【ジュリア・シャヌルディ】フランス代表選手の愛車クプラと美画像

この記事は4分で読めます

【ジュリア・シャヌルディ】フランス代表選手の愛車クプラと美画像

あわせて読みたい記事:【ガイア・サバティーニ】イタリア代表選手の愛車や彼氏や水着画像

あわせて読みたい記事:【ヤンヤ・ガンブレット】スロベニア代表選手の愛車や彼氏や水着画像

あわせて読みたい記事:【アリカ・シュミット】愛車メルセデスAMGや歴代彼氏、自己ベスト

スポーツクライミングで世界で大活躍されている「ジュリア・シャヌルディ」さん。東京オリンピック2020のスポーツクライミングでも素晴らしい活躍で世界を魅了しています。しかし、スポーツクライミングのテクニックだけでなく「ジュリア・シャヌルディ」さんは、その美貌とスタイルによっても注目されていました。今回は、「ジュリア・シャヌルディ」さんの愛車とプロフィールなど注目です。


「ジュリア・シャヌルディさんのプロフィール」

  • ボルダリングとリードの両方でW杯決勝に進出しているオールラウンダー。岩場では女性3人目の5.15bルート完登という成果を残している。
  • 名前:ジュリア・シャヌルディ Julia Chanourdie
  • 生年月日:1996/06/25
  • 性別:女性
  • 身長:164cm
  • 出身:フランス
  • 得意種目:リード
  • 主な戦績:19年IFSC複合予選会2位(コンバインド)
  • 平均順位 / W杯&世界選手権
  • ※2018-21年 スピード:37.1位
  • ボルダリング:23.9位
  • リード:14.1位
  • スピード自己ベスト 8.73秒

「ジュリア・シャヌルディさんの愛車クプラ」

あわせて読みたい記事:【レティシア・ブフォーニ】ブラジル代表の愛車アウディや水着画像

世界のクライミングスポーツで大活躍されている「ジュリア・シャヌルディ」さん。その彼女の愛車は、「メルセデスAMG」。

 


「クプラ・フォーメンター」:概要

あわせて読みたい記事:【ダリア・ビロディド】愛車エクリプスや歴代彼氏とスイーツチョコ

スペイン発のハイパフォーマンスブランドとして独立した「クプラ」社。最近では着実にラインナップを広げ、欧州の名だたるライバルと戦いを繰り広げています。さらにクプラブランドで初となる独自モデルが新たにラインナップ。高性能と美しさが両立した一台に仕上がっているようです。それがフォーメンター(CUPRA Formentor)。フォーメンターはクプラのCセグメントクラスとなるクーペSUVとなります。ボディサイズは全長:4,450mm×全幅:1,839×全高:1,528 mmと国産車ではマツダ MX-30より少し大きめのサイズです。フォーメンターのデビューは2019年。ジュネーブモーターショーでコンセプトモデルがデビューし、市販モデルは2020年に発売されました。スペイン発のハイパフォーマンスモデルとしてセアトから独立したクプラ。CセグメントハイパフォーマンスSUVとしてクプラ アテカが既にリリースされていましたが、フォーメンターはアテカに対してよりパーソナルでエクステリアを重視したモデルとして棲み分けされています。スペインのVWグループであるセアトから2018年に独立したハイパフォーマンスブランド「クプラ」(CUPRA)初のモデル、高性能SUVのクプラ アテカ(CUPRA Ateca)。アテカとの大きな違いはフォーメンターはクプラ初となる専用設計車であること。かつてはセアトのハイパフォーマンスモデルに付けられていたクプラの名称、ブランド独立後もアテカやレオンはセアトにベースモデルがありますが、フォーメンターにはベースとなったモデルがなくクプラのために生まれました。プラットフォームはフォルクスワーゲンMQBevoプラットフォームを採用。セアト レオンをはじめ、新型フォルクスワーゲン ゴルフやアウディ A3などとも共有します。「フォーメンター」の名前はスペイン・マルヨカ島にある岬にちなんで付けられたもので、スペイン発であることを積極的にアピールしています。ほかにもハイスペックグレードには「VZ」を冠しますがこれはスペイン語で「速い」を意味する「veloz」から取られています。現時点の2021年6月現在の最強モデルはクプラ アテカやレオンにも採用される310PSユニットですが、アウディ RS3やRSQ3にも積まれる2.5L 400PSクラスのユニットを積んだ激辛のホッテストモデルの「VZ5」が間もなく追加予定と言われています。


