【フォード・シエラRS500】貴重なシャシーナンバー1が競売に

この記事は2分で読めます

【フォード・シエラRS500】貴重なシャシーナンバー1が競売に

あわせて読みたい記事:【R31 GTS-Rリーボック】グループAを制したスカイライン

あわせて読みたい記事:【ゴルフ GTI】 パイクスピークにツインエンジンマシンが登場

あわせて読みたい記事:【シルエットフォーミュラ】火を噴く日産ターボ軍団グループ5仕様

「フォード・シエラRS500」というモデルは、エンジンの排気量は変わらないものの、強化されたブロックと、改良型ピストンが採用され、容量をアップした吸気系とインタークーラーや、ギャレットのT31/T04ターボが取り付けられた過激な車でした。公道仕様の出力は、最高出力:227psであったものの、重要なのはこのエンジンがレース用スペックに改良できることでした。なんと、ECUを交換すれば補助用のフューエル・レールとインジェクターを使うことができ、ウエスト・ゲートの設定と燃料の供給方法に手を加えれば、レース仕様の最高出力:506psまで強化できるようになっていたのでした。

そして、その「フォード・シエラRS500」がオークションに登場とのことです。1980-1990年代のラリーカーで、フォードUKは1986-1992年の間にまず「フォード・シエラRS」を5500台生産(この時点でコスワース製エンジンを積む、という驚きのクルマでした)、その後にはエボリューションモデルとして、さらに大きなターボを搭載し、そのうえで過激なチューンを施した「シエラRS500」を発売しています。このモデルは最高出力:222ps仕様。それでもベースモデルの「フォード・シエラRS」の最高出力:204psよりは大きな数字で、当時の「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(137ps)」よりずっとパワフルなスペックです。

この「フォード・シエラRS500」は「500台」のみが限定生産され、その生産に先駆けて製造された「プリプロダクションモデル」が今回オークションへ登場する個体そのもの(当時フォードが個人のコレクターに売却したとされる)。シャシーナンバーは「1」となり、「フォード」のコレクターにとってはこれ以上ないというレア度を誇っていて、そのため予想落札価格は1800万円という高値が予想されています。

ちなみに「フォード・シエラ」のスポーツモデルである「シエラ・コスワース」「シエラRS500」は、ツーリングカーレースで世界的に活躍しました。日本では1987年に「全日本ツーリングカー選手権(JTC)」クラス1にプライベーターの手で登場しています。同年に「長坂尚樹」氏がドライバーズタイトルを獲得したほか、翌1988年も「横島久」氏がドライバーズタイトルを獲得しています。

  • (出典:www.autocar.jp)

1989年は「日産・スカイラインGTS-R(R31型)」を駆る「長谷見昌弘」氏にドライバーズタイトルを奪われるものの、メイクスタイトルは死守しました。ただ1990年に「スカイラインGT-R(R32型)」が登場すると事実上勝負権を失い、1991年にプライベーターへの「スカイラインGT-R」の供給が始まるとシエラユーザーは次々とGT-Rに乗り換え、同年中に姿を消していきました。ヨーロッパでは1987年に世界ツーリングカー選手権に登場、ドライバーズタイトルは逃したもののマニュファクチャラーズタイトルを獲得しています。JTCとのダブル開催となった同年のインターTEC(富士スピードウェイ)でも優勝を飾っています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。