【光岡 デビルマン オロチ】限定1台のみが永井豪とコラボで登場

この記事は2分で読めます

【光岡 デビルマン オロチ】限定1台のみが永井豪とコラボで登場

あわせて読みたい記事:【西部警察 ガゼールオープン】 石原裕次郎の愛車のスペックとは

あわせて読みたい記事:【フェラーリSP38】 伝説のF40・美しい308のオマージュ

あわせて読みたい記事:【シビック・タイプR】ピックアップトラック仕様がホンダで公開に

モーターファンに衝撃を与えたエクステリアデザインといっても過言ではない「光岡自動車」が製造し2014年に生産が終了していた「光岡・オロチ」ですが、今回、突如1台限りの限定車を発表しました。しかも、コラボレーションモデルということです。そのモデル名は、「Devilman Orochi(デビルマン オロチ)」というモデルです。2018年は、「光岡自動車」の創業50周年と「マジンガーZ」や「ハレンチ学園」でおなじみの漫画家の「永井豪」氏の画業50周年という記念すべき年であるということで、「永井豪」氏原作の「DEVILMAN crybaby」とのコラボレーションを実現させたということです。

「光岡・オロチ」といえば、「ヤマタノオロチ」にヒントを得た独特のスタイリングで、ファッションカーという新たなカテゴリーで登場し注目を集めた車です。2001年の第35回:東京モーターショーにコンセプトカーを出展(その後3度東京モーターショーに出展)されました。

パワーユニットは、V型6気筒DOHC 3.300ccにトランスミッションは5速ATを組み合わせていました。この「光岡・オロチ」は、「光岡自動車」のフラッグシップカーとして2006年10月に市販モデル発表、2007年より発売が開始されました。2014年には生産終了を宣言し、最後に5台限定の「ファイナル・オロチ」をリリースし、生産販売終了していました。

さらにその後に、「光岡自動車」が所有していた車両を使い、「セブンイレブン」との共同企画で「新世紀エヴァンゲリオン」のメカニックデザイナーの「山下いくと」氏のカラーデザインによるエヴァ仕様の「エヴァンゲリオン オロチ」を限定1台で販売したこともありました。

今回、「Devilman Orochi(デビルマン オロチ)」の製作に先立ち、車両の「デザイン」と「コラボロゴ」が発表されました。そのカラーリングデザインは、アニメーション「DEVILMAN crybaby」のアートディレクションを手掛ける「阿閉高尚」氏と、「光岡・オロチ」のデザイナーである「光岡自動車」の「青木孝憲」氏が、共同で担当しています。

「光岡・オロチ」はすでに生産が終了しているモデルのため、今回のこの限定モデルは「光岡自動車」が保有する極上中古車をベースに製作するとしています。この1台限定の「Devilman Orochi(デビルマン オロチ)」の販売方法や販売価格等については、「光岡自動車」は2018年秋に発表するとしています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。