【GRスーパースポーツコンセプト】ルマンをハイパーカーで参戦?

この記事は2分で読めます

【GRスーパースポーツコンセプト】ルマンをハイパーカーで参戦?

あわせて読みたい記事:【ル・マン24時間耐久レース】日本メーカー参戦マシンを振り返る

あわせて読みたい記事:【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33

あわせて読みたい記事:【ル・マン】ポルシェ911RSRのGT出走は伝説のカラーを復刻

「トヨタ」は、6月15日、2018年の「ル・マン24時間耐久レース」が開催されているサルト・サーキットのビレッジで、2018年1月の東京オートサロンで公開した『GRスーパースポーツ・コンセプト』をヨーロッパで初公開しました。「GRスーパースポーツ・コンセプト」は、「ル・マン24時間耐久レース」を中心としたWEC世界耐久選手権への参戦を通じて得られた技術や知見をもとに、新たな市販車に繋げるべく開発されたコンセプトカーです。「TS050ハイブリッド」とほぼ同じパーツで構成され、究極のパワーと環境性能を両立した次世代のスーパースポーツカーを目指しているのが特徴です。この車両は、2018年1月の東京オートサロン2018で初公開されたが、「TS050ハイブリッド」の戦いの地である「ル・マン24時間耐久レース」でヨーロッパで初めてお披露目されました。アンベイルイベントには、「TOYOTA GAZOO Racing」の6人のドライバーをはじめ村田久武WECチーム代表、さらにACOフランス西部自動車クラブのピエール・フィヨン会長をはじめとした主催者側も訪れ、GAZOO Racing Company友山茂樹プレジデントによるアンベイルに拍手を送ったということです。

ドライバーたちも「美しいクルマ」と口をそろえた「GRスーパースポーツ・コンセプト」は、東京オートサロンの状態から変更はないものの、気になるのは2時間ほど前にACOのプレスカンファレンスで提示された2020年からのトップカテゴリー車両のレギュレーションに、この「GRスーパースポーツ・コンセプト」が対応するのではないかという部分です。

村田チーム代表は、「このセクシーなクルマが出場できればいいですが」と目の前に座るフィヨン会長に“確認”をとると、会場からはざわめいたようです。また、友山プレジデントは「“ハイパーカー”というコンセプトが発表されましたが、このGRスーパースポーツ・コンセプトと重なる部分は大きいですね」とコメントしています。「トヨタの、TOYOTA GAZOO Racingのトップとなる車両を発表し、鍛えるには、ル・マンというのは最も適した場所だと思います。実際に2020年にどういうレギュレーションになるのかはこれから詰めていくところだと思いますが、いろいろな意味でこれからもWECを盛り上げたいと思っていますし、86回の歴史を誇るル・マン24時間をトヨタが続けていくという点で、その文化を継承することのお役に立てればと思っています」と友山プレジデントが語るとおり、実際の規定は今年の11月を待たなければならないが、「TS050ハイブリッド」の技術を継承するクルマとして、「GRスーパースポーツ・コンセプト」が「トヨタ」を代表する“ハイパーカー”となってル・マン24時間耐久レースを戦う可能性はあるのかもしれません。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。