【キクチウソツカナイ菊地】愛車のホンダCB400SFバージョンR

この記事は4分で読めます

【キクチウソツカナイ菊地】愛車のホンダCB400SFバージョンR

あわせて読みたい記事:【岩井勇気】愛車の旧車カワサキZRX400ブラックローソン仕様

あわせて読みたい記事:【特攻の拓バイク一覧まとめ】国産海外の旧車・名車・希少車・族車

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

お笑い芸人の「キクチウソツカナイ(菊地 智義)」さん。お笑い芸人としてだけでなく幅広く活躍されています。その「キクチウソツカナイ」さんは、バイク好き。しかも、専門的な知識を持っておられるマニア。愛車も旧車です。そこで今回は、「キクチウソツカナイ(菊地 智義)」さんの愛車に注目です。


「菊地智義さんのプロフィール」

  • 名前:菊地 智義 きくち ともよし
  • 生年月日:1973年7月24日
  • 出身地:神奈川県横須賀市出身
  • 身長:178cm
  • 体重:65kg
  • 靴のサイズ:27cm
  • 血液型:O型
  • 職業:お笑い芸人 ピン芸人として活動 2016年からは「キクチウソツカナイ。」と改名。この芸名の名付け親は「とにかく明るい安村」で、安村ともう一人と3人で食事していた時に芸名について相談を持ち掛け、「これからは誰にも気兼ねしないで嘘をつかずやっていきたい」と菊池が話したことから、安村が直感で決めたものを採用したらしい。
  • 経歴:高校卒業後は建設会社に就職しており、この時に取得したガス溶接作業者の資格を持っている。アイドル研究家で、雑誌などにアイドルウォッチャーとしてコメントすることもある。また、先輩の元カリカの「マンボウやしろ」がメインパーソナリティーを務めていた「SCHOOL OF LOCK!」にも出演。また、「よしもとグラビアエージェンシー」(YGA)の広報部長でもある。家族と年が離れており、姉が母親の年齢、母親がおばあちゃんの年齢だ、とほかの芸人に突っ込まれることが多い。また、菊地自身は芸人仲間から「おじき」と呼ばれている。囲碁将棋に厳しい。しかし、囲碁将棋が担当を勤める「あなたの街に”住みます”プロジェクト」の神奈川配信によく出演する。非常に神経質な性格をしている。オートバイが好きであり、現在の愛車は「ホンダ・CB750FOUR」と「ホンダ・CBX550F」、「ホンダ・CB400SF」。自称「優良ライダー」であり、「佐田正樹」のYoutubeチャンネル「SATAbuilder’s」の準レギュラーでもある。

「キクチウソツカナイさんの愛車ホンダCB400SFバージョンR」

あわせて読みたい記事:【キクチウソツカナイ菊地】愛車の旧車ホンダ・ゴリラ6V改の仕様

お笑い芸人の「キクチウソツカナイ(菊地 智義)」さんの愛車は、名車「ホンダ・CB400SF」のバージョンRです。角形ヘッドライト、ビキニカウルがポイント。ナポレオンミラーに変更されているようです。


「ホンダ・CB400SF」:概要

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

1992年に登場したのが「ホンダCB400SF(スーパーフォア)」。東京モーターショーで注目を集めた「ホンダCB1000SF」の弟分であり、400ccながら堂々とした存在感のダイナミックでスポーティなスタイリングは、400スポーツクラスに新風を巻き起こしました。エンジンは「ホンダ・CB-1」用の直4エンジンがベースで、スペック的には特に突出してはいなかったが、スタイリング、動力性能、ハンドリング、実用性、扱いやすさなど、あらゆる面での圧倒的な完成度からSFは爆発的にヒット。クラスを代表するモデルとなったSFの完成度は、登場から四半世紀という長い年月の中でさらに熟成を重ね、極限まで磨き上げられている。ハイパーVTEC、PGM-FIなども取り入れ、ハーフカウル仕様のSB(スーパーボルドール)も追加。あらゆるライダーの要求に応えられる「最高のヨンヒャク」として、不動のロングセラーの座に君臨している。

