【小島瑠璃子】愛車のジャガーXEキングダム仕様のレッドのボディ

この記事は5分で読めます

【小島瑠璃子】愛車のジャガーXEキングダム仕様のレッドのボディ

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【ネメシス】ドラマに登場した人物の愛車や旧車バイク車種一覧リスト

あわせて読みたい記事:【佐田真由美】愛車のメルセデスAMGと野村訓市の旧車デュース改

車好きで知られる「小島瑠璃子」さん。最近は、大人気漫画『キングダム』の作者である「原泰久」氏との熱愛報道が話題となっています。その「小島瑠璃子」さんですが、2021年6月3日放送の「ダウンタウンDX(読売テレビ)」に登場し「健康」をテーマにトークを展開。そのような中でネットや自身のインスタグラム上で、初めて買った車の車種や、現在の愛車を公開するなど、車好きで知られている「小島瑠璃子」さん。「運転が好き」という「小島瑠璃子」さんは基本車で移動。「このナビすぐ高速に乗せようとする!」と一人ボヤきながら仕事場へ向かうということです。仕事が終わると愛車の真っ赤な「ジャガーkXE」に乗り向かうのって、大手町にある旅館。数カ月に1回は気分転換に旅行をすると明かす。そんな「小島瑠璃子」さんは、旅館で部屋に入るやいなや「スライム作りに没頭する」と意外な過ごし方を暴露。それに対し「松本人志」さんが「ここでやることですか?」とツッコめば、「小島瑠璃子」さんは「ここ以外でどこでやることですか?」とニンマリと返答。しかし、車好きの注目は、「小島瑠璃子」さんの愛車。どのような愛車なのか注目。


「小島瑠璃子さんのプロフィール」

あわせて読みたい記事:【新木優子】 歴代彼氏や愛車の旧車とすっぴん画像やコスプレ画像

  • 本名(ふりがな/愛称):小島瑠璃子(こじまるりこ/こじるり)
  • 所属事務所:ホリプロ
  • 生年月日:1993年12月23日
  • 出身地:千葉県市原市
  • 血液型:O型
  • 身長:157cm
  • 活動内容:バラエティタレント、司会者、スポーツキャスター、グラビアモデル
  • 経歴:2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・和田アキ子が司会を務める『アッコにおまかせ!』(TBS)で、全国ネットのテレビ番組に初めて出演。2010年6月から、ホリプロの芸能人女子フットサルチーム「XANADU loves NHC」のマネージャーをしている。背番号はグランプリを受賞したホリプロタレントスカウトキャラバンの回数にかけて「34」。同年7月6日から放送開始されたアニメ『スティッチ! 〜ずっと最高のトモダチ〜』の主題歌「みんなのゆめ」で歌手デビューを果たした。2012年3月29日、『おかしなガムボール』の一日PRガールに就任。同年3月31日から、TBS制作・全国ネットのスポーツ番組『S☆1』のスタジオ進行や取材を担当。これを機に、同局が日本国内の地上波テレビ放送権を有するプロボクシング中継の進行役も務めるようになった。2013年1月12日、TBS制作の第21回全日本高等学校女子サッカー選手権大会のダイジェスト番組及び中継番組で、中山雅史(元サッカー日本代表選手)と共にメインキャスターを担当。翌年以降の大会でも、単独でメインキャスターを務めている。2013年からは、『パテナの神様!』(MBS)へパネラーとして出演したことを機に、関西ローカルでの放送が主体の在阪局制作番組にも随時登場している。同年12月27日から2014年1月5日までは、同局の制作による第93回全国高校ラグビー大会ハイライト番組で、大畑大介(神戸製鋼コベルコスティーラーズアンバサダー、元ラグビー日本代表選手)と共にキャスターを担当。出演期間中は、大会に出場した高校や選手への取材にも携わった。なお、翌年以降の大会でも、大畑と共にキャスターに起用。ダイジェスト番組では、全回にわたってスタジオ進行や取材などを担当している。日本国内で開催されるラグビーワールドカップ2019の期間中には、以上の経験を背景に、オフィシャルブロードキャスターである日本テレビ制作の中継や関連番組・イベントに「応援マネジャー」という肩書で出演していた。全国高校ラグビーについては、大会の開催を告知するポスターやCMにも登場していたが、第100回記念大会(2020年度)の開催を節目にキャスターを卒業。2014年には、「PARCO SWIM DRESSキャンペーン」のキャンペーンガールへ起用された。3月2日に生放送の『漫才Loversスペシャル〜ytv漫才新人賞決定戦〜』(読売テレビ)では、東野幸治と共に初めて司会を担当。9月23日には、TBS制作の世界バレー女子イタリア大会中継番組で、ホリプロの先輩でもある大林素子(元バレーボール全日本女子選手)と共にスタジオMCを務めている。2015年には、4月から放送を開始した『サタデープラス』(MBSテレビ制作・TBS系列全国ネットの生活情報番組)で、小堺一機・丸山隆平(関ジャニ∞)と共にメインキャスターを担当。2017年3月に『S☆1』のMCを卒業するまでは、土曜日の午前中に大阪で『サタデープラス』へ出演してから、深夜に東京で『S☆1』に登場していた。ニホンモニターの調査によれば、『おはスタスーパーライブ』(テレビ東京系列)の隔週火・木の生放送レギュラーなど他番組への出演(詳細後述)も相次いだ2015年には、1月から11月までに放送されたテレビ番組への出演本数が女性タレントの中で最も多く(延べ429本)、1月から6月までの上半期だけでも、延べ226本の番組に出演していた。その一方で、池上彰の進行・解説によるテレビ東京制作の報道・情報番組にも、パネラーとして頻繁に出演。『池上彰の選挙ライブ』 へ登場することもある。2017年10月22日に放送された第48回衆議院議員総選挙開票特別番組『池上彰の総選挙ライブ』では、立憲民主党・希望の党開票センターからの生中継リポートを担当。選挙関連の本格的な取材を初めて任されたにもかかわらず、政治記者やアナウンサーに引けを取らない取材と堂々としたリポートによって、「こじるり無双」と呼ばれるほど高い評価を受けた。2019年12月16日、集英社「グラジャパ!アワード2019」検索部門賞受賞。2020年7月、漫画家・原泰久との交際が報じられ、小島も8月8日放送の『みむこじラジオ!』(ニッポン放送)の中で交際を認めた。

