【特攻の拓のバイク】広瀬敬司の愛車GSX-R400R鬼雷党仕様

この記事は3分で読めます

【特攻の拓のバイク】広瀬敬司の愛車GSX-R400R鬼雷党仕様

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「鬼雷党」の「広瀬 敬司(ひろせ けいじ)」の愛車「スズキ・GSX-R400R」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【寛一郎】 湘南純愛組!の愛車カワサキ・ゼファー400鬼爆仕様

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「広瀬 敬司(ひろせ けいじ)」

あわせて読みたい記事:【江口洋介】湘南爆走族に登場する愛車のスズキGS400湘爆仕様

乱校1年B組。愛称は「ケージ」。いつもノブ、シゲと共に行動する。「魍魎」や「妖艶童子」など、他の族の比護下に入ることで威信を保とうとするも、作中でそれが成功したことはなく、使い捨て程度にしか扱ってもらえていない。喧嘩は弱いが、ケージの行動が元で他チーム同士の抗争を招くことも多い。中坊の頃からノブ、シゲと3人で「鬼雷党」の集会に参加していた。愛車はレーサー志向が高く750ccモデルをサイズダウンさせたかのようなレーサーレプリカ。カスタムはブッた切り直管。「スズキ・GSX-R400R」。


「鬼雷党(きらいとう) 」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鮎川真里(マー坊)のCB400FOURヨンフォア

横浜の暴走族。乱校の1年と2年が主要メンバーだが、劇中には、ケージ、ノブ、シゲの三人以外のメンバーは登場せず、頭も不明。あまり目立たない族だが、昔は乱校内でもそれなりの勢力があったらしい。背中の看板は「御意見無用愚連隊」「大日本狂走連合会」。主な敵対族は「爆音小僧」。


「スズキ・GSX-R400R」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】一条武丸のスズキGSX400FSインパルス

1990年にデビューしたスズキ最後の400ccレーサーレプリカが「GSX‐R400R(GK76A)」。初代モデルからサーキットに直結していた「GSX‐R400」。しかし、この「GK76A」モデルはよりレース志向を強めるため、1989年の全日本ロードレースでTT‐F1、TT‐F3のダブルタイトルを獲得した「ダグ・ポーレン」の駆っていたことGSX‐R750/GSX‐R400R」のレースノウハウをダイレクトに注入した本格レプリカモデル。実にエンジンは完全新設計の新型で、パワーアップだけでなく大幅な軽量化も達成。新エンジンはボア╳ストロークは先代譲りであるものの動弁系の一新による高回転化、そしてコンパクト化。シリンダー前傾角は8度増して24度。キャブレターはダウンドラフトタイプのスリングショットキャブで、口径は先代のSPと同じサイズのΦ33㎜を採用。新型SPはさらに大径化されてΦ35㎜を採用。

高剛性と軽量化を追求したフレームは、TT-F1仕様の「GSX‐R750」と同じレイアウトを持つアルミダブルクレードルフレームとされ、フロントフォークも倒立タイプを初採用。カウルのデザインもスラントノーズの新デザインで、耐久レーサーを意識したデザインとなった。

またクロスミッションや強化クラッチ、ホイールのクイックリリースなどを装備したレース用ベースモデルのSPも設定。そして1999年までモデルチェンジされることなく生産終了、GSX‐R400シリーズの最後を飾るモデル。


「スズキ・GSX-R400R」:スペック

  • 全長/幅/高:1995/710/1060mm
  • シート高:750mm
  • 車軸距離:1375mm
  • 車体重量:167kg(乾)
  • 燃料消費率:36.0km/L ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:16.0L
  • エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
  • 総排気量:398cc
  • 最高出力:59ps/12500rpm <53ps/12000rpm>
  • 最高トルク:4.0kg-m/10000rpm <3.5kg-m/9500rpm>
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前120/60R17(55H) 後160/60R17(69H)
  • バッテリー:FTX7A-BS
  • プラグ:※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 CR8EK
  • 推奨オイル:スズキ純正 エクスター
  • オイル容量:※ゲージ確認を忘れずに 全容量3.7L 交換時2.8L フィルター交換時3.0L
  • スプロケ:前14|後44
  • チェーン:サイズ525|リンク108
  • 車体価格:739,000円(税別) [787,000円(税別)] {797,000円(税別)}
  • ※[]内はSP ※{}内はSP2 ※<>内は92年以降モデル

「広瀬 敬司の愛車スズキGSX-R400R鬼雷党仕様」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】姫小路良のGS400Eリーゼントスペシャル

「特攻の拓」に登場する「鬼雷党」のメンバー、「広瀬敬司」の愛車はスズキ最後の400ccレーサーレプリカ「スズキ・GSX-R400R」。カスタムは腹下ぶった斬り直管マフラー仕様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。