【芸人ヒロシ】愛車トヨタ・ランドクルーザー300のスペックと価格

この記事は4分で読めます

【芸人ヒロシ】愛車トヨタ・ランドクルーザー300のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【芸人ヒロシ】愛車のジムニー幌JA11や歴代彼女、結婚について

あわせて読みたい記事:【相葉雅紀】愛車の旧車KP61型トヨタ・スターレットのスペック

あわせて読みたい記事:【田村亮】愛車のスターレットEP71ロンドンブーツ1号2号仕様

現在は、「YouTube」で人気となっている芸人の「ヒロシ」さん。2015年より『ヒロシちゃんねる』を開設し、ソロキャンパーの第一人者として有名ですが、最近では旧車の愛車にも注目が集まっています。またマイホームを購入し芸人の「佐田正樹」さんのYouTube「佐田ビルダーズ」にリフォーム、リノベーションを依頼していることが明らかになり話題となっています。今回は、「ヒロシ」さんのが注目の「トヨタ・ランドクルーザー300型」に注目です。


「芸人ヒロシさんのプロフィール」

あわせて読みたい記事:【芸人ヒロシ】愛車の旧車スズキHi(ハイ)スクーターカスタム仕様

  • 名前:斎藤健一
  • 生年月日:1972年1月23日
  • 出身地:熊本県生まれ。
  • 学歴:九州産業大学商業学部卒業。
  • 経歴:トリオ、コンビ活動など多くの笑の経験を積み、2004年頃 ピン芸人「ヒロシ」という名前がメディアに広がりブレイク。(ABC 笑いの金メダルがきっかけ)。以降芸人活動の他、俳優、ラジオパーソナリティ・執筆活動など幅広い分野で活躍。2004年~2005年に自身、初のネタ本「ヒロシです。」「ヒロシです。2」が発行部数50万部を越えるヒット。著書「沈黙の轍 ずんだれ少年と恋心」・「ヒロシです。華も嵐ものり越えて」・「ネガティブに生きる。ヒロシの自虐的幸福論」など多くの書籍を世に送り出している。また、2015年に発売された日めくり「まいにち、ネガティブ。」(自由国民社)は10万部以上突破。2018年12月にはヒロシ著『働き方1.9〜君も好きなことだけして生きていける〜』(講談社)を発売。翌年2019年には『ひとりで生きていく』(廣済堂出版)と多くの書籍を出版している。2020年に発売した『ヒロシのソロキャンプ』(学研プラス)7.8万部突破。2021年『沈黙の轍 ずんだれ少年と恋心』の文庫を発売(大和書房)。キャンプの経験を活かし『2019年テントサウナあたため選手権』に出場。日本大会で優勝をしフィンランドで行われた世界大会に出場した。近年では、趣味であるソロキャンプを自身で撮影編集を行っている。YouTube「ヒロシちゃんねる」の登録者が100万人を突破するなど根強いキャンプファンも多い。芸能人のソロキャンプ集団『焚火会』のリーダーでもある。2021年流行語大賞で『ソロキャンプ』の先駆者として賞を受賞。2021年にオリジナルキャンプブランド『NO.164』を立ち上げ、1人用ソロ鉄板『独焼鉄板』が数分で完売するなど今もなお、更なる活躍に注目が集まっている。

「芸人ヒロシさんの愛車トヨタ・ランドクルーザー」

あわせて読みたい記事:【芸人ヒロシ】2スト旧車カワサキ250SSマッハのカスタム仕様

お笑い芸人の「ヒロシ」さんの愛車は、「トヨタ・ランドクルーザー」。300型でボディカラーはホワイト。グレードはZXとなっています。この「トヨタ・ランドクルーザー」が愛車ということが明らかになったのは、「ヒロシ」さんが2021年11月16日にインスタグラムを更新した際にトヨタの高級車ランドクルーザーを公開したためです。「NO.164ランクル」とつづり、1枚の写真を披露されています。ナンバーは「164」で、「ヒロシ」に読める。「#ネッツ熊本」とハッシュタグ。この投稿には「えっ?とうとうランクルですか」「わっ凄い!!」「ナンバーヒロシ」「新型のランクルばいね」「とうとう、俺のランクル」「Noもイカしてますね」「ナンバープレートごと欲しくなる」「いいですねー164号」「ぼっちキャンプ、ハマって毎週見てます!」など多くの反応が寄せられていました。


