と、元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン)が衝突しながらも協力して、新型ウイルス兵器を持って行方不明になったショウの妹ハッティ(ヴァネッサ・カービー)の救出作戦に乗り出す。

スピンオフ第1弾は映画『デッドプール2』の監督デヴィッド・リーチがメガホンをとり、『デッドプール』シリーズの俳優ライアン・レイノルズがカメオ出演するなどのサプライズもあり、Box Office Mojoによると7億5900万ドル(約818億2780万円)以上の世界興行収入を上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。