【ララ・グート】アルペンスキースイス代表の愛車アウディや歴代彼氏

この記事は4分で読めます

【ララ・グート】アルペンスキースイス代表の愛車アウディや歴代彼氏

あわせて読みたい記事:【ミカエラ・シフリン】スキーアメリカ代表の愛車や歴代彼氏について

あわせて読みたい記事:【サスキア・アルサル】エストニア代表スピードスケートの愛車や歴代彼氏

あわせて読みたい記事:【カミラ・ジョルジ】歴代彼氏や愛車、最新成績とインスタ水着画像

アルペンスキーでトップアスリートとして活躍されている「ララ・グート」さん。北京オリンピック2022においても注目です。今回は、「ララ・グート」さんのアルペンスキートップアスリートへの道のり、歴代彼氏や結婚、また愛車に注目です。


「ララ・グートさんのプロフィール」

  • 名前:ララ・グート Lara Gut
  • 生年月日:1991年4月27日
  • 出身地:スイス・ティチーノ州ソレンゴ出身
  • 職業:アルペンスキー選手
  • ワールドカップ戦歴
  • デビュー年:2007年
  • 総合優勝:2015/2016年
  • 通算成績:23勝
  • 獲得メダル
  • オリンピック:銅 2014 ソチ 滑降
  • アルペンスキー世界選手権:銀 2009 ヴァル・ディゼール 滑降、銀 2009 ヴァル・ディゼール スーパー複合、銀 2013 シュラドミンク スーパー大回転、銅 2015 ビーバークリーク 滑降、銅 2017 サンモリッツ スーパー大回転
  • 経歴:スイス出身のアルペンスキーのチャンピオン、ララ・グート-ベーラミが国際的なアルペンスキーの大会に出場したのは16歳。以来、トップ選手のひとりとして活躍している。2008年、ワールドカップ スーパーGレースを制覇した最年少選手となった。2009年のヴァル・ディゼールでのアルペンスキー世界選手権でダウンヒルとスーパー大回転で銀メダルを獲得した。2010年バンクーバーオリンピックは右臀部の故障により出場は見送られた。ケガを克服し、大きなプレッシャーをはねのけて、グート-ベーラミはゼルデンで圧倒的な勝利を収め、次のシーズンに向けて幸先の良いスタートを切った。2014年、ソチオリンピックでは滑降で銅メダルを獲得した。2015-2016シーズンはワールドカップで総合優勝した。2015-2016年シーズンは、初のワールドカップ総合優勝を含む2つのクリスタル・グローブを獲得。2017年の母国スイス・サンモリッツでのアルペンスキー世界選手権でスーパー大回転で銅メダルを獲得した。同大会のスーパー複合の前半滑降で3位につけたが、回転の練習中に転倒し、前十字靱帯と半月板断裂の重傷を負い、後半回転及び今季の残りの試合を欠場。

