【カウンタックLP500 ターボS】 生産2台のスペック・価値

この記事は4分で読めます

【カウンタックLP500 ターボS】 生産2台のスペック・価値

あわせて読みたい記事:【HKS・ZERO-R】BNR32コンプリートのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【シュパン・ポルシェ962CR】悲運な生産6台のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【マクラーレン F1 HDF】 製造2台の希少モデルのスペック

キング・オブ・スーパーカーというべき世界の名車「ランボルギーニ・カウンタック」。1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、文字通り世界中に驚きを与えたモデル。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。販売車種では珍しく特殊なエアインテーク機構やNAで400馬力を超えるV型12気筒5,000cc前後のモンスターエンジンを搭載するなどコンセプト、デザイン、システムすべての点において異彩を放ち、1970年代後半から1980年代の日本におけるスーパーカーブームの火付け役となったモデルでした。当時のスーパーカーブームでは「最高速300km/h」という公称値が話題となりこれが人気の一端を担っていましたが、実際には当時のLP400の最高速は300 km/hまで届いてはおらず、最終モデルである25thアニバーサリーでも295 km/hでした。そのようなスーパーカーの代表作「ランボルギーニ・カウンタック」の中でも希少モデルが存在しています。

そのモデルの中でも「もうすでに存在しない」と思われていた「ランボルギーニ・カウンタック・ターボ」が発見されたということです。「カウンタックLP ターボS」というモデルは、2台しか作られなかった希少モデルで、現在は1台のみ存在しているのです。「カウンタックLP500 ターボS」は、4.8リッターV型12気筒エンジンにツインターボと装備し最高出力:758ps、最大トルク:876 N・mで、車は0-100km/h加速は3.7秒、最高速は335 km / h(208 mph)というポテンシャルを備えているようです。ちなみに下記は「ランボルギーニ・カウンタック」シリーズのスペック一覧です。


「ランボルギーニ・カウンタック」:スペック一覧

  • 「カウンタック・LP500」

  • 全長:4,140mm
  • 全幅:1,890mm
  • 全高:1,029mm
  • ホイールベース:2,450mm
  • 車両重量:1,130kg
  • 排気量:4,971cc
  • 最高出力:440ps/7,400rpm
  • 最大トルク:51.0kgm/5,000rpm
  • 生産台数:1台

  • 「カウンタック・LP400」

  • 全長:4,140mm
  • 全幅:1,890mm
  • 全高:1,070mm
  • ホイールベース:2,450mm
  • 車両重量:1,065kg
  • 排気量:3,929cc
  • 最高出力:375ps/8,000rpm
  • 最大トルク:36.8kgm/5,500rpm
  • 生産台数:150台

  • 「カウンタック・LP400S」

  • 全長:4,140mm
  • 全幅:1,995mm
  • 全高:1,029mm
  • ホイールベース:2,443mm
  • 車両重量:1,351kg
  • 排気量:3,929cc
  • 最高出力:353ps/7,500rpm
  • 最大トルク:37.0kgm/5,000rpm
  • 生産台数:237台

  • 「カウンタック・LP500S」

  • 全長:4,140mm
  • 全幅:1,890mm
  • 全高:1,029mm
  • ホイールベース:2,443mm
  • 車両重量:1,490kg
  • 排気量:4,754cc
  • 最高出力:375ps/7,000rpm
  • 最大トルク:41.7kgm/4,500rpm
  • 生産台数:324台

  • 「カウンタック・5000QV」

  • 全長:4,140mm
  • 全幅:2,000mm
  • 全高:1,070mm
  • ホイールベース:2,500mm
  • 車両重量:1,490kg
  • 排気量:5,167cc
  • 最高出力:455ps/7,000rpm
  • 最大トルク:51.0kgm/5,200rpm
  • 生産台数:632台

