【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ポルシェ911GT3RS

この記事は3分で読めます

【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ポルシェ911GT3RS

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMAX】劇中車R34GT-Rの価格・スペック

世界的な大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、なんと5,400億円を突破しているモンスター映画。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2020年1月31日に予告編が公開されると、24時間で5億回の再生回数を突破し世界的に次回作への期待と「ワイルドスピード」シリーズの人気の高さを示しました。毎回、世界的な名車、旧車のカスタムマシンが登場し多くのクルマファンを魅了している映画ですが、今回は「ワイルドスピードMEGAMAX」に登場した「ポルシェ911GT3RS」に注目です。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクのあらすじ・キャスト・車


「ワイルドスピード・メガマックス」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードシリーズ】ベストヒット映画興行収入ランキング

指名手配犯のドミニク(ヴィン・ディーゼル)と、彼を脱獄させた元FBI捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)。“お尋ね者”として追われる身となった彼らは、厳重に張り巡らされた捜査網といくつもの国境を越え、共に南米の地に降り立った。 ブラジルの裏社会に身を隠しながら、持ち前のドライビング・テクニックを生かし、超高級車の強奪など命がけのヤマをこなしていく2人。しかし彼らは、逃亡生活から抜け出し永遠の自由を得るために、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを奪うという、あまりにも無謀な最後の賭けに出る。難攻 N落の厳重なセキュリティを破り大金を盗みだすために、彼らは世界中に散らばる凄腕レーサーを招集。強烈な個性と超絶ドライビング・テクニックが交わるドリーム・チームを結成し、常識を覆す手口の大金強奪ミッションに挑む。しかしそんな彼らの計画の前に、FBI特別捜査官・ホブス(ザ・ロック)が立ちはだかる・・・。 果たして彼らは、激しい追跡の手から逃げ切る事が出来るのか―?そして最高難易度の強奪作戦を成功させ、永遠の自由を得ることが出来るのか―?


「ポルシェ911(996型)」:概要

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935カーボンボディ】軽量・ハイパワーの限定モデル

コードナンバー「996」型ポルシェ911は、世界屈指のピュアスポーツモデル。エンジンが空冷方式から水冷方式に変更され、「最新のポルシェこそ最良のポルシェ」という言葉に違わぬ革新的な進化がなされている。その水冷エンジンは、もちろん水平対向6気筒3.4L DOHCで300馬力を発生するノンターボ版と420馬力の3.6L DOHCツインターボ版の2種類をラインアップ。当然ながらエンジンはリヤオーバーハングに搭載され、後輪を駆動するRRとトルクスプリット4WDの2つの駆動方式が採用される。ボディタイプはノンターボモデルがクーペとカブリオレの2タイプで、ともに2つの駆動方式が設定される。一方、ターボモデルはクーペボディで4WDのみの設定。ミッションは6MTとセレクタレバーがDポジションのままでもシフトスイッチによるMT操作が可能となった5ATのティプトロニックS。安全機構としてデュアル&サイドエアバッグとABSを全車に標準で装備する。盗難防止機構としてイモビライザーが装着される。ノンターボでクーペボディの5ATはハンドル位置の選択が可能。残りはすべて左ハンドルのみ。


「ワイルドスピードMEGAMAX/劇中車両:ポルシェ911GT3RS」:スペック

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】ブラックバードのモデルの本物ポルシェターボ

「ワイルドスピード・メガマックス」に登場した「ポルシェ911GT3RS」。劇中では、ドミニクとブライアンが賭けレースで手に入れた車で防犯カメラ回避練習の車で登場。

ボディカラーは水色で横にGT3RSとペイントされています。

また劇中車として同じ車両が2台製作されています。そして、「ポルシェ911GT3RS」はレプリカ車両となっています。映画の中では「ポルシェ911GT3RS」モデルとして車両登場をしているので、外装は本来のシルバーからメキシコブルーに色替えを行いGT3RSデカールを貼り付けされております。

年式は1999年式。また、室内にはボディカラーと同じ色のロールバーが取り付けされております。

尚、エンジンは3.4リッターユニットを搭載。シフトは5速マニュアルモデルとなります。

量産型911から軽量化を図り、水平対向6気筒エンジンは3.4リットルから3.6リットルに排気量アップ、ルマンに参戦した「GT1」と部品を共用して370馬力を発揮する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。