「ワイルドスピード7」初期のオリジナル脚本のシナリオが明らかに

この記事は2分で読めます

「ワイルドスピード7」初期のオリジナル脚本のシナリオが明らかに

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクのあらすじ・キャスト・車

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】大ヒットシリーズが全10作品で終了する理由

「ワイルドスピード」シリーズの主人公は「ヴィン・ディーゼル」が演じるドミニク・トレット。これまで「ワイルドスピード」は彼とそのファミリーをメインに、毎回限界を超えるド派手なアクションと深い絆が描かれており、世界中のファンから愛され続けている。本作は2013年、もう1人の主人公で「ヴィン・ディーゼル」の親友、ブライアン・オコナー演じる「ポール・ウォーカー」をプライベートの事故で失った。

「ポール・ウォーカー」はシリーズ7作目の『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影終了直前にプライベートで起きた交通事故で亡くなるという悲劇に見舞われたのでした。そのため、「ワイルドスピード」ファミリーは大きな悲しみに包まれた。当時撮影クルーは悲しみに暮れ、4ヶ月もの間撮影を中止したのです。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード7】劇中車ラストシーンのチャージャーのスペック

その期間に、脚本は元のものから書き換えられることになりました。撮影が終わる前に自動車事故で他界した「ポール・ウォーカー」の残されたシーンは、CGや彼の弟たちの出演で補われることになりました。では、書き換えられる前のオリジナルの初期の「ワイルドスピードSKY MISSION」の脚本は、どのようなシナリオだったのでしょうか。


「ワイルドスピード7の初期のオリジナル脚本」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 制作初期設定でのメイン車種一覧と登場人物

この答えとして「ワイルドスピード」シリーズの脚本家である「クリス・モーガン」は、次のようにコメントしています。

「ストーリーに関しては、元の脚本とあまり変わりがなかった。唯一の違いは、(映画のストーリーでは)ブライアンとミアと家族を、 “普通の家族”にしてあげたこと。人生におけるアクション要素を捨て、大切な家族を危険に晒すことをやめるという結末になった。(ポールが生きていたら)ブライアンは新しい生き方を学び、(家族との生活に)合わせて変化していくというものになっただろう」と、両者の微妙な差をアメリカの「Collider」のインタビューで明かしています。

それでも、オリジナルの脚本とあまり変わりがなかったとはいえ、シナリオ自体のキャラクターとして「一般的な家族になるブライアン」と「そのまま車に乗りながらも家族と生きるブライアン」では大きな違いがあると言えます。

実際、「ワイルドスピード」シリーズの中で元々警官でその後ストリートレーサーになったブライアンは『ワイルド・スピード SKY MISSION』の劇中で普通の生活を送りながらも「車じゃなくて銃弾が恋しい」と葛藤していました。そしてそのどちらも選ぶというも、「ポール・ウォーカー」の事故死を経て、最終的に車も銃弾も捨て、家族と生きる人生を優先することになったというのがオリジナル脚本と違う部分でした。

この「ワイルドスピードSKY MISSION」は非常に感動的なラストシーンとなり「ワイルドスピード」シリーズの一つの最終回として受け止めているファンもいます。

では、なぜ続編が製作されたのか。そのことについては下記の記事をご覧下さい。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 スカイミッション後に続編が製作された理由

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 実はヴィン・ディーゼルは続編を断っていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。