【フェラーリF50/360モデナ】1月2日の東北道の事故・逮捕

この記事は3分で読めます

【フェラーリF50/360モデナ】1月2日の東北道の事故・逮捕

あわせて読みたい記事:【フェラーリ事故・ケンメリ炎上など1月2日の高速道路での事故】

あわせて読みたい記事:【TECHART GT Street RS】 限定車のスペック

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速ランキング:2019】1秒台の車もあり

2019年の年明け、1月2日に埼玉県蓮田市の東北道・中央分離帯にてフェラーリ「フェラーリ・360モデナ(ブラック)」と「フェラーリ・F50(レッド)」が競い合い、「フェラーリ・F50」の無謀な車線変更によって「フェラーリ・360モデナ」が接触事故を回避して単独クラッシュするという事故が発生して、TVニュースやインターネットニュースで注目となっていました。


「フェラーリ・360モデナ」:スペック

  • 年式:2004年モデル
  • 型式:F360
  • 全長:4,490mm
  • 全幅:1,925mm
  • 全高:1,215mm
  • ホイールベース:2,600mm
  • トレッド(F/R):1,670mm / 1,620mm
  • 車両重量:1,450kg
  • エンジン型式:F131
  • エンジン形式:V型8気筒 DOHC 40バルブ
  • 排気量:3,586cc
  • ボア × ストローク:85.0mm × 79.0mm
  • 圧縮比:11.0
  • 最高出力:400ps / 8,500rpm
  • 最大トルク:38.0kgf-m / 4,750rpm
  • トランスミッション:6AT
  • 駆動方式:MR
  • サスペンションシステム(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキシステム(F/R): ディスク
  • タイヤ(F/R):215/45ZR18 / 275/40ZR18
  • 価格:18,847,500円
  • 中古車相場:688万円~1,280万円

「フェラーリ・F50」:ドライバー

その事故のレッドカラーの「フェラーリ・F50」ドライバーである高屋敷 諭(41)容疑者が事故誘発による道路交通法(安全運転義務)違反などの疑いで、3月1日に逮捕されたということです。今回特定された「フェラーリ・F50」というモデルは、世界限定349台しか製造されず、おまけに日本には複数台程度しか存在しないとても希少なスペチアーレモデルでした。しかも、ナンバーもドライブレコーダーにてしっかりと記録されていたため、特定されたということです。


「フェラーリ・F50」:スペック

  • 年式:1995年モデル
  • エンジン:4,698cc 水冷 65度 V型12気筒 DOHC 5バルブ NAエンジン
  • ボア×ストローク:85mm×69mm
  • 圧縮比:11,3
  • エンジン重量:198kg
  • 最高出力: 520PS/8,500rpm
  • 最大トルク: 48,0kgm/6,500rpm
  • トランスミッション: 6MT(ギア比 1速-6速:2,933-2,157-1,681-1,360-1,107-0,903)
  • 駆動方式:MR
  • サスペンション:F/R プッシュロッド・インボード式ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキ: ブレンボ製ドリルドロータ(F335mm、R355mm)前後4ポットキャリパー
  • タイヤ(ホイール):F 245/35ZR18(8,5J) R 335/30ZR18(13J)
  • 全長:4,480mm
  • 全幅:1,986mm
  • 全高:1,120mm
  • ホイールベース:2,580mm
  • トレッド:F 1,620mm R 1,602mm
  • 燃料タンク容量 105リットル
  • 車両重量:1,230kg(乾燥重量)
  • 最高速度:325km/h

「フェラーリ」:事故後

なお、今回の事故について高屋敷 容疑者は「事故があったことに気付かなかった」と一部容疑を否認していますが、このオーナーは事故発生後に路肩に一度停まっていたとの目撃情報もありますし、一度路肩に停まったということは、競い合いをしていた「フェラーリ・360モデナ」に何かしらのハプニングがあったという認識を持っていたということがわかるため、この容疑の一部否認は言い訳にならないところです。しかも、その後に「フェラーリ・F50」は羽生PA下り線において「フェラーリ」のオフ会ツーリングに参加していたことが発覚したのでした。

また、今回の事故で大きなダメージを受けた「フェラーリ・360モデナ」のドライバ(38)は無傷だったとのことですが、こちらのオーナーさんも異常なスピードにて走行していたことは間違いないでしょう。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。