「ララ・グートさんがプロスキーヤーになるまでのコメント」

あわせて読みたい記事:【吉田知那美】オリンピック代表の愛車のトヨタRAV4や歴代彼氏

私は、1歳の誕生日の春に人生で最初のスキー板を叔母からもらいました。夏の間中、私はそのスキーを足にはいて庭を歩いていたらしく、冬が訪れた時には私はスキーをする準備ができていました。私にとって、スキーをすることは、ごく自然のことでした。そして、どういうわけか私はワールドカップで滑るまでになっていて、どうしてそこまでたどり着いたのか分からないけれど、楽しんでいました。スキーをすることとプロのスキー選手であることの間には明確な違いがあります。子供の時は、ただスキーに行くだけでした。でも、ワールドカップに出場する、あるいはプロのレベルまで達すると、どういうわけかスキーは多くの別の物に変わってしまいます。私がプロとしてのキャリアをスタートさせた時、それが最大の問題でした。スキー以外のものがあまりにもたくさんあったからです。16歳で初めてワールドカップに出場した時には、すべてのことにどう対処すればよいのか分かりませんでした。15歳の時はただスキーをしているだけだったのに、その1年後には全世界から私への評価が集まるにようになったのです。チャンピオンであることは、どのように向上し、自分自身に立ち向かっていくか、その方法を人々に示すことができる人物になることだと思います。私には頼りになる両親がいて、「自分が求めることをやりなさい、知りたいことを知り、そしてそのために戦いなさい」というアドバイスを通じて、私を支えてくれました。すべてにおいて良いバランスを保つために重要なのは、 戦うこと、トレーニングすること、休養すること、自分自身を信じること、そして素晴らしい人々を周囲につけることだと思います。なぜならば、誰も自分ひとりでは何も達成できないからです。これらの要素の融合があって、力を発揮できるのです。2016年に、私は初めてワールドカップで総合優勝しました。私はスイスにグローブを持ち帰ることができました。それは、20年以上ぶりのことでした。私のために力を尽くしてくれている人たちのおかげで達成できたのだということを実感し、とても感動的な瞬間でした。このシーズン後に、ゼルデンでの大会に臨むことは厳しい挑戦でした。レースの前の週、私は自分自身を強すぎるほどのプレッシャーの中において、「私はタイトルを手にしていて、それよりも上を行くことが期待されている。でもそのためにはどうすべきか?」と考えていました。レース前日にある選手が「ただスキーをすればいい」と私に話してくれて、人間の精神はなんと強いものなのだろうと実感しました。できると思えば、人は何にでも勝つことができるのです。しかし、頭の中で自分自身を困難な状況に陥れると、逆にすべてを失ってしまうのです。精神は自分自身の最も悪い敵でもあり、最高の友人でもあるのです。ゼルデンは私にとって難しい挑戦でしたが、経験できたことに感謝しています。ここから多くのことを学ぶことができたのですから。ゼルデン以来、すべてが以前よりも容易に感じられるようになりました。


「ララ・グートさんの愛車」

あわせて読みたい記事:【髙梨沙羅】愛車メルセデスベンツAMG・G63のスペックと価格

「ララ・グート」さんの愛車は、「アウディ・Q5TSFI」。


「アウディ・Q5」:概要/価格

あわせて読みたい記事:【レティシア・ブフォーニ】ブラジル代表の愛車アウディや水着画像

アウディ「Q5」は、卓越したオンロードパフォーマンスと乗り心地、洗練されたスポーティなデザインと高いユーティリティ性能を特長とするプレミアムSUV。2世代目となった、新しいMLB evoのモジュラープラットフォームをベースに、デザイン、メカニズムを一新。ボディサイズは若干拡大しながら、徹底した軽量設計により、車両重量を従来型比60kg削減し、エンジン(2.0 TFSI)もパワーアップと同時に効率化も図って、運動性能をより一層高めながら、燃費を11%改善。最大出力185kW(252馬力)を発揮する2.0TFSIエンジンに7速Sトロニックを組み合わせ、quattro4WDシステムにより駆動する。ラインアップは、「45TFSIクワトロ」、「45TFSIクワトロ エアサスペンション装着車」、「45TFSIクワトロスポーツ」、「45TFSIクワトロスポーツ エアサスペンション装着車」、限定車として「ブラックエディション」を設定(限定250台)。今回、電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンならではの走行性能を楽しめる、Q5の新しいエントリーモデル「40TDIクワトロ」、「40TDIクワトロ エアサスペンション装着車」、「40TDIクワトロスポーツ」、「40TDIクワトロスポーツ エアサスペンション装着車」を設定。最新の技術を惜しみなく投入し、妥協ない環境性能と190馬力/400Nmという運動性能を併せ持つことで、高い経済性とともに、余裕のあるドライビングフィールを実現。その一方JC08モード燃費はガソリンモデルを1.7km/L 上回る15.6km/Lで、モード燃費による単純乗算でも航続距離は約1100kmに迫る(タンク容量:70L)。さらに、「40TDIクワトロスポーツ」をベースに、TDIモデルの発売を記念し、迫力ある内外装と安全装備を充実させた、限定車「TDI 1stエディションブラックスタイリング」を設定(限定250台)。マトリクスLEDヘッドライト(ダイナミックインジケーター含む)やアクティブセーフティを強化するアシスタンスパッケージ、外装のブラックスタイリング(モール/ルーフレール/ミラー)、専用20インチホイールなど大幅に装備を追加した。右ハンドルのみの設定。

価格:650万円〜800万円


「ララ・グートさんの歴代彼氏や結婚」

あわせて読みたい記事:【ネイサン・チェン】愛車スープラや歴代彼女やフィギュア三原舞依

「ララ・グート」さんは、結婚されています。夫は元サッカースイス代表選手の「ヴァロン・ベーラミ」さんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。