【藤田ニコル】愛車メルセデスベンツGLBや運転免許すっぴん画像

この記事は4分で読めます

【藤田ニコル】愛車メルセデスベンツGLBや運転免許すっぴん画像

あわせて読みたい記事:【滝菜月】愛車ヤマハSR400の価格、歴代彼氏とスッピン画像

あわせて読みたい記事:【川口春奈】矢地祐介と結婚、歴代彼氏、スッピン画像や愛車に注目

あわせて読みたい記事:【橋本環奈】歴代の彼氏や交際相手と環奈伝説と言われた事件や愛車

ファッションモデル、タレント、歌手、YouTuberと幅広く多方面で活躍されている「藤田ニコル」さん。実に愛車購入を即決し注目されています。では、どのような愛車を即決購入されたのか経緯や愛車に注目です。


「藤田ニコルさんのプロフィール」

  • 名前:藤田ニコル ふじた にこる
  • 愛称:にこるん
  • 生年月日:1998年2月20日
  • 出身地:ニュージーランド
  • 血液型:A型
  • 身長 / 体重:167 cm / 53.9 kg
  • スリーサイズ:78 – 58 – 85 cm
  • 靴のサイズ:25 cm
  • デビュー:2009年
  • ジャンル:ファッションモデル、タレント、歌手、YouTuber
  • 「第13回ニコラモデルオーディション」グランプリ、『nicola』専属(2009年 – 2014年)、『Popteen』専属(2014年 – 2017年)、『ViVi』専属(2017年 – )
  • 経歴:2009年にローティーン向けファッション雑誌『nicola』の第13回ニコラモデルオーディションに応募し、1万4076人の中からグランプリの5人に選ばれ専属モデル(ニコモ)となる。応募理由は、モデルの仕事に「昔から興味があってお母さんがニコラとにこるが似てるから買ってきたのがきっかけ」とのこと。他のグランプリ受賞者は池田依來沙(現在『CanCam』専属)、松井愛莉(現在『Ray』専属)、古畑星夏(現在『ViVi』専属)、春川芽生の中学1年生4名で、藤田のみ小学6年生だった。『nicola』2009年10月号にグランプリ受賞者のお披露目紹介記事が初の出演。

「藤田ニコルさんの愛車」

あわせて読みたい記事:【マギー】レーシングドライバー金丸ユウと歴代彼氏と愛車のベンツ

ファッションモデルの「藤田ニコル」さんが、2021年5月7日放送のTBS系バラエティー番組の「有吉ジャポンII ジロジロ有吉(毎週金曜深夜0時20分~)」に出演されて自動車運転免許取得と愛車購入を報告し注目されていました。番組では、以前から「藤田ニコル」さんの免許取得に密着していました。9カ月前、「運転免許を一発試験にしようと思ってて」と教習所に通わず、直接免許センターに行って試験を受ける方法での免許取得に挑戦することを明かしていた「藤田ニコル」さん。

この日の放送で、「この度にこるんはですね、取れました」と9カ月かかって免許を取得したことを笑顔で報告し、免許証を披露されています。「人生初めてのお勉強。『漢字これ何読むの?』から…」と免許取得で苦労したことも苦笑いで明かしていました。また、「人生最大のお買い物。私は車を今日買います」という「藤田ニコル」さんの車購入にも密着していました。仮免の時から車選びを始めていたという「藤田ニコル」さん。愛車については、メルセデス・ベンツのディーラーを訪れ、「予算は2000万円以内に収まったらいいな。白い車が良くて、SUV。ちょっとデカめのやつ」と希望していました。

そして、希望を満たした「メルセデス・ベンツGLB」をおススメされ、機能の確認や試乗などを行った「藤田ニコル」さんは、車両550万円にフルオプションをつけた総額700万円の車を「買います」と即決されました。

「人生で初大金買い物、自分で(ハンコ)押す。でももう大人なので、押します」と契約書に押印。「藤田ニコル」さんの愛車購入の様子をスタジオで見届けた「有吉弘行」さんは、「可愛げはゼロだけどね」と言いながらも「すごい。自分で稼いだ金で買ってんだから、それは好きにやらせてやって欲しい。でも良かったね」と称賛のコメント。「青山テルマ」さんも「カッコいい!この歳で自分で稼いだお金で買った車はめちゃくちゃカッコいい」とコメントされました。


