【GRスープラ・GT4コンセプト】 レーシングモデルのスペック

この記事は3分で読めます

【GRスープラ・GT4コンセプト】 レーシングモデルのスペック

あわせて読みたい記事:【パンデム・スープラ】GRスープラ(A90)改ワイドボディ仕様

あわせて読みたい記事:【インテグラタイプR】ホンダ純正チューンドだったDC2/DB8

あわせて読みたい記事:【日本の旧車・スーパーカー】市販間近だったコンセプトモデルたち

2019年1月14日、北米で開催されたデトロイトモーターショーで新型の「トヨタ:スープラ」が世界初公開されました。新型スープラはトヨタが展開するGRシリーズ「GR Supra」として発表されましたが、2019年春に販売開始が予定されています。「トヨタ:GRスープラ(A90型)」の各グレードノーマルのスペックは下記の通りです。


「GRスープラ(RZ / SZ-R / SZ)」:スペック

「RZ」:スペック

  • グレード:RZ
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,380mm × 1,865mm × 1,295mm
  • ホイールベース:2,470mm
  • トレッド(FR/RR):1,594mm / 1,589mm
  • 車両重量:1,520kg
  • エンジン形式:直列6気筒直 DOHC 24バルブ
  • 過給機:ツインスクロールターボ
  • 排気量:2,998cc
  • トランスミッション:8速スポーツAT
  • 乗車定員:2名
  • 最高出力:250kW(340ps) / 5,000-6,500rpm
  • 最大トルク:500N・m(51.0kgm) / 1,600-4,500rpm
  • 0-100km/h加速:4.3秒
  • タイヤサイズ(F/R):255-35R-19 / 275-35R-19

「SZ-R」:スペック

  • グレード:SZ-R
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,380mm × 1,865mm × 1,290mm
  • ホイールベース:2,470mm
  • トレッド(FR/RR):1,594mm / 1,589mm
  • 車両重量:1,450kg
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC 16バルブ
  • 過給機:ツインスクロールターボ
  • 排気量:1,998cc
  • トランスミッション:8速スポーツAT
  • 乗車定員:2名
  • 最高出力:190kW(258ps) / 5,000-6,500rpm
  • 最大トルク:400N・m(40.8kgm) / 1,550-4,400rpm
  • 0-100km/h加速:5.2秒
  • タイヤサイズ(F/R):255-40R-18 / 275-40R-18

「SZ」:スペック

  • グレード:SZ
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,380mm × 1,865mm × 1,290mm
  • ホイールベース:2,470mm
  • トレッド(FR/RR):1,609mm(SZ) / 1,616mm
  • 車両重量:1,410kg
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC 16バルブ
  • 過給機:ツインスクロールターボ
  • 排気量:1,998cc
  • トランスミッション:8速スポーツAT
  • 乗車定員:2名
  • 最高出力:145kW(197ps) / 4,500-6,500rpm
  • 最大トルク:320N・m(32.6kgm) / 1,450-4,200rpm
  • 0-100km/h加速:6.5秒
  • タイヤサイズ(F/R):225-50R-17 / 255-45R-17

「トヨタ:GRスープラ・GT4コンセプト」:スペック

「トヨタ:GR スープラ」をレーシングカーのスタディモデル「GT4コンセプト」としたモデルが公開されました。開発はドイツ・ケルンにある「TMG(トヨタモータースポーツ有限会社)」が担当しているということです。このレーシングバージョンは、市販モデルの素性を活かしながらレーシングモディファイが行なわれ、エクステリアはフロントにディフューザー、リヤに大型リヤウイング(共にカーボン製)が追加されています。インテリアは不要なアイテムが取り外されロールケージやフルバケットシート(OMP製)などが装着されていますが、インパネまわりは市販モデルから大きく変更されていないということです。

パワートレインは市販車同様のエンジンが採用されており、3リッターの直列6気筒ターボに8速ATのトランスミッションが組み合わされています。このユニットに制御システム系のアップデートが実施されています。シャシー系はサスペンションやドライブシャフト、デファレンシャル、ブレーキ(ブレンボ)、安全タンク、アルミホイール(OZ製)、レーシングタイヤ(ピレリPゼロ)などを採用しているということです。またボディサイズは全長:4,460mm × 全幅:1,855mm × 全高:1,250mm(ノーマルは全長:4,390mm × 全幅:1,865mm × 全高:1,290mm/1,295mm)となっています。

2018年のジュネーブショーでは、同じレーシングコンセプトながらLM-GTE仕様が展示されていましたが、今回は「GT4」となっています。このあたりの経緯についてチーフエンジニアの「多田哲哉」氏は、「現在、レクサスがRC FでGT3をやっていますが、プロフェッショナル化による高性能化や価格高騰など、今後どのようになるかわからない状況です。我々としては『買ったけど使えない』、『そのまま撤退』と言うことはしたくありません。このGT4はカスタマーモータ-スポーツの可能性を色々と検討している中の提案の一つです。もちろん、慈善事業ではないので最低でもイーブンにならないと継続することはできません。その見通しを含めてGT4がいいのか、それとも差が大きくなってしまったGT3とGT4の間を埋める新カテゴリーが生まれてから進めたほうがいいのか……など慎重に考えています。それさえハッキリすれば、我々にはTMGやTRDと言ったレースのプロが近くにいるのでクルマを作ること自体はそれほど難しいことではありません」とコメントしています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。