「トヨタ・ランドクルーザー300型」:概要

あわせて読みたい記事:【市川紗椰】歴代彼氏や愛車の旧車とガンダム愛のハマーンコスプレ

「世界中のどんな道でも疲れない走り」を携えた300シリーズのランドクルーザー。今回、従来型(200シリーズ)のフルモデルチェンジを行った。ラインアップは、TNGAの思想に基づきランドクルーザー伝統の信頼性を継承した、最高出力305kW(415馬力)、最大トルク650N・mの3.5L V型6気筒ツインターボガソリンエンジン搭載の「GX」、「AX」、「VX」、「GRスポーツ」、「ZX」と、ピストン燃焼室、吸気ポート、インジェクタといったエンジン各部の構造を最適化し、227kW(309馬力)の最高出力、700N・mの最大トルクと、優れた燃費性能を両立した3.3L V6ツインターボディーゼルエンジン搭載の「GRスポーツ」、「ZX」を設定。「GX」とディーゼル車は5人乗り、その他は7人乗りを用意。フレーム構造は先代を踏襲しながらもTNGAの考えに基づくGA‐Fプラットフォームを新たに採用。長年にわたる技術の積み重ねと最新技術を融合し、素性を刷新。高い剛性を確保しながら、車両として約200kgの大幅な軽量化を実現した。また、ハイマウント・ダブルウィッシュボーン式(フロント)とトレーリングリンク車軸式(リヤ)のサスペンションを新開発。特にリヤサスペンションについては、ショックアブソーバーの配置を最適化し、乗り心地と操縦安定性が向上した。エクステリアは、本格オフローダーとしてのタフな強靭さと、洗練された大人の深みを融合させた。ラジエーターグリルをヘッドランプと共に高い位置に配置。前後バンパーの下部も障害物をいなすような造形とするなど、オフロード走行時の機能性を重視したデザインとなった他、エンジンフードには大きな凹みを設け、衝突安全性能と前方視界の両立を図った。インテリアは、オフロードなど過酷な環境においても、よりスムーズな運転操作、ドライバーが快適さを実感できる運転環境を創出。インストルメントパネル上部は水平基調で、過酷な路面変化の中でも車両姿勢を把握しやすい形状とした。また、快適温熱シートとシートベンチレーションをフロントシートに加え、セカンドシートにも装備(ZX、GRスポーツ。VXはフロントシートのみ)するなど使用性と快適性に配慮した。安全装備には、指紋認証スタートスイッチをトヨタ初採用。その他、先進機能を付与した最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物、後方接近車両、後方歩行者)などを搭載。


「トヨタ・ランドクルーザーZX300型」:スペック/価格

  • 型式:3BA-VJA300W
  • ボディタイプ:SUV・クロカン
  • 全長×全幅×全高:4985×1980×1925mm
  • ホイールベース:2850mm
  • トレッド前/後:1665/1665mm
  • 室内長×室内幅×室内高:2775×1635×1215mm
  • 車両重量:2500kg
  • 乗員定員:7名
  • エンジン型式:V35A-FTS
  • エンジン形式:V型6気筒ICツインターボ
  • 内径×行程:85.5mm×100.0mm
  • 総排気量:3444cc
  • 最高出力:305kW(415ps)/5200rpm
  • 最大トルク:650N・m(66.3kg・m)/2000~3600rpm
  • トランスミッション型式:Direct Shift-10AT(電子制御10速オートマチック)
  • 駆動方式:FULL4WD
  • LSD:標準
  • 燃料タンク容量:80リットル
  • 使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
  • ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
  • 最小回転半径:5.9m
  • サスペンション前:ダブルウィッシュボーン式独立懸架
  • サスペンション後:トレーリングリンク車軸式
  • ブレーキ前:ベンチレーテッドディスク
  • ブレーキ後:ベンチレーテッドディスク
  • タイヤ前:265/55R20
  • タイヤ後:265/55R20
  • 新車価格:7,300,000円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。