【中尾明慶】 愛車の1980年式カワサキZ750FXのスペック

この記事は4分で読めます

【中尾明慶】 愛車の1980年式カワサキZ750FXのスペック

あわせて読みたい記事:【ゆきぽよ/木村有希】彼氏や愛車、実は努力家のすっぴん画像も綺麗

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車のバイクのホンダ・ヨンフォア購入理由やスペック

俳優として、そして車好き有名人として知られる「中尾明慶」さん。車好きといってもハンパではなく知識はマニアの域に達している「中尾明慶」さん。それは、もちろんご自身がアマチュアレーサーであり、国内のハコレースの「スーパーGT」のMCを務めておられることも関係していることでしょう。そして今回、旧車好きとしても有名な「中尾明慶」さんの愛車「カワサキ・Z750FX」に注目です。


「カワサキ・Z750FX」:概要

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

「カワサキ・Z750FX」のデビューは1979年6月です。1973年の750RS (Z2) 登場以降、1977年モデルより輸出仕様 Z1000 が2本マフラー化された際でも日本向けのみは4本マフラーのスタイルを堅持してきた(1976年 – 1978年モデルの Z750FOUR )が、1979年の「Z1000MKII」の登場を機に共通コンセプトの直線イメージを強調したスタイル(角Z)となりました。外装はタンク、シート、サイドカバーからテールカウルまでこれまでの曲線で構成されたライン(いわゆる丸Z)から直線を基調としたデザインに一新、エンジンは外見的には角型のカムカバーが採用。車体の方は、キャスター、トレールを変更し、4本マフラーは2本に、「全天候型ブレーキ」と言われた不等ピッチのドリルドディスクを前後に装着するなど、大幅に装備を見直した。また、外装も、足着きを考慮したシート、フラッシャーと車幅灯兼用のハザードランプ、ニュートラルセレクターなど充実させています。


「カワサキ・Z750FX」:ポテンシャル

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】北村匠海(花垣武道)の愛車CB250Tバブ

「フェックス」の愛称で呼ばれた「カワサキ・Z750FX」は、AMAの覇者の「Z1000MkⅡ」のスタイルを継承、角張ったフォルムで「Z2(750RS)」とは全く違うデザインでしたが、エンジンはZ2を継承しており、Zの血統を受け継いだモデルでした。さらに「Z750FX」は4本マフラーを2本出しにし、キャスターを26度から25.5度に、トレールを90mmから87mmに変え、フロントに剛性を持たすなどしてハンドリングの変更、高速走行の安定性を確保するなどそれまでのZに比べ、走高性能は格段な進歩を遂げていたのでした。さらにデビューから8ヶ月後の9月にリリースした「Z750FX(D3)」はトランジスタ点火を搭載。クラス最高の最高出力70psを叩き出すなどZシリーズ中もっとも充実したポテンシャルでした。ちなみにマイナーチェンジでは内容的にはフルトランジスタ点火機構および自動カムチェーンテンショナの採用、およびジェネレーターコイルがインナータイプに変更。


「カワサキ・Z750FX」:特徴/価格

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】吉沢亮(マイキー)のCB250Tバブの仕様・価格

エクステリアデザインの特徴は、「角Z」と呼ばれるデザイン。実は1978年モデルの「Z2(750RS)」の後継モデルとなる「Z750FOUR(D1)」からは大きくイメージが変わったデザインですが、型式上は「Z750FOUR(D1)」のマイナーチェンジとなり、エンジン出力などに変更はありません。また、同じ「角Z」の「Z1000MK II」と「Z750FX」の外見上の相違点はモデル名を示すサイドカバーのエンブレムのほか、排気マフラー端部のフィニッシュの違い、仕向地によるリヤウインカーの位置やリヤフェンダーの長さ程度で、遠目には識別しにくいというのが特徴です。またZ2E型エンジンは基本的に同じブロックのまますでに5年以上経過しており、車重的にも過大であったことが災いし、「Z750FX」と同時期発売の「ホンダ・CB750K」および翌1979年6月発売の「ホンダ・CB750F」といった4バルブ新エンジン搭載車とは動力性能で勝負にならず、さらには2バルブエンジンの「スズキ・GS750E」に対しても劣勢という状況だったといいます。1980年になり、輸出用1リッタークラスがエンジンから一新した「Z1000J」にモデルチェンジされ、同様のコンセプトで日本向け750ccも軽量でコンパクトな「Z750FXII」へとフレームから新設計のフルモデルチェンジが行われています。この時点で8年続いたZ2E 型エンジン搭載車は消滅。「Z650」ベースエンジンの搭載となった。

そしてZ2E型エンジン搭載の「カワサキ・Z750FX」は、その当時ライバルであり、かつ動力性能的には勝っていた「ホンダ・CB750K/CB750F」や「スズキ・GS750E」と比較して販売成績が厳しく、初期型(D2型)の生産台数は、僅か2000台と言われています。そのため初期型の中古車価格は、平均相場500万円前後とされています。


「カワサキ・Z750FX」:モデル遍歴

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】真島秋生のKH400ケッチレインボースペシャル

  • D2(初期型/1979年モデル):ボディーカラーはルミナルダークレッドとルミナスネイビーブルー

  • D3(1980年モデル):フロントフォークエンブレム取り付け ボディーカラーはルミナスルビーレッドとルミナスネイビーブルー

「カワサキ・Z750FX」:スペック

  • 全長×全幅×全高:2,180×900×1,190(mm)
  • 軸間距離:1,495mm
  • 車重:246kg
  • エンジン形式:空冷4ストローク DOHC並列4気筒
  • エンジン排気量:746cc
  • ボア×ストローク:64×58(mm)
  • 圧縮比:9.0
  • 最高出力:70ps/9,000rpm
  • 最大トルク:5.7kg-m/8,500rpm
  • 変速機型式:5段リターン
  • 潤滑方式:ウェットサンプ
  • オイルタンク容量:3.7L
  • タイヤサイズ:(F)3.25-19 (R)4.00-18
  • 燃料タンク容量:17.8L
  • 最小回転半径:2.40m
  • 販売価格(当時):51万5000円

「中尾明慶さんのZ750FX」:スペック

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

「中尾明慶」さんが愛車としているバイクの1台は「カワサキ・Z750FX」です。年式は1980年式で後期型となる「D3型」。ボディカラーは、ルミナスネイビーブルー。

カスタム内容は、モリワキ製モナカ管。大人仕様の「角Z」カスタムでシブく仕上げてあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。