【BMW・M1】ワイルドスピードのポール・ウォーカー愛車のスペック

この記事は3分で読めます

【BMW・M1】ワイルドスピードのポール・ウォーカー愛車のスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードX2】R34型スカイラインGT-R・スペック

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】愛車の1971年式のプリムス・バラクーダのスペック

あわせて読みたい記事:【宮迫博之】愛車のマスタング・コンバーチブルのスペック

大ヒット映画「ワイルドスピード」シリーズで主人公として活躍し、世界的に日本のスポーツモデル人気を広めた「ポール・ウォーカー」。彼の存在は大きく、彼の映画作品は現在でも多くのファンを魅了しています。今回は彼が所有していた愛車に注目が集まっています。「ポール・ウォーカー」は100台を超えるレアカーのコレクションを保有していたことでも知られ、今回はその中から「BMW M1」が販売されることが明らかになり注目されています。


「BMW・M1」:概要

あわせて読みたい記事:【ポルシェ935 JLP-2】2億円以上のスペックとレース経歴

「BMW M1」は生産期間わずか3年(1978-1981)であり、477台のみが製造された希少モデルです。しかも、「ミドシップレイアウト」を持つスーパーカーとしてデビューしました。実は、このモデルは車体の設計は「ランボルギーニ」社が担当していましたが、後に1978年4月に提携解消しています。また、デザインはジョルジエット・ジウジアーロが担当しているクルマで、「BMW」は「M1」開発のために大変、手をかけたモデルだったのです。それにもまして、ノーマル仕様のボディサイスである、全長:4,360mm、全幅:1,824mm、全高:1,140mmをさらに10台はワイド化している「M1 AHG Studie 」モデルなのです。ドライブトレインとなるエンジンは、ヨーロッパツーリングカー選手権用に開発された「M-88型」の排気量:3,453 cc 直列6気筒DOHCエンジンを搭載し、クーゲルフィッシャーの機械式インジェクションが組み合わされています。このユニットは長大でありその結果ホイールベースの延長という弊害をもたらしたものの、潤滑系統にドライサンプ方式を採用することによりエンジンの搭載位置を大幅に下げ、重心を低くすることを可能としました。そのためクランクシャフトの中心は地上から185 mmに設定されています。ポテンシャルに目を向けると圧縮比:9.0で最高出力:277ps / 6,500 rpmの公道仕様、圧縮比:11.5で最高出力:470ps / 9,000 rpmのグループ4仕様、そして排気量:3,153 ccに減じKKK製ターボを装備した最高出力:850ps / 9,000 rpmのグループ5仕様が存在しています。公道仕様の最高出力:277psモデルは、0-100km/h加速:5.6秒、最高速度:262km/hとなっています。車体はセミスペースフレームで、ボディ外板は(応力を受けないので)FRP製となり、車体重量:1,300kgと軽量に仕上がっています。


「BMW M1」:スペック

  • エンジン形式:直列6気筒
  • 排気量:3.453cc(グループ5:3.153cc)
  • 圧縮比:9.0(グループ4:11.5)
  • 最高出力:277ps / 6,500 rpm(ベースモデル)
  • 最高出力:470ps / 9,000 rpm(グループ4仕様)
  • 最高出力:850ps / 9,000 rpm(グループ5仕様)
  • 駆動方式:MR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンションシステム:ダブルウィッシュボーン
  • 全長 × 全幅 × 全高:4.300mm × 1.824mm × 1.140mm
  • ホイールベース:2,560mm
  • 車両重量:1,300kg

「BMW M1 PROCAR シルエット・フォーミュラ(グループ5)仕様」:ヒストリー

あわせて読みたい記事:【スカイライン スーパーシルエット】サーキットの軌跡・スペック

排気量を3,153 ccに縮小し、「KKK」社製ターボを装備した最高出力:850ps / 9,000 rpmのグループ5仕様が用意されました。シャシーはランボルギーニに開発から生産までが委託され、ジャンパオロ・ダラーラがデザインしたが生産計画が遅れに遅れ、外注先を変更したものの400台を生産して公認されたのは1980年の暮れとなりました。

翌1981年からの参戦が可能となったもののシルエットフォーミュラ(Gr.5)自体が衰退し、期待された活躍もできないまま悲運の名車となったというヒストリーがあります。


「ポール・ウォーカーのBMW・M1」:スペック

あわせて読みたい記事:【ポール・ウォーカー】 コブラFAMエディションCSX1010

「ポール・ウォーカー所有のM1」が市場に出てくるのは初のこと。しかも「BMW・M1」の希少価値と相まって相当な高値で落札されることになりそうです(現在、中古車売買サイトにて競売にかけられているが、1週間あまりを残して4000万円近い価格となっている)。

これまで公開されたコレクション、そして売却されたコレクションを見ると、さすがに「ポール・ウォーカー」だけあって世界に名だたるスポーツカーが勢揃いしていました。今回の個体は1980年製、そして走行距離は6,800キロの「BMW・M1」だと紹介されています。しかも珍しい「Mスポーツ」カラー仕様。インテリアはオリジナルの非常に綺麗な状態が保たれています。

通常モデルとは異なるフロントスポイラー、そしてリアウイングが装着されているものの、「BMW・M1」のワンメイクレース仕様「プロカー」ともちょっと異なるようです。オリジナルを重視したカスタムが施されているようでフロント、リアのスポイラーは大人しめ、フェンダーもノーマルフェンダーのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。