【フェラーリ288GTO】エディ・アーバインの愛車盗難ニュース

この記事は4分で読めます

【フェラーリ288GTO】エディ・アーバインの愛車盗難ニュース

あわせて読みたい記事:【フェラーリテスタロッサ】マイケル・ジャクソンのワンオフモデル

あわせて読みたい記事:【フォード・サンダーバード】 マリリン・モンロー所有のスペック

あわせて読みたい記事:【フェラーリ330GT】ジャミロクワイが所有したカスタムワゴン


「フェラーリ・288GTO」:概要

1984年の「ジュネーブ・モーターショー」で発表されたモデル。一見すると「フェラーリ・308GTB」をベースとし意図的に「フェラーリ・308GTB」に似せてはいるものの、競技参加を前提として当時の競技車両規定グループBのホモロゲーションに沿って製作されエンジン搭載方式が縦置きになり、軽量化のため一部外板パーツにカーボン樹脂製のものが使われるなど大改造を受け、外装・内装ともにほとんどのパーツが専用設計で308との互換性は非常に少ないモデルなのです。しかも総生産台数は272台という貴重なモデル。ボディデザインは「フェラーリ・308GTB」と同様ピニンファリーナが担当。前後のフェンダーは大きく張り出し、特にリアフェンダーは往年のチャンピオンマシンである「フェラーリ・250GTO」を髣髴させるダックテール形状と縦型ルーバー(これはGTOシリーズ共通のデザインモチーフである)が3本入った特徴的な造型のものを採用。フロントは丸型2灯式のリトラクタブルヘッドランプのほか、下部に角型のフォグランプとパッシングライト(ヘッドライト格納状態のときに使用)とグリルを装着していたのが特徴。パワーユニットは当時のグループCレーシングカーである「ランチア・LC2」用(フェラーリ製)の3,000cc V8 DOHCツインターボを2,855ccとしたものであり、生産ラインの308用エンジンとは別物。これをマニエッティ・マレリのインジェクションシステムでマネジメントし、最大出力400hp(約406PS)/7,000rpm、最大トルク50.6kgf·m/3,800rpmを発生する仕様となっている。車名の「288」は、この排気量約2,800cc 8気筒エンジンを搭載しているところに由来。排気量2,855ccはターボ係数1.4をかけてグループBの4.0L以下のクラス(最低車重1,100㎏)に収まるようにされたものでしたが、当時のWRCに参加していたグループBの主流は3.0L以下のクラス(最低車量960㎏)か、2.5L以下のクラス(最低車重890㎏)と288GTOより軽くしかも4輪駆動で、重く2輪駆動の「フェラーリ・288GTO」に勝ち目がないのは明らかで本気でWRCへの参加を考えてはいなかったということです。「フェラーリ・ 288GTO」と同じ排気量の「ポルシェ・959」はル・マン24時間レースのIMSA-GTXクラスに「ポルシェ・961」として参戦しています。ボディは鋼管によるスペース・フレーム構造を採用。ホイールベースが11cm延長されており、「フェラーリ・308GTB」と比較してより長く、よりワイドにすることで、強大なパワーに対応していた。なお、日本への正規輸入車は1台のみ。「フェラーリ・288GTO」は競技用ベース車両として生まれながら(そのためGT-Omologationを意味する“GTO”を250GTOより引き継いだ)、1986年の事故によりグループBが廃止となったことで、ラリーおよびレースに参戦することはなかった。のちにミケロットの手により「フェラーリ・288GTO Evoluzione」が製作され、各地のサーキットで走行テストを繰り返す中で得られたエンジンやメカニズムに関するノウハウやデータは事実上の後継車である「フェラーリ・F40」の開発に役立てられ、F40によりレースで優勝するという目的は達成。


「フェラーリ・288GTO」:盗難ニュース

名車「フェラーリ288GTO」。実はドイツ・デュッセルドルフにおいて、フェラーリの元F1ドライバであった「エディ・アーバイン」氏が所有する僅か限定272台しか製造されていない1985年式モデルの「フェラーリ・288GTO」が盗難被害に遭ったということで世界的なニュースとなっています。「BBC」の情報によると、「フェラーリ・288GTO」の購入意思を持った男性が試乗を要求したということで、「エディ・アーバイン」氏はこれといった疑いも無く同席試乗を行ったとのことです。

状況としては最初は、「エディ・アーバイン」氏が「フェラーリ・288GTO」を運転し、男性が助手席にて操作を確認しながら試乗していましたが、途中にて運転を交代することとなり、男性が急いで助手席から運転席へ移り、「エディ・アーバイン」氏が運転席から助手席へと移ろうとした瞬間に男性は急発進で「フェラーリ・288GTO」と共に逃走したということです。盗難されたことが分かった瞬間、「エディ・アーバイン」氏はすぐさまSNSを使って盗難されたことと車両をアップし、自身の車両の特徴とナンバープレート、そして走行距離(27,000マイル)の情報を公開。その後、SNSの情報は瞬く間に拡散され、様々なところから目撃情報が共有、結果的にドイツ・グレーヴェンブローホの街中のガレージにて隠されていたことが発覚し、併せて盗難した男性も逮捕されました。盗難被害を起こした男性は、「どうしても288GTOが欲しかったが、予算が全く合わなかった」と説明していて、もともと転売等をする意志はなかったとのことですが、今回盗んだ個体も全く購入する気は無かったとのことです。ちなみにBBCによれば、この「フェラーリ・288GTO」は時価200万ユーロ(約2億4600万円)に相当するということです。


「フェラーリ・288GTO」:スペック・価格

  • 全長×全幅×全高:4290×1910×1120mm
  • ホイールベース:2450mm
  • 重量:1160kg
  • エンジン種類:V8 DOHCツインターボ
  • 排気量:2855cc
  • 最高出力:400ps/7000rpm
  • 最大トルク:50.6kgm/3800rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前225/55VR16・後265/50VR16
  • 最高速度:305km/h
  • 生産台数:272台
  • 価格:2億円オーバー(中古車相場)

「エディ・アーバイン」:フェラーリでの功績

1996年にミハエル・シューマッハとともにフェラーリへ移籍。チャンピオンドライバーのシューマッハだったことで、アーバインはセカンドドライバーに徹することとなった。1999年の開幕戦で初優勝を果たす。イギリスGPでシューマッハが足を骨折するクラッシュを演じたことで、代わってエースとして活躍するようになる。その後3勝を挙げて最終戦の開始前まではトップになっていたものの、最終戦でミカ・ハッキネンに逆転され、チャンピオンを手にすることはできなかった。しかしチームに1983年以来のコンストラクターズチャンピオンをもたらした。

RelatedPost


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。