【HKS T-002】東京オートサロン2019に復活の伝説のR

この記事は3分で読めます

【HKS T-002】東京オートサロン2019に復活の伝説のR

あわせて読みたい記事:【R33 GT-R】ニュル開発でトータルバランスが優れたマシン

あわせて読みたい記事:【HKS・ZERO-R】BNR32コンプリートのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】BHオークション・スカイライン編1

様々なカスタムマシンが出品され世界的に注目されている「東京オートサロン」ですが、今回のカスタムマシンは、かつてカーマガジン誌のOPTION誌が企画した0-300キロチャレンジで頂点を極めるために「HKS」社が開発した「BCNR33型:スカイライン GT-R」ベースのスーパーチューンドマシンです。


「スカイライン GT-R(BCNR33型)」:スペック

  • 年式:1995-1998年
  • 型式:BCNR33
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,675mm × 1,780mm × 1,360mm
  • ホイールベース:2,720mm
  • トレッド(F/R):1,480mm / 1,490mm
  • 車両重量:1,530kg
  • エンジン型式:RB26DETT
  • エンジン形式:直列6気筒直 DOHC 24バルブ IC ツインターボ
  • 排気量:2,568cc
  • ボア × ストローク:86.0mm × 73.7mm
  • 圧縮比:8.5
  • 最高出力:206kW(280ps) / 6,800rpm
  • 最大トルク:368N・m(37.5kgm) / 4,400rpm
  • サスペンションシステム(F/R):マルチリンク
  • ブレーキシステム(F/R):ポットベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):245-45-ZR17
  • 中古車相場:200万円~550万円

「HKS:T-002」

全国のトップチューナーたちがしのぎを削るなか、この「T-002」と呼ばれるカスタムマシンは、最高出力を920psまで高めた2.7L+GT3037Sツインターボ仕様の「RB26」型エンジンを武器に、当時カベと言われていた20秒を大きく上まわる17秒64を記録(1997年3月号)したマシンなのです。

以後、終焉までの2年間、70台近いチューンドが“打倒HKS!”を誓ってアタックを敢行するも、その高みに近づけたのは「フェニックスパワー」社のワークスR(RX6BTCW77ツインターボ仕様のBCNR33:17秒76)1台だけだったというヒストリーを持っています。こういったヒストリーを持つ「BCNR33型:スカイライン GT-R T-002」ですが、開発終了後は「HKS」社の敷地(駐車場!?)に放置され、他のデモカー製作時にパーツを剥ぎ取られたりしながら徐々にスクラップ化しており、いつしかHKS社員すらもその存在を忘れてしまうという可哀想な状態になっていました。

 

  • (画像提供:HKS)

しかし、月日は流れ2018年末となり、第二世代GT-Rの世界的ブームに対応するべく、「HKS」社の新しい開発車両として「T-002」の復活プロジェクトが突如として始動したということです。もちろんただ復活させるだけでは意味がないということで、「HKS」社の最新パーツをフル投入し、現代のチューニングテクノロジーで「T-002」の2019年スペックを創出しました。それは新しいチューニングカーを生み出すことに等しく、時間との勝負だったということです。それでも「東京オートサロン2019」に現れた「T-002」は、まさにニューマシンと呼ぶにふさわしいクオリティでした。

心臓部の「RB26DETT」型エンジンは、ステップ3の2.8Lキットを投入して排気量を底上げし、そこにHKS最新のGTIII-5Rタービンをセットされており、その他、補機類も最新のパーツで構成されています。

排気パートは凄まじいチューニングで最高効率を求めた結果、エキゾーストはタービン直後から上方向に伸びた「ボンネット出し」を採用しているのです。そしてウエストゲートの大気開放口も同じようにレイアウトされています。エンジンの本格的なセッティングはこれからだが、使用パーツを見る限り、F-CON Vプロ3.4制御で1000psは超えてくるということでです。

コクピットも完全に作り直されており、ダッシュボードはドライカーボンパネルでリメイクされ、内装類は全撤去。各種情報はレースパックのデータロガーで集中管理する。まさにレーシングカーの手法でカスタマイズされています。

前後重量配分を最適化するために、ステアリングシャフトを伸ばしてペダルもオルガン化し、ブリッド製のシート位置を後方へオフセットさせています。

ホイールはアドバンレーシングのGTでサイズは前後18×11J。タイヤにはアドバンA052(295/35-18)を組み合わせている。ブレーキはエンドレスのモノブロックをセットしています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。