  • 「カウンタック・25thアニバーサリー」

  • 全長:4,200mm
  • 全幅:2,000mm
  • 全高:1,070mm
  • ホイールベース:2,500mm
  • 車両重量:1,680kg
  • 排気量:5,167cc
  • 最高出力:455ps/7,000rpm
  • 最大トルク:51.0kgm/5,200rpm
  • 生産台数:657台

「発見されたカウンタック・LP500ターボS」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

今回、発見された希少モデルの「カウンタック・LP500 ターボS」は、ランボルギーニ自身が1984年に2台のみ試作したクルマで、ベースは「カウンタック・LP500S」ということです。

変更点としてはエクステリアデザインのサイドステップ、リアフェンダーが専用デザインとなり、リアウイングのサイズがアップされていること。これらがエクステリアデザインの識別点です。

パワーユニットは排気量:4,754ccとなっており、これにツインターボを装着。この過給機によって最高出力は758psとなっています。上記のスペック一覧でも明らかですが、ベースである「カウンタック・LP500S」の2倍のパワーを獲得しているのです。ポテンシャルとしては0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は335km/hに達する、という記録。

なお、当時これだけの馬力を持つクルマは他になかったと思われ、かつドライバー・アシストの類がなかった時代、非常にピーキーな動きをしていたと思われます。またホイール直径は「カウンタック・LP500S」と同じ15インチですが、幅はフロントが8.5Jから10.5Jへ、リアは12Jから14Jへと拡大されています。

インテリアはホワイトで統一されています。シートにはレーシングハーネス付き。

この「カウンタックLP ターボS」を発見したエキゾチックカーハンターの「ジョン・テメリアン」氏。様々なレアカーを顧客の要望に応じて探すことを生業としているのだと思われます。実は自動車業界におけるトレジャーハンターとも言え、実際にこういった人々は多数存在しており、少し前にも「海中に没した」と思われた「アストンマーティン・DB5」や、これも廃車になったと信じられていた映画:「ミニミニ大作戦」に登場した「ランボルギーニ・ミウラ」がこういった人々の手によって発見されています。では、どのようにして「カウンタックLP ターボS」を発見したのでしょうか。それはインスタグラムにおいて、「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」と一緒に写っているこの「カウンタック・ターボ」を発見したというのです。

そしてインスタグラマーに連絡を取り、どこでこの写真を撮ったのか、このクルマの持ち主は誰なのかを聞き出し、そのオーナーに連絡を取った、とのことです。そして、気になるヒストリーとしては、「カウンタックLP ターボS」はヨーロッパでスーアーカーディーラーを経営し、自身もランボルギーニ・コレクターであった「マックス・ボブナー」という人が「カウンタックLP ターボS」を2台(ブラックとレッド)を「ランボルギーニ」社に作らせた、という経緯があるようです。こちらはそのうちの1台のボディカラーがレッドの「カウンタックLP ターボS」と「ウォルターウルフ・カウンタック」が並んでいる当時の写真ということです。ちなみに「カウンタックLP ターボS」の脇に立つのはランボルギーニ創業者である「フェルッチョ・ランボルギーニ」氏、そして「バレンチノ・バルボーニ」氏。ただ、このレッドの個体はこの写真撮影後間もなく「失われた」とされており、現存するのはブラックの個体のみだとされていたものの、実際にはやや色味を変えながらも今回存在が確認された、ということになります。

そして「ジョン・テメリアン」氏は自身を「ランボルギーニの研究家である」と現在の持ち主に紹介し、この「廃車にならず生き残っていた」レッドカラーの「カウンタックLP ターボS」を実際に見て検証。そして現場では当時の記録として残っている写真と実車とを比較し、「間違いなく」当時製造された「カウンタックLP ターボS」であると確信したというのです。この「カウンタックLP ターボS」は、ネバダのカジノにフェラーリなどと展示されており、当時のオーナーが死去した後に現在の保管場所へと移された、としています。なお、今回その「カウンタックLP ターボS」を新しく撮影した画像は公開していないということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。