【ミウラSVJ #4860】 生産台数4台の希少車が新車で蘇る

この記事は1分で読めます

【ミウラSVJ #4860】 生産台数4台の希少車が新車で蘇る

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ・ミウラSVR】 レストア車両のスペックと真実

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニディアブロGT】限定80台の最強モデルが競売に

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】登場車のノーブルM600のスペック・価格

最も美しいクルマのデザインとして有名な世界的名車「ランボルギーニ・ミウラ」。その名車が新車として蘇るとのことです。しかも、生産台数は僅かに4台という「ランボルギーニ・ミウラ」の中でも希少なモデルということです。

これは、パリで開催中の「レトロモービルクラシックカーショー2020」において2015年から開設されたレストア専門部門ポロストリコで新車として蘇った「ランボルギーニ・ミウラSVJ #4860」とこれから修復される予定の「ランボルギーニ・ミウラP400 S」が展示されることで明らかになりました。

そして、この「ランボルギーニ・ミウラSVJ」は4台しか生産されなかった幻の1台でシャシー番号は#4860ということも明らかになったのです。ヒストリーとしては、1973年年にドイツで「ランボルギーニ」社のディーラーを経営していたレーシングドライバー、「フーベルト・ハーネ」氏の為に作られた個体ということです。ちなみに「ランボルギーニ・ミウラSVJ」のボディカラーは元々ブラックだったようでしたが、1977年に「フーベルト・ハーネ」氏が「ランボルギーニ」社に持っていきシルバーへと塗り替えたいうことです。その後、2000年代前半までドイツにあり、その後日本へ転売された後は公開されていませんでした。

そして「ランボルギーニ・ミウラSVJ」の隣にあるボディは「ランボルギーニ・ミウラP400 S」です。こちらも数年掛けて完全に修復される予定です。

2020年で「ランボルギーニ・ハラマ」と「ランボルギーニ・ウラッコ」が50周年、そして「ランボルギーニ・ディアブロ」が30周年を迎えアニバーサリーイヤーとなる今年。

「ランボルギーニ」社は9月10日からイタリアでグランツーリスモツアーを開催します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。