【名機と呼ばれたエンジン】トヨタ4A-G搭載車リスト・スペック

この記事は7分で読めます

【名機と呼ばれたエンジン】トヨタ4A-G搭載車リスト・スペック

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あらゆるスポーツカー、チューニングカーにおいて要となるエンジン。レスポンス、パワー、トルク、強度、重量などチューニングベースとして好まれてきた名機と呼ばれるエンジンは、現在でも人気がありチューニングパーツが発表されるほどです。そのような名機と呼ばれる、多くの車好きを魅了してきたエンジンに注目してみたいと思います。今回は「トヨタ・4A-GE」エンジンに注目したいと思います。クルマ好きにとっては説明不要ともいえる名機。排気量1,600ccで直列4気筒DOHC16バルブというテンロクユニット。「2T-G」エンジンの後継として開発され、ベースエンジンは、排気量1,500ccの「3A-U」のSOHCエンジンでした。それをDOHC化、吸排気それぞれ2バルブ化し16バルブとした「4A-GE」エンジンを初搭載したマシンは、1983年5月にデビューした「AE86型:カローラレビン/スプリンタートレノ」でした。この「AE86(ハチロク)」が、走り屋やモータースポーツで活躍、また漫画「イニシャルD」で人気が再燃し現在でも多くの人を魅了しています。では、どのようなモデルに搭載されていたのか、下記は「トヨタ・4A-G搭載車リスト」としてみてみましょう。


「AE86型:カローラレビン/スプリンタートレノ」

初搭載されたAE86型のレビン/トレノ。同じ時期のカローラはFF(前輪駆動化)されていましたが、レビントレノはFR駆動を継続、そしてスポーツユニットの4A-Gが搭載され、軽量な車体と相まってモータースポーツで活躍しました。

  • 搭載時期:1983年5月
  • エンジン型式:4A-GEU型(通称:青文字)
  • エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブEFI
  • 排気量:1,587cc
  • ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm
  • 圧縮比:9.4
  • 最高出力:130ps/6,600rpm(グロス値)
  • 最大トルク:15.2kg・m/5,200rpm(グロス値)
  • 使用燃料:レギュラーガソリン

「AA63型:セリカ1600GT-R」

あわせて読みたい記事:【セリカ GT-TS】トヨタはTA64型でサファリラリー3連覇

60型系の「セリカ」は、「よろしくメカドック」で登場した「セリカXX」やWRCをFRで戦った「セリカ・ラリー(TA64型改)」などのマシンがメジャーですが、「4A-G」搭載の4輪独立サスペンションにFRモデルということで忘れてはならないのが、「AA63型:セリカ1600GT-R(通所:ブラックマスク)」です。

中古価格:

希少車ゆえに中古価格は、150万円~ASKという相場です。

  • (出典:usedcarnews.jp)

「AA63型:カリーナ1600GT/カリーナGT-R」

こちらは4輪独立サスペンションの優位性を「足のいいヤツ」というキャッチコピーで登場した「AA63型:カリーナ」シリーズ。2ドアと4ドアがありますが、4ドアモデルをカスタマイズしていた個体が多かったように感じます。

中古価格:

中古価格ですが、2ドアはほぼ流通しないです。4ドアだと70万円~ASKという相場です。


「AT141型:コロナ1600GT/コロナGT-R」

アメリカ車に見られるようなフロントセクションやリアのデザインが特徴的な「AT141型:コロナ」シリーズ。カスタマイズすると2ドアモデルなどは街道レーサーのような雰囲気になります。

中古価格:

ほぼ流通することはないといっても過言ではないモデル。4ドア/2ドアモデルともに市場に出回ることがあれば、100万円~ASKという相場のようです。


「AT160型:セリカ1600GT」

FFとなった「T160系型:セリカ」。WRCで活躍した2,000ccの「GT-FOUR」が有名ですが、1600ccモデルも存在しており初期モデルは「4A-G」を搭載していました。

価格:

「GT-FOUR」と異なり、4A-G搭載モデルは流通皆無です。エンジンが名機ということもあり50万円前後が相場のようです。


「AW11型:MR2」

MRスポーツモデルとして登場した「AW11型:MR2」。横置きの4A-Gで型式に「L」という文字が入っています。その他は「AE86」と同スペックのエンジンです。

  • 搭載時期:1984年6月
  • エンジン型式:4A-GELU
  • エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブEFI
  • 排気量:1,587cc
  • ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm
  • 圧縮比:9.4
  • 最高出力:130ps/6,600rpm(グロス値)
  • 最大トルク:15.2kg・m/5,200rpm(グロス値)
  • 使用燃料:レギュラーガソリン
  • 中古価格:

