「CR-Xデルソル・ブラックライン仕様」フルチューンのスペック

この記事は3分で読めます

「CR-Xデルソル・ブラックライン仕様」フルチューンのスペック

あわせて読みたい記事:【1980年代~1990年代】過熱した1,6Lエンジンヒストリー

あわせて読みたい記事:【日本の旧車・スーパーカー】市販間近だったコンセプトモデルたち

あわせて読みたい記事:【NSX HSCコンセプト】ホンダがNSX後継モデルとして発表

1992年に「ホンダ:CR-X」は第3世代へとフルモデルチェンジをした際にコンセプトを大きく方向転換し、メタルトップを持つオープン2シーターへと大幅なエクステリアデザインの変更となりました。車名にもスペイン語で「太陽の」という意味の「デルソル」がプラスされ「ホンダ:CR-X デルソル」として登場したのです。メタルトップは手動で取り外す仕様のほか、電動で開閉できるトランストップ仕様も用意されており、そちらは約45秒でオープンエアモータリングが楽しめる設計となっていました。

ピラー部分は残るものの、リヤウインドウも開閉できるため、見た目以上の解放感を満喫することが可能でした。ちなみに手動で脱着するタイプのルーフは取り扱いの容易さを考え、アルミルーフを採用しており(トランストップ仕様はスチール)このあたりに「ホンダ」らしさが表われています。エンジンラインアップはSOHCのベーシックなエンジンのほか、先代モデルに引き続き「B16A型:DOHC VTECエンジン」も用意されており、パワフルで高回転まで回るVTECエンジンとオープンエアモータリングを同時に楽しめる稀有な存在として、現在では中古車市場で価格が高騰中です。


「ホンダ:CR-X デルソル」:スペック

  • 型式:EG2
  • 全長 × 全幅 × 全高:3,995mm × 1,695mm × 1,255mm
  • ホイールベース:2,370mm
  • トレッド(F/R):1,475mm / 1,465 mm
  • 重量:1,090kg
  • エンジン型式:B16A
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC 16バルブ(VTEC)
  • ボア × ストローク:81.0mm × 77.4 mm
  • 排気量:1,595cc
  • 圧縮比:10.4
  • 最高出力:170ps / 7,800rpm(グロス)
  • 最大トルク:16.0kgm / 7,300rpm(グロス)
  • 燃料タンク容量:45L
  • トランスミッション:5速MT
  • サスペンションシステム(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキシステム(F/R):ベンチレーテッドディスク / ディスク
  • タイヤサイズ:195 / 55R15

「ホンダ:CR-X デルソル・ブラックライン」:仕様

今回、カスタムマシンとして登場するのはドラッグチューニングで有名な「ブラックライン」社で製作された「ホンダ:CR-X デルソル」は、まさにNAの最高峰フルチューンと呼べる仕様なのです。パワーユニットとしてチョイスされたエンジンは、「S-MX」などに搭載される「B20B」エンジンの腰下を使い、純正流用のピストンで排気量を2.1Lと大幅に拡大しています。そこにB型エンジン最高峰のDC2用「B18C」のヘッドを組み合わせ、さらに45φの4連スロットルを装備しているのです。排気系もトータルで見直すことで最高出力は、約230psを発揮しているということです。ちなみに、装着されているスロットルは「ブラックライン」社で設計し、アルミからボディを削り出してリンケージまでカスタムメイドされたワンオフなのです。

またレスポンスを徹底追求し、ダイレクトイグニッション化やF-CON Vプロによる制御システムを採用しています。これによって、アクセルワークに対してエンジンはレブリミットに設定した8400rpmまで吹け上がるレスポンスを実現しているということです。足回りは「インテグラタイプR」の5穴ハブやブレーキまわりを移植しています。これには理由もあり「BBS RG-R」が履きたいこともあって「インテグラタイプR」の5穴ハブやブレーキまわりも移植されたとのことです。サスペンションはアラゴスタの車高調を軸に組み立てられているということです。マフラーはNAとしては太めのメイン80φをワンオフ製作。触媒は残され合法で高性能な排気系となっています。

シートはレカロSR3ミレニアムをツインで装備し、インテリアデザインは質感の高いレーシー&ドレッシーな空間に仕上がっています。


「ホンダ:CR-X デルソル・ブラックライン」:スペック

■スペック

B20B改2.1L仕様/B18Cヘッド/オリジナル45φ4連スロットル/流用ダイレクトイグニッション/HKS F-CON Vプロ/バキュームタンク新設/80φワンオフマフラー/コーヨーアルミ3層ラジエター/インテグラR足回り流用/MCデザインエアロキット/DC2用リヤスポイラー/レカロSR3ミレニアム/追加メーター用カスタムステー(ミラーマウント)/AT改MT 他

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。