「クプラ・フォーメンター」:スペック

パワーユニットは、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドが設定。

  • ガソリン
  • 1.5L 直4 ターボ TSI 150PS (110kw)/250Nm
  • 2.0L 直4 ターボ TSI 190PS (140kw)/320Nm
  • 2.0L 直4 ターボ TSI 245PS (180kw)/370Nm
  • 2.0L 直4 ターボ TSI 310PS (228kw)/400Nm
  • ディーゼル(左ハンドル欧州仕様のみ)
  • 2.0L 直4 ターボ TDI 150PS (110kw)/340Nm(360Nm:4Drive)
    ハイブリッド
  • 1.4L 直4 ガソリンターボ+電気モーター e-Hybrid 204PS(150kw)/250Nm
  • 1.4L 直4 ガソリンターボ+電気モーター e-Hybrid 245PS(180kw)/250Nm
  • ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドと幅広いパワートレインが設定されますが、どのパワートレインを選択しても「ダイナミズム」「エモーショナル」「パフォーマンス」の全てが提供できるとメーカーはアピールしています。ガソリンは、1.5Lと2.0LのTSIで2.0Lは3種類のチューニングが設定。ディーゼルは2.0LのTDIが左ハンドル欧州仕様のみに設定されます。ハイブリッドは、1.4Lガソリンターボに電気モーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせた新世代ハイパフォーマンスハイブリッド「e-Hybrid」に204PSと245PSの2種類のチューニングが設定されます。このなかでもポイントは2.0L TSIの310PS仕様。現時点での最強となるこのユニットはクプラ アテカやレオンにも搭載されるクプラ自慢のハイパフォーマンスユニット。AWDの4Driveが組み合わされ、0-100km/hをわずか4.9秒、最高速度250km/hのパフォーマンスを誇ります。駆動方式はFFに加え、ガソリンの190PS/310PS仕様とディーゼルにAWDとなる4Driveが設定。トランスミッションは全車2ペダルDSGが設定され、ガソリン1.5L TSI仕様にのみコンベンショナルな6MTが設定されます。サスペンションはフロント:マクファーソンストラット、リア:マルチリンクの組み合わせ。日常での快適性とスポーティな走りの際のレスポンスを両立しているとの評判です。最強版の310PS仕様にはダイナミックシャシーコントロール(DCC)が標準装備され、5種類の走行モードから選択可能。さらに走行状況やドライバーの好みでショックアブソーバーの減衰力やシャーシコントローラーの設定が変更可能です。

「クプラ フォーメンターのポイントと価格」

あわせて読みたい記事:【佐田真由美】愛車のメルセデスAMGと野村訓市の旧車デュース改

  • クプラブランド初のオリジナルモデル
  • 同ブランドのクプラ アテカよりもエクステリア重視
  • コンセプトモデルのエクステリアを忠実に再現
  • 新世代のハイパフォーマンスハイブリッドを設定
  • さらなるスポーツマインドを呼び覚ますVZ仕様
  • 普遍的な美しさと全体的なダイナミズムを表現したエクステリア
  • クプラのハイパフォーマンスモデルに共通したカッパーカラーの差し色
  • スポーティな雰囲気のなかにも個性を感じるキャビン
  • 座った瞬間からダイナミックなパフォーマンスを感じるシート
  • クプラ フォーメンターVZ 2.0TSI 310PS 7DSG 4Drive(左ハンドル欧州仕様)
    (現地値引き交渉前価格:€45,090)\7,781,000
  • クプラ フォーメンター V1 1.5TSI 150PS 7DSG(右ハンドル英国仕様)
    (現地値引き交渉前価格:£28,840)\6,289,000

「ジュリア・シャヌルディさんの美しい画像」

あわせて読みたい記事:【ジョージア・エレンウッド】カナダ代表選手の愛車や彼氏や水着画像

「ジュリア・シャヌルディ」は、クライミングスポーツのテクニックだけでなく、その美貌とスタイルにも注目が集まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。