【ミカエラ・シフリン】スキーアメリカ代表の愛車や歴代彼氏について

この記事は6分で読めます

【ミカエラ・シフリン】スキーアメリカ代表の愛車や歴代彼氏について

あわせて読みたい記事:【ネイサン・チェン】愛車スープラや歴代彼女やフィギュア三原舞依

あわせて読みたい記事:【サスキア・アルサル】エストニア代表スピードスケートの愛車や歴代彼氏

あわせて読みたい記事:【東京オリンピック2020】美人女子アスリート10人の注目画像

世界トップアスリートの「ミカエラ・シフリン」さん。アルペンスキーにおいて多くの勝利を収め数々の偉業成し遂げておられます。それに加えて、美貌とスタイルを兼ね備えて世界中から注目されています。今回は、「ミカエラ・シフリン」さんの愛車やアルペンスキーの成績、歴代彼氏に注目です。


「ミカエラ・シフリンさんのプロフィール」

  • 名前:ミカエラ・シフリン Mikaela Shiffrin
  • 本名:Mikaela Shiffrin
  • 生年月日:1995年3月13日
  • 身長:170cm
  • 国籍:アメリカ合衆国、コロラド州、ベイル
  • 種目:スキー回転、大回転
  • 所属:Burke Mountain Academy
  • ワールドカップ戦歴
  • デビュー年:2011年
  • 総合優勝:2回(2016/2017年,2017/2018年)
  • 通算成績:通算43勝、表彰台回数62回、種目別優勝5回(回転:2012/2013年,2013/2014年,2014/2015年,2016/2017年,2017/2018年)
  • 経歴:コロラド州ベイル生まれ。才能あるアメリカ人アルペンスキー選手で3歳の時に彼女の両親、アイリーンとジェフによってアルペンスキーの世界にいざなわれました。それ以来、彼女の両親はシフリン選手のキャリアを応援し続けてきました。2011年3月に若干15歳で参加した初めてのレース、ワールドカップでシフリン選手は優れた成績を収め、それ以降も、自身の専門であるスラロームでオリンピック、ワールドカップ、世界選手権の優勝を飾った彼女は、少数のエリート集団である世界トップの女性スキー選手のひとりとしてすでに名を連ねています。
  • 国際スキー連盟(FIS)公認レースの出場年齢資格を満たすとすぐに、自身のスキー選手としてのキャリアを築き始めた。2010年12月にカナダ・ブリティッシュコロンビア州のパノラマで開催された、ノース・アメリカン・カップのスーパー複合で、同大会の出場年齢資格ぎりぎりの15歳で優勝する。同大会では、スーパー大回転、 大回転、回転も立て続けに制した。さらに、1ヵ月後にスイス・クラン=モンタナで開催された世界ジュニア選手権では、試合前日に胃腸炎を患ったにも関わらず、回転で銅メダルを獲得した。2011年3月にワールドカップデビュー。16歳の誕生日を迎えて間もない同年4月には、コロラド州ウィンターパークで開催された全米選手権の回転で、大会史上最年少の王者となる。同年12月のワールドカップ2011/2012年シーズンの回転第5戦(オーストリア・リエンツ)で、彼女は初の表彰台に立つ。