  • 70万円~300万円クラスと幅広い価格帯で流通していますが、平均相場は120万円前後のようです。

「赤文字/キューニー前期(4A-G)」

同じ4A-Gエンジンでもヘッドカバーに赤文字が入ったエンジン搭載車を下記にリストアップしています。

「AE92型:カローラレビン/スプリンタートレノ」

このモデルから工藤が「FF」となった「レビントレノ」。エクステリアデザインでは、「レビン」は人気があり「ソアラ」のようなデザイン。「トレノ」は「S12型:シルビア」にも似ているデザインでした。

  • 搭載時期:1987年5月(通称:赤文字/キューニー前期)
  • エンジン型式:4A-GELU
  • エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブEFI
  • 排気量:1,587cc
  • ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm
  • 圧縮比:9.4
  • 最高出力:120ps/6,600rpm
  • 最大トルク:14.5kg・m/5,200rpm
  • 使用燃料:レギュラーガソリン
  • 中古価格:

  • 中古価格としては、60万円~150万円くらいが相場です。

  • 「キューニー前期搭載車リスト」

下記は「キューニー前期搭載車リスト」と搭載車の中古車相場です。AW11型のMR2は中古車流通量としては、その他のキューニー前期搭載車に比べて少し多いように見られます。

  • 中古価格:70万円~200万円
  • AW11型:MR2
  • AE82型:カローラFX 1600GT/カローラ1600GT/スプリンター1600GT
  • AE92型:カローラFX 1600GT/カローラ1600GT/スプリンター1600GT/レビントレノ/スプリンターシエロ1600GT
  • シボレー・ノヴァ(1985年-1988年)
  • ジオ・プリズム(1989年-1992年)

「キューニー後期(4A-G)」

キューニー後期と呼ばれる「AE92後期型:レビントレノ」に搭載された4A-Gエンジン。特徴としてピストン形状がハイコンプレッション(高圧縮)仕様となっています。

「AE92型:カローラレビン/スプリンタートレノ」

  • 搭載時期:1989年5月(通称:ハイコン/キューニー後期)
  • エンジン型式:4A-GEU
  • エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブEFI
  • 排気量:1,587cc
  • ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm
  • 圧縮比:10.3
  • 最高出力:140ps/7,200rpm
  • 最大トルク:15.0kg・m/6,000rpm
  • 使用燃料:プレミアムガソリン
  • 中古価格:

  • 50万円~200万円という価格帯ではあるものの、希少で程度の良い個体は根気強く探さないと見つからないようです。

「銀ヘッド/5バルブ101」

この型の「4A-G」からバルブ数は16バルブから20バルブへ通称「5バルブ / 銀ヘッド」となり、スロットルも4スロットル仕様へとアップデートされました。これによって最高出力、最大トルクともに向上されています。

「AE101型:カローラレビン/スプリンタートレノ」

  • 搭載時期:1991年6月(通称:銀ヘッド)
  • エンジン型式:4A-GE
  • エンジン形式:直列4気筒DOHC20バルブEFI VVT
  • 排気量:1,587cc
  • ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm
  • 圧縮比:10.5
  • 最高出力:160ps/7,400rpm
  • 最大トルク:16.5kg・m/5,200rpm
  • 使用燃料:プレミアムガソリン
  • 中古価格:

  • 20万円~100万円くらいで流通していますが、平均相場は50万円前後といったところです。

「AE111型:カローラレビン/スプリンタートレノ」

4A-Gとして成熟された「通称:黒ヘッド」。より高回転化によって最高出力を向上させています。

  • 搭載時期:1995年5月(通称:黒ヘッド)
  • エンジン型式:4A-GE
  • エンジン形式:直列4気筒DOHC20バルブEFI VVT
  • 排気量:1,587cc
  • ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm
  • 圧縮比:11.0
  • 最高出力:165ps/7,800rpm
  • 最大トルク:16.5kg・m/5,600rpm
  • 使用燃料:プレミアムガソリン
  • 「搭載車リスト」

