【フェラーリ・SP30】レース仕様ワンオフモデルの価格は1億円

この記事は2分で読めます

【フェラーリ・SP30】レース仕様ワンオフモデルの価格は1億円

あわせて読みたい記事:【プロジェクト・ゴールド】 限定1台のポルシェが公道不可の理由

あわせて読みたい記事:【C2】ガヤルドベースのスーパースポーツを元マツダの社員が開発

あわせて読みたい記事:【GT-R50 by Italdesign】日産がGT-Rの50周年モデルを発表

フェラーリの特別モデル「フェラーリ・F60アメリカ」がアメリカの最重要顧客である上位10名にのみ販売され、そして「モントレー・カー・ウィーク2018」に登場していましたが、今回は特別なレーシング仕様の「フェラーリ・SP30」と呼ばれる個体が販売中とのことです。こちらの個体は、2012年にフェラーリ・スペシャルプロジェクト部門によって、アラブ首長国連邦の石油化学会トップに君臨する「Cheerag Arya」氏のためだけに特別に開発された唯一のワンオフモデルです。さらに、「フェラーリ・F12ベルリネッタ」や「フェラーリ・812スーパーファスト」がベースでもないということですが、そのベースモデルとはどのようなマシンなのでしょうか。


「ベースモデルはF12でも812スーパーファストでもない」

実はベースとなるモデルは「フェラーリ・599GTBフィオラノ(一部では599GTBベルリネッタと呼ばれています)」で、このモデルの後継にあたるのが「フェラーリ・F12ベルリネッタ」です。そして、「フェラーリ・F12ベルリネッタ」のデザイン言語の先駆けとなったのが「フェラーリ・SP30」だと言われています。

なお、このモデルは、アメリカ・テキサス州にある「クレイブ・ラグジュアリー・オート(ヒューストン北部のウッドランズ販売店)」において販売されており、外観の塗装やインテリアには細心の注意を払っているために保管状態は完璧とのことです。

そして、走行距離は約103kmと非常に少なく、メンテナンスは定期的に実施されていたためコンディションは抜群となっています。中古車販売価格は不明なままとなっていますが、最低でも1億円以上の価値はあるとのことです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。