【宮迫博之】愛車のマスタング・コンバーチブルのスペック

この記事は2分で読めます

【宮迫博之】愛車のマスタング・コンバーチブルのスペック

あわせて読みたい記事:【テンダラー浜本】旧車芸人としての愛車ケンメリの仕様スペックは

あわせて読みたい記事:【サバンナ八木】 兄の愛車の510ブルーバードBREレース仕様

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード6】劇中車両フォード・アンヴィル・マスタング

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の「宮迫博之」さん。2020年11月17日に「宮迫博之」さん自身のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」を更新。べたぼれしたという50年前の旧車の「フォード・マスタングを紹介し、「マジで良い色」「かっこえー!」と話題を呼んでいました。「宮迫が一目惚れした50年前の旧車を紹介します」と題した動画をアップ。「私、なんともう一台車を所有しておりました。旧車マスタングです」と、フォードの「マスタング・コンバーチブル」の1967年しきモデルを披露しています。


「宮迫博之さんの愛車」

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】愛車の1971年式のプリムス・バラクーダのスペック

「宮迫博之」さんの愛車は、1967年式の「フォード・マスタング コンバーチブル」。ボディカラーはグリーンメタリック。ホワイトリボンタイヤ、小径タコメーター、コブラエンジン。


「フォード・マスタング」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】劇中車フォードマスタングのスペック・価格

1964年にデビューした初代モデルの「フォード・マスタング」は、T型フォード以来の大ヒットカーと言われたほど人気を集めました。「フォード・ファルコン」をベースモデルとしたスポーティーカーとして、1964年にコンバーチブル及びハードトップのラインナップで登場しましたが、バランスの良いスタイリングと性能、広告代理店の巧みなマーケティング戦略によって発売当初から高い売れ行きを記録し、アメリカの自動車史に残る大ベストセラーとなったモデルです。その背景にはオートマチックトランスミッションやビニールレザーシート、ホワイトリボンタイヤなど多彩なオプションを用意する「フルチョイスシステム」を導入したことが挙げられており、これが幅広い年齢、収入層に受け入れられることとなったのでした。そして、この「フォード・マスタング」をカスタマイズしたのが、「キャロル・シェルビー」だったのです。世界大戦後、ヨーロッパのレースで成功した数少ないアメリカ人レーシングドライバーのひとりだった「キャロル・シェルビー」は、イギリスの古い小スポーツメーカーだったACとコラボし、フォード製の4.8L V8を搭載したマッチョなスポーツカー「コブラ」を生み出し、人気を集めていました。そして、この「コブラ」の成功を機に、「フォード」社は「シェルビー」を高性能イメージのシンボルとして、「マスタング」のサブブランドに採用したのです。しかし、正式名称は「シェルビー GT350」と、「マスタング」というネーミングは付けられていません。


「宮迫博之さんのマスタング購入の理由」

あわせて読みたい記事:【60セカンズ】マスタング・エレノアのレプリカの価格・スペック

購入の理由は、「アメトーク」で企画した「旧車芸人」の際に旧車に興味を持ち、車好きで知られている「唐沢寿明」さんに相談。その際に「宮迫博之」さんが購入に至った「マスタング」を勧められたそうです。購入の理由は、「なんでしょう。かっこええだけじゃなく、どっかにかわいらしさもあるというね」と語り、さらに「一番ほれ込んだのは色なんですよ。これ何色? まずこの色にべたぼれしたんですよ」とコメントしています。また「これオープンになります」と特徴を説明。「ちょっとエンジンかけますか!」と運転席に乗り込み、「このガソリンの香りがええね」とご満悦の様子でドライブに出かけた。最後はスタッフに向けて「ええ女やったろ? な?」と愛車を自慢しています。ファンから「渋すぎる!」「乗ってみたい!」「マジで良い色」「かっこえー!」と絶賛コメントが相次いでいたそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。