「メルセデスベンツ・GLB」:概要

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車メルセデスベンツG350dゲレンデヴァーゲン公開

国内ブランド最多となるメルセデス・ベンツのSUVに9車種目となるのが「GLB」クラス。究極のオフローダーであるGクラスからインスピレーションを受けた、スクエアなエクステリアデザインと高い悪路走破性を持つ本格的なSUVでありながら、広い室内空間に7人乗車を標準とし、かつ日本の都市部でも取り回しのよいボディサイズを実現。ラインアップは、「GLB200d」、「GLB250 4マチック スポーツ」を設定。「GLB200d」に搭載される「OM654」は、2L直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンで、最高出力150馬力(110kW)、最大トルク320N・mと、コンパクトなボディを力強く加速させる性能を有しながら、低振動で高い静粛性を両立。また、「GLB250 4マチック スポーツ」に搭載される2L直列4気筒ターボエンジン「M260」は、最高出力が224馬力(165kW)、最大トルク350N・mを発生させる。どちらのエンジンも、組み合わされるトランスミッションは新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション「8G‐DCT」となり、様々な状況で最適なギアを選択することで、環境性能や動力性能に貢献する。エクステリアは、メルセデス・ベンツの本格的なSUVであることを明確に示している。フロントはクローム仕上げで力強いデザインのアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットがSUVとしての存在感とパワーを表現し、大型のラジエーターグリル内には、メルセデス・ベンツのSUVに共通する特徴的なツインルーバーデザインが施され、スクエアなデザインのヘッドライトと共にSUVらしさを強調した。インテリアはモダンでアバンギャルドにまとめられている。ダッシュボードは通常インストゥルメントクラスター上方にあるカウルを採用せず、ワイドスクリーンディスプレイが、そのダッシュボードの上部に置かれることで、解放感があり、横方向のワイドさを強調するデザインとなった。また、スクエアで車高が高く、かつ2.829mmと長いホイールベースを活かして、乗員が快適にくつろぐことができる、広い室内空間を実現した。安全運転支援システムとして、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)や渋滞時緊急ブレーキ機能などを標準装備とした。今回、ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「GLB180」、ディーゼルモデルに4輪駆動モデル「GLB200d 4マチック」を追加。「GLB180」は排気量1.4L オールアルミニウムの「M282」を搭載したガソリンエンジン搭載。ターボチャージャーは電子制御ウェストゲートを搭載しており、フレキシブルな過給圧制御により、低負荷域においても最適な過給圧を設定することができる。「GLB200d 4マチック」に搭載される「OM654q」は、2L 直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンで、最高出力150馬力(110kW)、最大トルク320N・mを発生。ターボチャージャーは可変タービンジオメトリーを採用しており、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にしている。右ハンドル設定。


「メルセデス・ベンツGLB200d 4MATIC」:スペック

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4634×1834×1659mm
  • ホイールベース:2829mm
  • 車重:1735kg
  • 駆動方式:4WD
  • エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
  • トランスミッション:8段AT
  • 最高出力:150PS(110kW)/3400-4400rpm
  • 最大トルク:320N・m(32.6kgf・m)/1400-3200rpm
  • タイヤ:(前)215/65R17/(後)215/65R17
  • 燃費:5.2-5.5リッター/100km(約18.1-19.2km/リッター、NEDC複合モード)

「藤田ニコルさんのスッピン画像」

あわせて読みたい記事:【ダレノガレ明美】メーカーカスタムの愛車と歴代彼氏やスッピン画像

「藤田ニコル」さんのスッピンについては、例えば2020年5月9日のインスタグラムを更新した際の就寝前のノーメイク姿を動画と写真で公開されています。

「肌の調子が良いみたい」と語るすっぴんに、ファンからは「めちゃめちゃかわいい」「肌が若いなぁ」「モチモチ」といった声が集まった。「朝日を迎えながらノーマルカメラで」との投稿したのは、自身のすっぴん姿が映った動画と写真。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。