【フェラーリ事故・ケンメリ炎上など1月2日の高速道路での事故】

この記事は3分で読めます

【フェラーリ事故・ケンメリ炎上など1月2日の高速道路での事故】

あわせて読みたい記事:【テスタロッサケーニッヒ】外観、馬力でフェラーリに訴えられた?

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】BHオークション出展車スペック一覧

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

2019年1月2日午前、東北道でイタリアの高級スポーツカー「フェラーリ(360モデナ?)」が中央分離帯に衝突する事故がありました。事故を起こす直前、このフェラーリが別の赤の車(フェラーリ・F50?)と競い合うように走る様子がドライブレコーダーに映っていました。

警察によりますと、午前9時ごろ、東北道下りの蓮田サービスエリア付近で「事故を起こし、一番右側の車線に止まってしまった」と「フェラーリ」の運転手から通報がありました。「フェラーリ」は中央分離帯に衝突し、道路をふさぐ形で停車しました。

ちなみに事故を起こした黒い「フェラーリ」は、別の赤いフェラーリと競い合うように走る様子が映っていて、赤のフェラーリが前方の中央車線を走行する車を左車線に避けて追い越す際に黒のフェラーリが高速道合流ポイントの路側帯の白線でスリップし、直後に黒のフェラーリがスピンして中央分離隊に激突しています。警察によりますと、目撃者が当時、赤いフェラーリが現場に停車していたと話しているということです。事故の影響で一時、東北道は約12キロの渋滞が発生しました。


「フェラーリ・360モデナ」:スペック

  • 年式:2004年モデル
  • 型式:F360
  • 全長:4,490mm
  • 全幅:1,925mm
  • 全高:1,215mm
  • ホイールベース:2,600mm
  • トレッド(F/R):1,670mm / 1,620mm
  • 車両重量:1,450kg
  • エンジン型式:F131
  • エンジン形式:V型8気筒 DOHC 40バルブ
  • 排気量:3,586cc
  • ボア × ストローク:85.0mm × 79.0mm
  • 圧縮比:11.0
  • 最高出力:400ps / 8,500rpm
  • 最大トルク:38.0kgf-m / 4,750rpm
  • 燃料供給装置:ミクニ製ソレックス N40PHHキャブレター ×3
  • トランスミッション:6AT
  • 駆動方式:MR
  • サスペンションシステム(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキシステム(F/R): ディスク
  • タイヤ(F/R):215/45ZR18 / 275/40ZR18
  • 価格:18,847,500円
  • 中古車相場:688万円~1,280万円

「日産:ケンメリ・スカイライン(KGC110 or KPGC110)が首都高速で炎上」

あわせて読みたい記事:【ケンメリGT-R】C110型スカイラインレーシングのスペック

さらに2019年1月2日の14:00過ぎには、東京都中央区の首都高速C1都心環状線で車両火災が発生し、 外回り(浜崎橋方面)の神田橋→呉服橋間と、Y八重洲線南行(汐留方面)の神田橋→八重洲間で通行止めとなっていました。その火災した車両というのが、僅か197台しか生産されていない(現存するの100台未満との言われている)、「日産:スカイライン2000GT-R(KPGC110/通称:ケンメリ)」と思われる個体が大炎上していたようです。

「ケンメリGT-R」は、先代モデルの「ハコスカGT-R(KPGC10 / PGC10)」同様に「S20」型エンジン(排気量:1,989cc 160ps / 7,000rpm、18.0kgm / 5,600rpm)を搭載し、専用ラジエータグリル、前後オーバーフェンダー、リアスポイラー等を装備する他、「ハコスカGT-R(KPGC10 / PGC10)」では標準でなかったラジオが標準装備とされています。排出ガス規制の影響もあり、わずか197台が生産され、うち195台が市販されたのみで終了しているという希少モデルでも知られています。なお197台のうち市販された195台、残りの2台はレースカーの試作車とされています。1972年10月の第19回東京モーターショーに「ハードトップ2000GT-Rレーシング仕様」を出品されていましたが、レースに出場することはありませんでした。ちなみに、首都高速で炎上した白の「ケンメリ・スカイライン」のドライバーは無事とのことです。


「日産:スカイラインGT-R(ケンメリ)」:スペック

  • 年式:1973年(昭和48年)4月
  • 型式:KPGC110
  • 全長:4,460mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,380mm
  • ホイールベース:2,610mm
  • 車両重量:1,145kg
  • エンジン型式:S20
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC 24バルブ
  • 排気量:1,989cc
  • ボア × ストローク:82.0mm × 62.8mm
  • 圧縮比:9.5
  • 最高出力:160ps / 7,000rpm
  • 最大トルク:18.0kgf-m / 5,600rpm
  • 燃料供給装置:ミクニ製ソレックス N40PHHキャブレター ×3
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム:F ストラット / R セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム:F/R ディスク
  • 生産台数:197台
  • 中古車相場:1,500万円~ASK

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。