【ロッド・スチュワート】 所有していたガヤルドがオークションに

この記事は2分で読めます

【ロッド・スチュワート】 所有していたガヤルドがオークションに

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ】ミュージアムに展示される映画に登場したモデル

あわせて読みたい記事:【C2】ガヤルドベースのスーパースポーツを元マツダの社員が開発

あわせて読みたい記事:【フェラーリ330GT】ジャミロクワイが所有したカスタムワゴン

「ランボルギーニ・ガヤルド・スパイダー」、それも「ロッド・スチュワート」氏が過去に所有していたとされる「ランボルギーニ・ガヤルド・スパイダー」がオークションに登場予定とのことです。これは2007年モデルで、ボディカラーは「Blu Scylla」、インテリアは「Avorio」、トップ(幌)は「ネイビー」という仕様です。実は、この「Blu Scylla」というボディカラーは、「ランボルギーニ・ガヤルド・スパイダー」発表時のイメージカラーでもありました。もともとは「芽が出ないサッカー選手」、そして「売れないミュージシャン」でもあった「ロッド・スチュワート」氏ですが、1971年に「マギー・メイ」が大ヒットして成功しました。なお「マギー・メイ」はカップリング曲(B面)で、そのA面はさっぱり売れず、ラジオ局のDJが気まぐれにレコードを(A面から)ひっくりかえしてかけたところ、この「マギー・メイ」に火がついた、という経緯があります。

  • Rod-lamborghini (2)

これは9月から10月にかけての「別れ」を歌った曲であり、これで「ロッド・スチュワート」氏の人生が一変することになりますが、「ロッド・スチュワート」氏自身もライナーノーツにおいて、「もし、あのクリーブランドのDJがレコードをひっくり返さなかったら」と過去を振り返って語っています。「今の自分はないだろうね」、と述べています。

  • Rod-lamborghini (1)
  • Rod-lamborghini (6)

ちなみに、同じイギリス人アーティストでも「エルトン・ジョン」氏は、「フェラーリ派」ということのようです。

  • Rod-lamborghini (7)

なお内装はブルーに加えてホワイトも使用されていますが、トップもネイビーであり、ネイビー、ブルー、ライトブルー、ホワイトというなんともオシャレな組み合わせです。「ロッド・スチュワート」氏のステージ衣装はホワイトが多かったようですが、以前に乗っていた「ランボルギーニ・ミウラ」も「ブルー」だったようで、ブルーが好きなのかもしれません。

  • Rod-lamborghini (3)

この「ランボルギーニ・ガヤルド・スパイダー」は書類も完備され、コンディションも上々とのことです。予想落札価格は2,200万円程度と、一般的な「ランボルギーニ・ガヤルド・スパイダー」の「倍」ではあるものの、その価値は十分にあると思わせる一台です。この「ランボルギーニ・ガヤルド・スパイダー」は「前期」モデル。

  • Rod-lamborghini (4)

そして、こちらは「ロッド・スチュワート」氏の所有していた「ランボルギーニ・ディアブロ」です。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。