【FD:RX-7】Bring A Trailer競売で価格高騰

この記事は4分で読めます

【FD:RX-7】Bring A Trailer競売で価格高騰

あわせて読みたい記事:【令和に残す平成の名車たち:1】スポーツカー編のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【RMオークション】高額落札のA80型スープラの価格・スペック

当時、日本国産車の中で際立ってエクステリアデザインが美しいとされたモデルが1991年10月に登場した、3代目モデルとなる「アンフィニ・RX-7(FD3S型)」でした。そして、この同年の6月にはフランスの『ル・マン24時間スポーツカーレース』でロータリーエンジンを搭載した伝説のレーシングマシン「マツダ・787B」が総合優勝を飾るという快挙を成し遂げました。『ル・マン24時間耐久レース』の優勝で、世界中から注目されていた「マツダ」社が開発したロータリーエンジン搭載の市販車「RX-7」は、スポーツカーの原点回帰を目指し、動力性能の向上だけでなく『ゼロ作戦』と呼ばれた徹底的な軽量化の結果、先代モデルから100kg以上の軽量化を実現していました。


「最強最高のコーナリングマシンへと進化」

さらにパワーユニットとなるエンジンもシーケンシャルツインターボを採用し、「13B型」ロータリーエンジンは、初期モデルで最高出力:255PSの仕様となっていました。この数値はクルマの重さを馬力で割ったパワーウェイトレシオは5kg弱というものでした。1989年発売の2.6リッターツインターボエンジン「RB26DETT」を搭載する日産「スカイラインGT-R(BNR32型)」や1990年に発売されたトヨタ「スープラ2.5GTツインターボ(JZA70型)」の280PSには数値では及ばないものの、『運転する楽しみの追求』をテーマに開発された「RX-7(FD3S型)」は、ドライバーが運転を楽しむことを最優先し「ピュアスポーツカー」として生まれ変わりました。

  • (出典:www.favcars.com)

記事の冒頭で述べたエクステリアデザインも、初代モデルや2代目モデルが『別のクルマに似ているのでは?(ポルシェ)』と噂されていたのに対し、「FD3S型」は『Beauty In The Beast(野獣の肢体の美しさの意)』というコンセプトを掲げていました。

  • (出典:www.favcars.com)

大きく張り出した前後フェンダーや室内高を確保しながら空気抵抗を減少させるために中央を凹ませたルーフなど運動性能を向上させるためのデザインであり、ロータリーエンジンのコンパクトさを活かす低いエンジンフードと相まって「唯一無二」のフォルムとなっていました。初代モデルから『スタイルは見るだけでワクワクする』と評価されていた「RX-7」シリーズは、2度のフルモデルチェンジにより「マツダ」のスポーツカーの完成形とも言われる最終モデルへと進化したのでした。

  • (出典:www.favcars.com)

1991年の販売開始後も「マツダ」は「RX-7」の開発を止めず、1996年のマイナーチェンジでは最高出力:265PSへパワーアップさせています。途中、「アンフィニ・RX-7」から「マツダ・RX-7」へと車名変更を受けた後、1999年のマイナーチェンジでは自主規制の最高出力:280PSに達し、2002年8月の販売終了までの11年間の間にグレードによってはパワーウェイトレシオ4.5kgにまで向上させています。ゆえにこの3代目モデルの「FD3S型」は最高最強のコーナリングマシンと呼ばれるモデルとなりました。


「マツダ・RX-7 スピリットR タイプA」:スペック

  • 型式:GF-FD3S
  • 全長×全幅×全高:4,285×1,760×1,230mm
  • ホイールベース:2,425mm
  • トレッド(F/R):1,460/1,460mm
  • 車両重量:1,270kg
  • エンジン型式:13B-REW
  • エンジン形式:水冷直列2ローターICツインターボ
  • 総排気量:1,308cc
  • 圧縮比:9,0
  • 最高出力:280ps(206kW)/6,500rpm
  • 最高トルク:32.0kg・m(314N・m)/5,000rpm
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキシステム(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤ(F/R):235/45ZR17 / 255/40ZR17

「FD3S型:RX-7・Touring」:オークション落札価格

マツダの名車であり、日本国産スポーツカー史上最高ともいわれるコーナリングマシン、「RX-7(FD3S型)」。その1994年式の「RX-7 Touring(ツーリング)」が、「Bring A Trailer」のオークションに登場し注目を集めたようです。まずは、その個体の状態です。

この「RX-7」は一人のオーナーによって約25年間所有された一台ということ。そして、基本的にはガレージにて保管されていたことから、錆びはほとんど無く、おまけにオイル&オイルフィルターも定期交換済み、最新のスパークプラグとバッテリー、そして燃料タンク内のガソリンも最新のものに入れ替えられている、ある意味新車レベルの個体と言われている個体です。

またボディカラーですが、ブラックのように見えるものの、実際はモンテゴブルーメタリックと呼ばれる特殊なカラーにてペイントされています。さらに「Touring」モデル特有のフォグランプやサンルーフ、リヤワイパーももちろん装備していますが、ディーラーオプションとしてリヤスポイラーが装着されているということです。

インテリアは、なめし革にて仕上げられた極上のスポーツシートで、保存状態と定期的なメンテナンスが良かったからなのか、汚れや色落ちは一切無し。フロアマットやオーディオ類もしっかりとメンテされており、納車前に装着されたBose Acoustic Waveサウンドシステムも完備されています。

そして、パワーユニットの状態は排気量1.3L シーケンシャルターボチャージャーロータリーエンジンを搭載し、最高出力255hp/6,500rpm、最大トルク294Nm/5,000rpmを発揮するスペックにトランスミッションは5速Tで、スリップディファレンシャルを介して後輪が動作する後輪駆動となっています。メンテナンスも十分で内外装の状態から、この「RX-7(FD3S型)」は、ノンレストアでありながらコンクールコンディションといえる状態です。

こうした状態ゆえに元々の予想落札価格は約560万円とされていましたが、1990年の日本国産スポーツカーの相場が一気に高騰していること、その中でも非常に珍しいカスタム一切無し、キズもほとんど無し、程度・エンジン良好の「RX-7」が出品されたことは奇跡的なことだったようです。そのために新車販売価格の3倍以上となる、約1,130万円にて落札されたということです。

RelatedPost


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。