【メガスーパーカーモーターショー2019】 出展車両リスト一覧

この記事は5分で読めます

【メガスーパーカーモーターショー2019】 出展車両リスト一覧

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】BHオークション出展車スペック一覧

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速ランキング:2019】1秒台の車もあり

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

毎年九州において開催されているスーパーカーイベントの「メガスーパーカーモーターショー」ですが、今年は「メガスーパーカーモーターショー2019(MEGA SUPERCAR MOTOR SHOW 2019)」として開催されることになっています。芝浦グループホールディングス株式会社主催で、様々なスーパーカーはもちろんのこと、世界限定モデルとなるハイパーカーを多数出展する特別なショーとなっていますが、今年は2019年7月19(金)~7月22日(月)の4日間、マリンメッセ福岡において開催されることが決定しています。今年のテーマは「君は3台10億円のエキゾーストを聴いたことがあるか!」ということで、開催目的としては「子どもたちに夢を~夢のあるクルマを通して子供たちに笑顔を~若者のクルマ離れが危ぶまれる昨今。スーパーカーに対する憧れを抱いてもらい「いつか自分も…」と夢を持ってもらえるきっかけづくりをする。」ということになっています。なお、今回開催の「メガスーパーカーモーターショー2019(MEGA SUPERCAR MOTOR SHOW 2019)」において出展される最新モデルから往年の名車といわれるスーパーカー達は以下の通りが予定となっています。


「Entry A. ブガッティ・シロン」

まずは世界限定500台のみ販売された「ブガッティ・シロン」。新開発の8000ccW型16気筒エンジンに4基のターボが搭載され最高出力1500ps、最高速度420km/h以上、0-100km/h加速2.5秒以内という驚愕的なパワーを発揮します。500台の世界限定販売。展示車両は日本に初めて納入された1台。最大の特徴は「乗る人を選ばない」微速域から低速域では、ゆったりと思い通りのペースで走らせることができ、いざアクセルを踏み込むと計り知れないパワーをたたき出す。正に完成された車両です。ちなみに、このモデルは日本納車第一号の個体で、オプション価格は約8,000万円、総支払い額は約4億円と言われています。


「Entry B. ブガッティ・ヴェイロン16.4グランスポーツ・ヴィテッセ」

かなり希少となるブガッティ「ヴェイロン16.4グランスポーツ・ヴィテッセ」。日本に正規輸入された個体は僅か2台で、その内の一台となります。世界でもっとも完成されたハイパースポーツカー、ブガッティ ヴェイロン。グランスポーツ、ヴィテッセの銘がつけられたヴェイロンの最終モデルです。排気量8000cc W型16気筒エンジンに4基のターボが搭載され最高出力1200psを出力し、時速431㎞当時のギネス認定世界最高速度記録を保持。世界で最初に量産車で億越えの価格を打ち出した車両です。その価格は約3億円と「シロン」に次ぐ超高額モデルとなります。


「Entry C. ケーニグセグ・アゲーラRSR」

こちらは日本でしか納車されていない”日本限定3台のみ”となるケーニグセグ「アゲーラRSR」。ブガッティの登場とともにそのライバルとして君臨してきたケーニグセグ。アゲーラRSRは、世界で3台だけの限定生産車両。最高出力1160馬力を発生する排気量5000ccV型8気筒ターボエンジンを搭載し、同タイプの最高速度記録に挑んだケーニグセグ「アゲーラ RS」は277.9mph(約447.2km/h)という記録を達成。2010年にブガッティが樹立した268mph(約431.3km/h)という現在の最高速度記録を容易に塗り替えてしまう。世界限定25台のみとなるハイパフォーマンスモデル「アゲーラRS」の更なる限定車種となります。


「Entry D. ランボルギーニ・カウンタック 25the Anniversary Edition」

こちらはランボルギーニ「カウンタック25th Anniversary Edition」。1971年から今日までスーパーカーブームの代表として君臨し続ける「ランボルギーニカウンタック」。この車両は、1988年ランボルギーニ創立25周年記念に発売されたモデルで、657台のうちの一台である。最高速度295km/h。ドアが上に開くシザー・ドア(世の中ではガルウィング・ドア)が印象的で、まさにスーパーカーを象徴する一台となっています。


