【フェラーリ・ミトス】ベースモデルよりワイド&ローなコンセプト

この記事は2分で読めます

【フェラーリ・ミトス】ベースモデルよりワイド&ローなコンセプト

あわせて読みたい記事:【フェラーリ330GT】ジャミロクワイが所有したカスタムワゴン

あわせて読みたい記事:【BMWターボ】スーパースポーツのルーツとなったコンセプトカー

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・959SC】カネパ(Canepa)仕様のスペック

「フェラーリ」のコンセプトモデルとして1989年の「東京モーターショー」でデビューしたモデルが「フェラーリ・ミトス」でした。


「フェラーリ・ミトスのベースモデル」

ベースモデルとなっているのは「フェラーリ・テスタロッサ」です。それゆえに、パワーユニットとなるエンジンはV型12気筒DOHCが搭載されています。排気量:4.900ccとなり最高出力は、390ps仕様となっています。トランスミッションは、5速MTというのも「フェラーリ・テスタロッサ」と同じで、重量は1,252kg、0-100km/h加速は6.2秒、最高速度は時速290km/hなっています。さらに、当時デザインするにあたりクーペ、タルガ、スピードスターといったボディ形状が考慮され、実際に制作されたのは「バルケッタ」だったようです。「バルケッタ」はイタリア語で「小舟」を意味しますが、その名の通り非常に簡素な構造を持つ車を指すようです。ちなみに「ミトス=MYTHOS」は神話という意味があります。しかし、「フェラーリ」と名がつくものの実は「フェラーリ」が制作したわけではなく、「フェラーリ」のデザインを請け負っていた「ピニンファリーナ」が制作した車両なのです。つまり最近の同じような経緯というと「ケン・オクヤマ」氏が「フェラーリ」や「ランボルギーニ」をベースにワンオフで車を制作したのと同じようなことといえるのかもしれません。


「ミトスのデザインもとピニンファリーナ」

振り返って考えてみると、こういった「デザイン」・「カスタム」・「製造」を行う「カロッツェリア」社はイタリア特有の業態とも言え、ほかるのかもしれません。実際、「ジウジアーロ(VWアウディグループに吸収)」、「ベルトーネ(買い手がつかずに消滅)」などの例があるからです。「ピニンファリーナ」はその中でも「フェラーリとの結びつきが強く」、そのために「フェラーリ」をベースにしたカスタム車両を多数生産しており、そしてその多くはブルネイ国王や中東の王族などに納車されており、中でも「ブルネイ国王の注文したフェラーリのワゴン」は非常に有名です。「ピニンファリーナ」社は「フェラーリ」から相当な圧力を受けていたとも言われますが、「フェラーリのデザインを行っている」という「看板」があったからこそ最近まで独力で経営を続けてこられたとも言え(ブルネイ国王は最大の顧客であったとも言われる)、このあたり複雑な事情がありそうです。それでも「フェラーリ」との関係が「ピニンファリーナ」社を支えていたことは間違いなく、「フェラーリ」もそれに敬意を表して「セルジオ」を発表しました。しかしながら、「フェラーリ」も徐々にデザインをインハウス化するにあたり「ピニンファリーナ」社の仕事も減り、現在においては「ピニンファリーナ」社はインドの「マヒンドラ」社に吸収されることになっています。


「フェラーリ・ミトスのデザインに迫る」

ボディは複合素材で作られており、サイドウインドウ、ルーフは「なし」というエクステリアデザインです。ベースモデルとなる「フェラーリ・テスタロッサ」に比べて12.7cmも車幅が拡大されており、全長は15.2cm短く、全高は7.6cm低いという「ワイド&ロー」なプロポーションが特徴です。そして、この車を上から見ると「台形」のような形をしており、極端なウェッジシェイプと相まってミトスを「特別な存在」たらしめる要素の一つとなっています。ウエッジシェイプを実現するために相当にフロントオーバーハングが長くデザインされているのです。なおリアウイングは可動式で、30cm上昇し、12度の角度を付けることでダウンフォースを獲得するなど、実際の走行を考慮していたものの市販されることはありませんでした。しかし、ブルネイ国王が「レッドとネイビーのフェラーリ・ミトスを一台づつ」注文した、という話もあります。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。