【ニュルブルクリンク最速】中国EVマシンLynk&Coがトップ

この記事は2分で読めます

【ニュルブルクリンク最速】中国EVマシンLynk&Coがトップ

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2019年ベストバージョン

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速ランキング:2019】1秒台の車もあり

あわせて読みたい記事:【ランキング:高額ハイパーカー 2019】 詳細スペック・価格

中国の浙江吉利控股集団の傘下にあたる自動車ブランドのLynk&Co(リンク・アンド・コー)の最新プロトタイプモデル「03シアン・コンセプト(03 Cyan Concept)」。このモデルが、ドイツのニュルブルクリンクサーキットにてホンダの新型「シビック・タイプR」の記録を破ったばかりとなるルノー「メガーヌRSトロフィーR(Renault Megane RS Trophy R)」のFF最速記録(7分40.10秒)と、ジャガーのハイパフォーマンスセダン「XE SV Project 8」の4ドアセダン最速記録(7分21.23秒)をも上回る、7分20.143秒というダブルレコードを更新しました。

今回、「03シアン・コンセプト」のドライバを担当したのは、シアンレーシングのドライバでもあるThed Bjork氏で、周回ラップタイム7分20.143秒に対して、平均時速は170.4km/hという驚異的な記録を残しています。Lynk&Co曰く、「これまで最速記録を更新してきたモデルたちは、一部ショートカットしたコース(20.6km)でのラップタイムを競い合っていたと主張していて、本来の周回距離である20.8kmでの最速記録は正真正銘のものであり、もし20.6kmにて走行していたら、さらにタイムは縮まり7分15.1秒を記録していたかもしれない」とのことでした。

「03シアン・コンセプト」の気になるパワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力528hp/最大トルク504Nmというパワーを発揮しているモデルです。駆動方式はもちろん前輪駆動(FF)で、トランスミッションは6速シーケンシャルギアボックスを搭載しています。なお、直線のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.4秒、0-200km/hの加速時間は10秒、最高時速は310km/hにまで到達するとのことです。ちなみに、このモデルには”コンセプト”という名称が付いていますが、厳密には量産モデルとして販売することが決定していて、しかし販売台数は相当に限られるとのことから、すぐ完売するのではないかとのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。