【フェラーリ・599GTB 60F1】アロンソ特別モデルの価格

この記事は2分で読めます

【フェラーリ・599GTB 60F1】アロンソ特別モデルの価格

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・911GT2RSクラブスポーツ】991最後の限定車

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ・SC18アルストン】ワンオフモデルのスペック

あわせて読みたい記事:【コルベットC8】新型ZORA・MantaRayのスペック公開

「フェラーリ」社が1951年7月14日にシルバーストーンにて行われたF1レースグランプリにおいて初優勝を果たし、2011年7月10日のレースにおいてレーシングドライバーの「フェルナンド・アロンソ」選手が優勝したことをきっかけに、60周年を記念した特別限定モデルとなる「フェラーリ・599GTB 60F1」が中古市場に登場し注目されています。「フェラーリ・599」といえば最大の特徴はエンジンにあり、前作「フェラーリ・575Mマラネロ」用の改良型ではなく、「フェラーリ」社の創業55周年特別限定ハイパーカー、「エンツォフェラーリ」用エンジンをデチューンして搭載していることにあります。そのためにポテンシャルは、高速度は330km/h以上、0-100km/h加速は3.7秒です。また「フェラーリ・599」にはサーキット走行用の技術実験車として「599XX」が存在しますが、その「590XX」用エンジンをデチューンして搭載した最強の市販用「599」が「フェラーリ・599GTO」と「SAアペルタ」です。「599XX」の最高出力:730psほどではありませんが、最高出力:670psと「フェラーリ・エンツォ」用エンジンを上回るハイパワーエンジンを搭載するともに、「SAアベルタ」はロードスターモデルであるためボディ剛性は大幅に高められています。今回、中古車として登場している個体は、「599GTBフィオラノ」をベースにした特別モデルで、世界限定3台のみ製造された希少な一台となります。しかも、世界限定で販売された3台は全て仕様が異なっています。


「フェラーリ・599 GTB」:スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:4,710mm × 1,962mm × 1,326mm
  • ホイールベース:2,750mm
  • トレッド(F/R):1,690mm / 1,618mm
  • 車両重量:1,605kg
  • エンジン型式:F133E
  • エンジン形式:V型12気筒DOHC48バルブ
  • 排気量:5,999cc
  • 最高出力:670ps / 8,250rpm
  • 最大トルク:63.2kgm / 6,500rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:6AT
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤ(F/R):285/30R20 315/35R20
  • 最高速度:330km/hオーバー
  • 0-100km/h加速:3.7秒

「フェラーリ・599GTB 60F1」:3台仕様の違い

1台目は、1951年にホセ・フロイラン・ゴンザレス選手がイギリスGPで初勝利したときのマシンであるフェラーリ「375」に由来するスクーデリアレッドにペイントされた個体。
2台目は、2011年の第9戦となるシルバーストーンにて優勝し、フェラーリに60年目の勝利をもたらしたフェルナンド・アロンソ選手の「150イタリア」に由来する白いライン入りの個体(今回中古車市場にて登場したのが2台目)。
そして3台目が、「150イタリア」と同じも白いラインが控えめの個体となっています。


「フェラーリ・599GTB 60F1」:仕様・価格

外観としては、スクーデリア・フェラーリシールドやサテン仕上げのアルミ製フューエルキャップ、20インチのダイヤモンド仕上げの鍛造アルミホイールを装着します。

その他には、アルカンターラ仕上げのインテリアやAlutexをトリミングしたダッシュボード、ホセ・フロイラン・ゴンザレス選手とフェルナンド・アロンソ選手のサインも残されています。

なお、今回登場した「フェラーリ・599GTB 60F1」の中古車市場価格は約7,100万円となっています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。