【ランボルギーニ・エッセンサSCV12】限定40台V12搭載ハイパーカーのスペック

この記事は2分で読めます

【ランボルギーニ・エッセンサSCV12】限定40台V12搭載ハイパーカーのスペック

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ・ウラカンEVO】空港のフォローミーカーに採用

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車両ムルシエラゴLP640のスペック

あわせて読みたい記事:【ルグランランデヴー】フェラーリSF90ストラダーレでリメイク

ランボルギーニV12シリーズのサーキット専用モデル「ランボルギーニエッセンサSCV12」がワールドプレミアしました。
世界限定40台のみのハイパーカーで830馬力以上を発揮します。
lamborghini-essenza-scv12 (7o7 (1)lamborghini-essenza-scv12 (7o7 (8)エキゾーストパイプは背圧を低減し、パフォーマンスを向上させ、エンジン独特のサウンドを強調します。新しいX-tracシーケンシャル6速ギアボックスでパワーを処理し、後輪駆動と組み合わせることで、コンパクトさ、構造の連続性、およびねじり剛性を確保しています。内部ロールケージのない新世代のカーボンファイバーモノコックシャーシのおかげで、1.66 CV / kgという並外れた出力重量比が達成されました。Essenza SCV12は、FIAプロトタイプの安全規則を尊重するために開発された最初のGT車でもあります。ギアボックスに直接取り付けられたプッシュロッドリアサスペンションなど、レーシングプロトタイプに着想を得たキネマティックソリューションが採用されています。
lamborghini-essenza-scv12 (7o7 (7)lamborghini-essenza-scv12 (7o7 (10)エアロダイナミクスは、ランボルギーニスクアドラコルスのGTレーシングエクスペリエンスの恩恵を受けて、GT3カーよりも効率と高いダウンフォースレベルを保証します。値は250 km / hで1,200 kgです。フロントフードには、中央にリブが付いた二重の空気取り入れ口があります。フロントにはスプリッターと2つのラテラル要素があります。側面では、エンジンとギアボックスの冷却の流れは、サイドシルにある垂直フィンを使用することにより最適化されています。大きく調整可能なダブルプロファイルのリアウィングが空力パッケージを完成させます。
lamborghini-essenza-scv12 (7o7 (4)lamborghini-essenza-scv12 (7o7 (3)

lamborghini-essenza-scv12 (7o7 (2)lamborghini-essenza-scv12 (7o7 (5)

車体の構造は3つの要素のみで構成され、ピットストップ中に必要なときに迅速に交換できます。ベルデシルヴァンス、グリジオリンクス、ネロアルデバラングロス、アランシオカリフォルニアの限定発売を記念して、ランボルギーニスクアドラコルスの長年のパートナーであるプルタミナ、ピレリ、ロジェデュブイの商標ロゴが表示されます。ランボルギーニの典型的なDNAである六角形のジオメトリは、フロントヘッドライト、ルーフエアスクープ、ステアリングホイールを構成するエアベントを特徴としています。紛れもない「Y」、カラーリングとコックピットで繰り返されるスタイルの特徴もあり、各要素は軽量、機能性、デザインの最高の妥協点を表しています。ディスプレイ付きの多機能ステアリングホイールのデザインは、最高のエルゴノミクスと完璧な感触を提供するために、F1シングルシートステアリングホイールから着想を得ました。未来的かつ合理的なデザインで、ドライバーがリムから手を離す必要がありません。カーボンシェルを備えた特定のFIA認定OMPシートは、ドライバーを採用し、快適性、安全性、安定性を確保しています。

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ・ミウラSV】生産11台の右ハンドル仕様が競売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。