1回目は40番目のスタートで、さらに中間地点でシンガード(脛当て)を失うアクシデントに遭いながらも12位に入り、2回目は同レースで最速のタイムをマークして3位入賞。2012年12月、シフリンはスウェーデン・オーレで開催されたワールドカップ2012/2013年シーズンの回転第3戦で、初優勝。17歳9ヶ月という年齢でのワールドカップ制覇は、アメリカ人選手では史上2番目の若さ。2週間後にクロアチア・ザグレブで開催された回転第5戦、さらにその11日後の回転第6戦(オーストリア・フラッハウ)でも勝利。2013年2月にオーストリア・シュラトミングで開催された世界選手権に出場。大回転では6位に入賞し、その2日後に開催された回転では優勝。同年3月にスイス・レンツァーハイデで開催されたワールドカップの回転最終戦も制し、彼女は2012/2013年シーズンの回転で種目別優勝。2013/2014年シーズンは、オーストリア・ゼルデンで開かれた大回転初戦の6位(同種目自身ベストタイ)で幕を開け、続く回転の初戦(フィンランド・レヴィ[要曖昧さ回避])で優勝する。続く大回転第2戦では2位に入り、同種目では初の表彰台に立った。2014年1月の回転第4戦は、悪天候のためにクロアチア・ザグレブから翌日にイタリア・ボルミオに会場が変更になるアクシデントに見舞われながらも優勝を果たした。同年2月のソチオリンピックでは、大回転で5位、回転では金メダルを獲得した。2014/2015年シーズンもワールドカップでは回転で種目別優勝を果たした。また、ビーバークリークで行われたアルペンスキー世界選手権の回転で2大会連続となる金メダルを獲得した。2015/2016年シーズンは、12月に大回転の練習中に故障したことで約2カ月間戦線離脱してしまい、3季連続で獲得していたワールドカップの回転の種目別タイトルを逃した。2016/2017年シーズンはワールドカップで11勝を挙げ回転の種目別タイトルを奪回し、大回転の種目別順位で自己最高の2位に入り、自身初の総合タイトルを獲得した。アルペンスキー世界選手権では大回転で銀メダルを獲得し、回転で大会3連覇を達成。2017/2018年シーズンはワールドカップの滑降で優勝1回を含む3度の表彰台入りを果たし、技術系スペシャリストからオールラウンダーへの成長を見せ、元々得意としていた技術系種目でも平昌五輪までに回転で7勝、大回転2勝とこちらも好調で、五輪での個人種目5冠達成の可能性が取り沙汰された。1月下旬にやや調子を落とし、イタリア・コルティーナ・ダンペッツォで行われたスーパー大回転第6戦からスイス・レンツァーハイデで行われた回転第9戦にかけての4レース中3レースで途中棄権した。平昌オリンピックではアルペンスキー女子の最初の種目の大回転で金メダルを獲得した。続いて出場した回転は世界選手権、五輪で4連勝中だったがまさかの4位に終わり連覇を逃した。回転の試合直前に嘔吐していたこともあり、感染症に罹患したとの憶測もあったが本人は試合後否定。滑降、スーパー大回転には出場せず、アルペン複合で銀メダルを獲得した。オリンピック後のワールドカップで2勝し、ワールドカップ12勝、総合タイトルと回転種目別の連覇を達成。