「ホンダCB400SF」の魅力のひとつが、4気筒の集合マフラーらしい、太くて張りのあるサウンド。エンジンは1万3500回転でリミッターが作動するまで一気に吹け上がり、レスポンスも自然だ。1気筒当たりの作動バルブ数を回転数に応じて2本/4本に切り替える『ハイパーVテックRevo』は、高速道路のクルージングでは2バルブで穏やかに反応し、追い越し時は4バルブで鋭く車速を増す。ハンドリングも素晴らしく、どんなペースでもタイヤの接地感がしっかり感じられ、素直に旋回してフルバンク中の安定性も抜群。トータルバランスの良さは世界でもトップレベル。


「ホンダCB400 SUPER FOUR」:スペック/価格

  • モデル名:HONDA CB400 SUPER FOUR[2021 model
  • 全長:2080
  • 全幅:745
  • 全高:1080
  • 軸距:1410
  • シート高:755
  • (各mm)
  • 車重:201kg
  • エンジン:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
  • 排気量:399cc
  • 最高出力:56ps/11000rpm
  • 最大トルク:4.0kg-m/9500rpm
  • 変速機:6段リターン
  • 燃料タンク容量:18L
  • タイヤサイズ:F=120/60ZR17 R=160/60ZR17
  • 価格&色:黒=88万4000円/赤、青=92万8400円

「ホンダ・CB400SF」:モデル経緯

あわせて読みたい記事:【HARUKAバズーカ】サイバージャパンダンサーズの愛車カワサキZとホンダCB

1991年の東京モーターショーで「PROJECT BIG-1」コンセプトをもとにしたスタイルで登場して話題を呼んだホンダCB1000SF、そのスタイルを一足早く取り入れ、1992年春に市販車として登場したのが初代CB400SF。その後バージョンR/Sなどを追加。1999年に初のモデルチェンジでハイパーVTECエンジンを搭載。現行モデルの基礎が固まったのがPGM-FIを採用した2007年のモデルチェンジ。以後も2014年のLEDヘッドライト採用、2017年の最高出力アップなど進化を続けている。


「1992年モデル:CB400 SUPER FOUR」

初代モデルは、ホンダCB1000SF譲りの堂々たるスタイルと、扱いやすさとスポーティさを高いレベルで兼ね備え一躍人気モデル。


「1995年モデル:CB400 SUPER FOUR バージョンR」

人気に応えて追加されたスポーティ仕様。ビキニカウルを装着、エンジンや吸排気系、サスやフレームも改良して大きく性能アップ。


「1996年:CB400 SUPER FOUR バージョンS」

バージョンRのメカニズムに、スタンダードモデルの外装を組み合わせたモデル。MC後にはブレンボ製ブレーキも採用。


「1998年モデル:CB400 SUPER FOUR 50周年記念車」

バージョンSをベースにしたホンダ創業50周年の記念モデル(限定500台)。白地に赤いストライプのスペシャルカラーが特徴。


「1999年モデル:CB400 SUPER FOUR」

初のモデルチェンジ。基本的なスタイルはそのまま新設計のフレームで軽快さをアップ、エンジンにも初めてハイパーVTECが採用された。


「2003年モデル:CB400 SUPER FOUR」

2002年のマイナーチェンジを経て、再び各部にさらなる改良。ハイパーVTEC SPEC3の採用などで扱いやすさが高まった。


「2007年モデル:CB400 SUPER FOUR」

2度目のモデルチェンジ。排ガス規制対応のためにPGM-FIが採用された。さらにハイパーVTECも、より緻密な制御の“Revo”へと進化。


「2014年モデル:CB400 SUPER FOUR」

基本メカニズムを踏襲し、LEDヘッドライトを新採用。ポジション設定もアップライトに見直され、ホイールやメーターも新型。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。