  • AE101型:カローラ1600GT/スプリンター1600GT/カローラセレス/スプリンターマリノ/カローラFX1600GT/レビントレノ
  • AE111型:カローラ1600GT/スプリンター1600GT/レビントレノ
  • AE110G型:スプリンターカリブ
  • AE110型:カローラワゴンBZツーリング
  • AT171型:カリーナGリミテッド
  • AT210型:カリーナ1600GT
  • 中古価格:

「AE111型」に関してみると、20万円~160万円くらいで流通していますが、平均相場は60万円前後といったところです。


「スーパーチャージャー装着4A-G搭載車」

1980年代はパワーウォーズと呼ばれ、自動車界の各メーカーがエンジンパワーを引き上げるためにターボチャージャーやスーパーチャージャーを装着した時代。その時代に4A-Gも登場しており、パワーウォーズにスーパーチャージャーを装着して挑んでいきました。下記は「スーパーチャージャー装着4A-G搭載車」です。

「AW11型:MR2/AE92前期型:カローラレビン1600GT-Z/スプリンタートレノ1600GT-Z」

  • 搭載時期:1986年8月
  • エンジン型式:4A-GZE
  • エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブEFI
  • 排気量:1,587cc
  • ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm
  • 圧縮比:8.0
  • 最高出力:145ps/6,400rpm
  • 最大トルク:19.0kg・m/4,400rpm
  • 使用燃料:レギュラーガソリン

「AE92後期型:カローラレビン1600GT-Z/スプリンタートレノ1600GT-Z」

  • 搭載時期:1989年5月
  • エンジン型式:4A-GZE
  • エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブEFI
  • 排気量:1,587cc
  • ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm
  • 圧縮比:8.9
  • 最高出力:165ps/6,400rpm
  • 最大トルク:21.0kg・m/4,400rpm
  • 使用燃料:プレミアムガソリン

「AE101前期型:カローラレビン1600GT-Z/スプリンタートレノ1600GT-Z」

  • 搭載時期:1991年6月
  • エンジン型式:4A-GZE
  • エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブEFI
  • 排気量:1,587cc
  • ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm
  • 圧縮比:8.9
  • 最高出力:170ps/6,400rpm
  • 最大トルク:21.0kg・m/4,400rpm
  • 使用燃料:プレミアムガソリン

「チューニングベースの理由」

4A-G型エンジンの基本設計が現代のエンジンと比較してシンプルな構造であり、競技用のチューニングベースとして人気です。20バルブ仕様は燃焼室の形状の複雑さゆえ圧縮比を上げるとノッキングが発生しやすく、チューニングには組み付け精度と加工技術が必要とするものの、クランクシャフト・コネクティングロッド・ピストン等は優れており、16バルブ仕様は燃焼室の形状がシンプルゆえに圧縮比を上げるのが容易ということです。

チューニングする方法としてAE92後期のヘッドと20バルブの腰下をベースに仕上げる方法があるものの、複雑なうえ耐久性に問題があるようです。シリンダーブロックの強度を検証すると、200馬力を超えたときの耐久性が極端に低下するということです。自然吸気のものはベースが基本的に3A-Uや4A-ELUと同等であり、20バルブのものはリブ形状からスーパーチャージャー用と同程度の強度を保っているとされています。またアフターマーケットの一部では排気量をアップして4.5A-G、5A-G、5.5A-G、7A-G、8A-Gと名づけられたチューニングエンジンが存在する事が知られており、それぞれの内径×行程/排気量については下記のようになっています。

  • 4.5A-G ‥ 内径アップ
    • 83 mm×77 mm/1,666cc
  • 5A-G ‥ HKS製5A-Gキット等による行程アップ
    • 81 mm×83 mm/1,710cc
  • 5.5A-G ‥ HKS製5A-Gキット等を用いたものをさらに内径アップ
    • 83 mm×83 mm/1,796cc
  • 7A-G ‥ ハイメカツインカム7A-FEのブロックを流用
    • 81 mm×85.5 mm/1,762cc
  • 8A-G ‥ ハイメカツインカム7A-FEのブロックを流用し内径アップ
    • 1,850cc程度

これらはトヨタのエンジン名称規則から外れた名前で呼ばれているため誤解を生むケースも多々あるものの、概ね名称規則から大きく逸脱していないために俗称として呼ばれています。また、4A-GEUと4A-GELUの違いはエンジンの搭載方法が縦置きか横置きかの違いだけであり、縦置き形式のエンジンの生産が終了した後には”L”の表記は無くなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。