「ミカエラ・シフリンさんの最新の成績」

あわせて読みたい記事:【吉田知那美】オリンピック代表の愛車のトヨタRAV4や歴代彼氏

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)が2021年11月23日、オーストリアのセルデンで開幕して女子大回転第1戦が行われ、安藤麻(日清医療食品)、水谷美穂(日体大)は1回目でそれぞれ45、62位となり、上位30人による2回目に進めなかった。荒井美桜(サンミリオンク)は1回目で途中棄権。日本人選手は厳しい戦いを強いられた大会でした。対照的に「ミカエラ・シフリン」さんが合計タイム2分7秒22でW杯通算70勝目を挙げています。


「ミカエラ・シフリンさんの愛車ランドローバー・ディフェンダー」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車両のランドローバー・ディフェンダー

「ミカエラ・シフリン」さんの愛車は、「ランドローバー・ディフェンダー ダブルオーエディション」。ボディカラーはホワイト。


「ランドローバー・ディフェンダー」:概要

あわせて読みたい記事:【西内まりや】愛車ランドローバー・ディスカバリースポーツや歴代彼氏

世界唯一の4×4専門メーカー、ランドローバーの中でもよりオフロード性能を追求したスパルタンモデルがディフェンダー。1948年アムステルダムモーターショーで初めて発表された第一号ランドローバーモデルである。ランドローバーのアイコニックなモデルを21世紀仕様に刷新し、現代にあったポップで洗練されたデザインと実用的な機能を新たに採用。ひと目で「ディフェンダー」とわかる初代の特徴的なシルエットを継承しつつ、高い走破性に加えてスマートかつ高機能な装備を搭載し、安全性も充実させた。ラインアップは、2L 直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(最高出力221kW/300馬力・最大トルク400Nm)搭載の「90ベースグレード」、「90S」、「90SE」、「90HSE」、「90ファーストエディション」と「110ベースグレード」、「110S」、「110SE」、「110HSE」、「110ファーストエディション」を用意。「90(ナインティ)」は3ドアの5人乗り、「110(ワンテン)」は5ドアの5人乗り、もしくは3列目を追加して5+2シートにすることが可能。ランドローバー伝統のフルタイム4輪駆動(AWD)を採用し、砂地や草地、雪道などの厳しい路面でも前後輪のトルク配分を調整して、安定した走りを提供する。ランドローバー初の機能、コンフィギュラブル・テレイン・レスポンスで、用途や好みにあわせてドライバー自身がテレイン・レスポンスの設定をカスタマイズすることも可能となった。また、軽量アルミニウムのモノコック構造で全く新しいアーキテクチャー「D7x」を採用。ランドローバー史上最も頑丈なボディ構造となった。従来のラダーフレーム構造と比較して3倍のねじり剛性を確保し、軽量化も実現している。今回、「110ベースグレード」をベースに細部まで精悍に仕立てた特別仕様車「110ダブルオーエディション」を設定。5人乗り、7人乗りを用意。エクステリアの各部と19インチホイールを精悍なブラックで仕立てるとともに、特別なモデルの証である専用ステッカーを採用。ブラックエクステリアパック、シルバーフィニッシュバンパー(フロント&リア、5人乗り仕様のみ)、グロスブラックフィニッシュバンパー(フロント&リア、7人乗り仕様のみ)を特別装備している。右ハンドルのみの設定。


「ランドローバー・ディフェンダー110ダブルオーエディション」:スペック

  • ボディタイプ:SUV・クロスカントリー・ライトクロカン
  • 乗員定員:5名
  • 全長×全幅×全高:4945×1995×1970mm
  • ホイールベース:3022mm
  • エンジン形式:水冷直列4気筒DOHCターボ
  • 総排気量:1995cc
  • 内径×行程:83.0mm×92.2mm
  • 最高出力:300ps(221kW)/5500rpm
  • 最大トルク:40.8kg・m(400N・m)/1500~4000rpm
  • 燃料供給装置:電子制御燃料噴射
  • 燃料タンク容量:90リットル
  • 使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
  • ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
  • サスペンション形式(前):ダブルウィッシュボーン
  • サスペンション形式(後):マルチリンク
  • 駆動方式:フルタイム4WD
  • トランスミッション:8AT
  • 新車価格:6,824,000円〜

「ミカエラ・シフリンさんの歴代彼氏」

あわせて読みたい記事:【ダリア・ビロディド】愛車エクリプスや歴代彼氏とスイーツチョコ

世界トップアスリートの「ミカエラ・シフリン」さん。アスリートであり美貌とスタイルを兼ね備えた美人でもあられます。それゆえに世界中の人を魅了しています。その「ミカエラ・シフリン」さんの交際関係に注目です。


「ミカエラ・シフリンさんとマチュー・フェーブルさん」

あわせて読みたい記事:【髙梨沙羅】愛車メルセデスベンツAMG・G63のスペックと価格

「ミカエラ・シフリン」さんが交際しれいた歴代彼氏で有名な方はアルペンスキー選手。その選手とは、フランス代表アルペンスキーの「マチュー・フェーブル(Mathieu Faivre)」選手。現在は破局しているようです。


「ミカエラ・シフリンさんとアレクサンダー・オーモット・キルデさん」

あわせて読みたい記事:【堀米雄斗】東京オリンピックスケボー金メダルの愛車や彼女や年収

「ミカエラ・シフリン」さんの現在の彼氏についてですが、「マチュー・フェーブル」と同様にアルペンスキー選手のようです。実は、スキー選手同士の交際は珍しくないようです。「ミカエラ・シフリン」さんは、現在のところアルペンスキープレーヤー「アレクサンダー・オーモット・キルデ(Aleksander Aamodt Kilde)」選手と交際しているようです。アレクサンダー選手は、1992年9月21日のノルウェー生まれです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。