「小島瑠璃子さんの愛車ジャガーXE」

あわせて読みたい記事:【マギー】レーシングドライバー金丸ユウと歴代彼氏と愛車のベンツ

「小島瑠璃子」さんの愛車は「ジャガーXE」。ボディカラーはレッド。最高出力300馬力。


「ジャガーXE」:概要

世界のミッドサイズ・セグメントに投入するドライバーズ・カー「XE」。ジャガーが新たに開発したモジュール車体構造をベースに設計された最初のモデルで、クラス初となるアルミニウムを多用したモノコック・ボディを採用。ラインアップは、2L 直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ガソリンを搭載の最高出力を300馬力のスポーティなモデル「XE 300スポーツ」を設定。今回、一部改良を行うと共に、2L 直列4気筒INGENIUMディーゼル・ターボエンジンを搭載、最高出力180馬力を発生する「XE S」、「XE SE」、「XE R‐ダイナミック S」、「XE R‐ダイナミック SE」、「XE R‐ダイナミック HSE」、4輪駆動の「XE SE」、「XE R‐ダイナミック SE」、2L 直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ガソリンモデルを搭載、最高出力250馬力を発生する「XE S」、「XE SE」、「XE R‐ダイナミック S」、「XE R‐ダイナミック SE」、「XE R‐ダイナミック HSE」、最高出力300馬力を発生する「XE S」、「XE SE」、「XE HSE」、「XE R‐ダイナミック SE」、「XE R‐ダイナミック HSE」を設定。デザインをよりパワフルでダイナミックに一新させた。エクステリアは、新しいフロントおよびリア・バンパーのデザインを採用し、特徴的な「Jブレード」デザインのLEDヘッドライト、半円形のLEDテールランプを採用。インテリアには直感的に操作できる「スポーツ・シフト・セレクター」を採用し、さらに上質なレザーシートを全グレードに標準装備して、よりラグジュアリーな車内空間に仕上げた。これまでオプション装備だったレーン・キープ・アシストやドライバー・コンディション・モニター、トラフィック・サイン・レコグニション、アダプティブ・スピードリミッターなど、ドライバー支援システムを全グレードに搭載。さらに、スマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」、Apple CarPlayおよびGoogle Android Autoにも対応するスマートフォンパックなど、最新のコネクティビティ機能をアップグレードし標準装備している。「R‐ダイナミック」には、航空機用ウィングレットからインスピレーションを得たエアロダイナミクスを向上させるボディラインやダークメッシュ仕上げのグリルなど専用のエクステリア・デザイン、コントラスト・ステッチを施したスポーツスタイルシートやサテンクロームのギアシフトパドルなどを採用。ボディカラーは新色「アイガーグレイ」、「ポルトフィーノブルー」を含む全12色を設定。右ハンドルのみの設定。


「ジャガーXE 300スポーツ」:スペック/価格

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4680×1850×1415mm
  • ホイールベース:2835mm
  • 車重:1680kg
  • 駆動方式:FR
  • エンジン:2リッター直4 DOHC ターボ
  • トランスミッション:8段AT
  • 最高出力:300ps(221kW)/5500rpm
  • 最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1500-2000rpm
  • タイヤ:(前)235/35ZR20 92Y(後)265/30ZR20 94Y(ピレリPゼロ)
  • 燃費:12.9km/リッター(JC08モード)
  • 価格:738万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。