【アヴェンタドールSVJ】 ニュルブルクリンクで最速タイム更新

この記事は2分で読めます

【アヴェンタドールSVJ】 ニュルブルクリンクで最速タイム更新

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2017年ベストバージョン

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・919ハイブリッドEVO】 ニュルで最速タイム更新

あわせて読みたい記事:【Alieno Arcanum】5,221psのEVマシン登場

デビュー間近の「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の高性能バージョンについて、遂に同社から公式情報がリリースされました。正式名称は「ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ」と呼ばれるモデルで、そのプロトタイプが、ニュルブルクリンクにおけるティーザー映像が公開されました。カモフラージュ柄のラッピングが施されているものの、従来モデルとの外観の違いは見て取れる。フロントフェイシアは、奥行きの深いチンスポイラーにメイン・エアインテークを上下に分ける大きなウィングが特徴的です。サイドスカートは幅が広く、フロントホイール後方にエンドキャップが装着されています。ホイールは「アヴェンタドール SV」のようなセンターロック式だが、デザインは異なるようです。ティーザー映像には、ピレリ製「P Zero Trofeo R」タイヤを転がしているシーンも見られています。リアにはインパクトの強いウィングを装備し、エキゾーストは「ウラカン・ペルフォルマンテ」のように高い位置に備わっています。インテリアでは遂にインストゥルメント・クラスターを確認することができ、この「ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ」の最大許容回転数が、約9,000rpmであることが分かるようです。ちなみに「ランボルギーニ・アヴェンタドールSV」のパワーウェイトレシオ比は2.03kg/psと十分に優れたスペックを持ちますが、「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」は、これよりも更に優れているとのことで、1kg/ps台後半、車体重量は1,525kg未満となる可能性が高そうです。

パワートレインは排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力:770ps~800ps、最大トルク:720N.mまで向上するとされています。販売台数は、「ランボルギーニ・アヴェンタドールSV・クーペ」が600台、オープンタイプの「ランボルギーニ・アヴェンタドールSV・ロードスター」が500台と限られており、確実にSVよりも少なくなるといわれています。

ニュルブルクリンク・サーキットの映像ということですが、これには大きな理由があるとされています。それは、ラップ・タイムです。「ランボルギーニ」は、「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ」で、サーキット走行に焦点を当てた速いクルマが作れることをすでに証明しています。同車は2017年において、難関コースとして知られている「ニュルブルクリンク北コース」で、「ポルシェ・918スパイダー」を大幅に上回る、当時の量販車としては最速記録を叩き出しました。しかし、約半年後に「ポルシェ」に破られてしまっています。

そのために「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ」の左右に分かれたアクティブ・エアロダイナミクス・システムを「ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ」に採用することに加えて、V12エンジンのパワーを引き上げて、ニュルブルクリンク最速を目指したようです。その目標は、達成されたようで、「ポルシェ・911 GT2 RS:6分47秒3」を2秒も上回る「6分44秒97」というラップ・タイムを記録したと公表されました。


「ニュルブルクリンク最速量産車:TOP3」

ちなみに量産車におけるニュルブルクリンク最速タイムのトップ3は下記のようになっています。

  • 1:「ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ」:6分44秒97
  • 2:「ポルシェ・911 GT2 RS」:6分47秒3
  • 3:「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ」:6分52秒201
  • 4:「ランボルギーニ・アヴェンタドール LP750-4 SV」:6分59秒73

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。