「Entry E. ランボルギーニ・ディアブロSV」

これもまた希少モデルとなるランボルギーニ「ディアブロSV」。名車カウンタックの後継車種。ディアブロというのは、有名な猛獣の雄牛から取ったもので、スペイン語で「悪魔」を意味する。完璧なまでのウエッジシェイプに独特なシーザードアを持つ。1990年~2000年までの10年間。排気量5,707cc,最高出力530ps,生産台数343台。


「Entry F. ランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスター」

こちらは現在のランボルギーニのフラッグシップモデルでハイパフォーマンスモデルとなる「アヴェンタドールSVロードスター」。ランボルギーニ社現行フラッグシップモデル。展示車両はLP750SVの中でもロードスタータイプ。マットホワイトの特別塗装を施している。排気量6,498cc,最高出力650ps,世界限定500台の生産。


「Entry G. ランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスター」

希少なランボルギーニ「ムルシエラゴ・ロードスター」。アウディ傘下に入った後に発売された最初の新車種。ロードスターには、ルーフは存在しない分シャシーの構造パーツの多くが、ねじれ剛性を確保するために再設計されている。展示車両はセミオートマチックトランスミッション。排気量6,496cc,最高出力640ps。「カウンタック」の後継モデルとなる一台で、更にはハイパフォーマンス仕様で僅か343台のみ製造された希少モデルとなります。


「Entry H. メルセデスベンツ・SLRマクラーレン722Sロードスター」

その他には世界限定150台のみとなるメルセデスベンツ「SLRマクラーレン722Sロードスター」。「超希少車」SLRマクラーレンはF1でジョイントするメルセデス・ベンツとマクラーレンが造り上げたスーパーカー。“722”は1955年ミッレミリアで、スターリング・モスが300SLRで優勝した際のカーナンバー。世界で150台が限定生産され、日本に正規輸入された2台のうちの一台である。


「Entry I. ポルシェ・カレラGT」

ポルシェのレーシング兼公道仕様モデルとなるポルシェ「カレラGT」。「希少車」 ル・マン24時間レースなどGTクラスレース用に開発された”ほぼ”レーシングカー。サブフレーム、エンジン、サスペンションなど純レーシングカーの構造。V型10気筒,排気量5,733cc,最高出力612ps,車両重量は1,380kg


「Entry J. アストンマーティン・DB11ローンチエディション」

アストンマーティン「DB11ローンチエディション」。往年のボンドカー「DBシリーズ」がフルモデルチェンジし、DB9の後継にあたる。現行のV8とは違い展示車両はV12ツインターボ、排気量5,204cc,最高出力608馬力。


「Entry K.マクラーレン・650S スパイダー」

「マクラーレン・650S スパイダー」。スーパースポーツ「12C」とスペシャルモデル「P1」の技術が盛り込まれた「650S」のスペックとしては、V8ツインターボ,排気量3,799cc,最高出力650ps,快適に乗れるモンスターマシンという存在。


「Entry L.メルセデスベンツ・AMG-GT ロードスター」

「メルセデスベンツ・AMG-GT ロードスター」。究極のオープンスポーツカー メルセデスAMG。メルセデスSLS AMGの事実上の後継モデルとして満を持して登場。ライバルはポルシェ911.


「Entry M.アウディ・R8 スパイダー」

「アウディ R8 スパイダー」。荒削りな前モデルからサルーン顔負けの乗り心地となった2代目R8.自然吸気のV10エンジンを搭載しアウディの仮面をかぶったランボルギーニ。


「Entry N.フェラーリ・458 スパイダー」

「フェラーリ 458 スパイダー」。最高出力570ps/最大トルク540N・mを発生する4.5LのV8エンジンをミッドシップに搭載するフェラーリで、最もスポーティな458イタリアをオープン化したモデルが458スパイダーである。エンジンが直噴化されたことでCO2の排出量も減少しており、ヨーロッパの環境基準にも対応している。


「メガスーパーカーモーターショー・ミスコンテスト 2019」

上記以外にもまだまだ多数のスーパーカーが出展されるので、非常に見ごたえのあるモーターショーだと思います。

この他にも、スーパーカーを華やかに彩るコンパニオンの頂点を決めるミスメガスーパーカーモーターショーコンテスト2019も開催されます。ちなみに、昨年のメガスーパーカーモーターショー2018のイベント風景は以下のダイジェスト動画にてチェックできます。

今年開催されるイベント会場の詳細は以下の通りです。

会場:マリンメッセ福岡
住所:〒812-0031 福岡県福岡市博多区沖浜町7−1
電話番号:092-262-3111

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。