【ワイルドスピード】ジゼル役ガル・ガドットの人気映画ランキング

この記事は4分で読めます

【ワイルドスピード】ジゼル役ガル・ガドットの人気映画ランキング

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードシリーズ】ベストヒット映画興行収入ランキング

あわせて読みたい記事:【ヤンキー漫画映像化ランキング】ドラマ化、映画化して欲しい作品がズラリ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクのあらすじ・キャスト・車

世界的な大ヒットカーアクション映画「ワイルドスピード」シリーズやDCコミックスのヒーロー、「ワンダーウーマン」として知られ、2020年12月18日には新作映画『ワンダーウーマン1984』の日本公開も控えている「ガル・ガドット」。イスラエル出身で元軍人という異色の経歴を持つ彼女が活躍する映画を、アメリカの辛口批評サイト「Rotten Tomatoes」の観客スコアをもとに人気ランキングで紹介されています。下記がベスト10です。


第10位『ナイト&デイ』

スコア:49%

2010年に公開された映画『ナイト&デイ』が10位にランクインしたもにの、数字としては49%という微妙な結果。映画『LOGAN/ローガン』や『フォードvsフェラーリ』を手掛けた「ジェームズ・マンゴールド」が手掛けた本作は、「トム・クルーズ」と「キャメロン・ディアス」が再び共演するアクション・コメディです。「ガル・ガドット」は、「トム・クルーズ」が演じるCIAエージェントと密会する美女ナオミ役を務めています。

あわせて読みたい記事:【トップガン マーヴェリック】トム・クルーズがバイクで再現した名シーン


第9位『Kicking Out Shoshana』

スコア:60%

2014年に公開された『Kicking OutShoshana』はイスラエルのコメディ・スポーツ映画です。すでに映画『ワイルド・スピード』シリーズで活躍した「ガル・ガドット」は、この映画で初めて自身の出身国であるイスラエルで映画に出演した。本作は、保守的な街エルサレムを舞台に、イスラエルのサッカー選手である「アミ・ショーシャン」が、マフィアのボスから、犯罪者のガールフレンドといちゃついた罰として、同性愛者を装うことを強要され、選手やチームのファンから追放された後に、ゲイコミュニティのヒーローになるというストーリー。

あわせて読みたい記事:【バットホイールズ】主役はバットモービル/クレオパトラ主演はガル・ガドット


第8位『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

スコア:62%

「ガル・ガドット」が初めて「ワンダーウーマン」を演じた記念碑的作品の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は2016年公開の映画。「正義の味方」から「人類の脅威」となってしまったスーパーマンが、生身の人間のヒーローであるバットマンと拳を交えることになる。

あわせて読みたい記事:【ザ・バットマンThe Batman】新型バットモービルの仕様


第7位『シュガー・ラッシュ:オンライン』

スコア:65%

2018年に公開された映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』が第7位にランクイン。「ガル・ガドット」はレースゲーム「スローターレース」のカリスマレーサー、シャンクの声優を務めた。本作は、人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、アーケードゲームのキャラクターである悪役ラルフとレーサーの少女ヴァネロペの冒険と友情を描いた映画『シュガー・ラッシュ』の続編映画です。

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】山田裕貴(ドラケン)の愛車ゼファーの仕様


第6位『ワイルド・スピード MAX』

スコア:67%

街角のストリートレースから、徐々に世界規模の闘いに進化し始めた『ワイルド・スピード』シリーズ4作品目の『ワイルド・スピードMAX』は第6位です。ジゼル役を務めた「ガル・ガドット」にとって本作は、映画デビュー作品となった。本作は、主人公のドムとブライアンがある標的を追い、それぞれがマフィア主催の麻薬運びレースに参加するというストーリー。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】ジゼルの日産Z34型370Z


第5位『ジャスティス・リーグ』

スコア:71%

「ジャスティス・リーグ」は、DCコミックスのスーパーヒーローたちが作品の枠を超えてチームを結成する壮大なアクション映画です。バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグといったスーパーヒーローが一堂に会し、スーパーヴィランのステッペンウルフとその手下パラデーモンと戦う。「ガル・ガドット」は本作でもワンダーウーマンを好演しています。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・シリーズ】劇中車両の人気車種総合ランキング


第4位『ワイルド・スピード SKY MISSION』

スコア:82%

映画『ワイルド・スピード』シリーズ7作目の『ワイルド・スピードSKY MISSION』が第4位にランクイン。「ガル・ガドット」が演じるジゼルは前作で死亡したと言われ、本作では写真のみの出演した。本作は主人公のブライアン役を務めたポール・ウォーカーの遺作で映画の最後には「FOR PAUL(ポールに捧ぐ)」というメッセージが登場する。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・スカイミッション】登場車種カスタム内容一覧


第3位『ワイルド・スピード MEGA MAX』

スコア:83%

同じく『ワイルド・スピード』シリーズから「ドウェイン・ジョンソン」演じる警官ルーク・ホブスがシリーズに初登場したシリーズ5作目の『ワイルド・スピード MEGA MAX』が第3位に。本作では、「ガル・ガドット」演じるジゼルの恋人で大人気キャラクターのハンも大活躍する。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・メガマックス】 登場車種のカスタム内容一覧


第2位『ワイルド・スピード EURO MISSION』

スコア:84%

カーアクションはもちろん、銃撃戦や格闘にも力が入っている、『ワイルド・スピード』シリーズ6作目の『ワイルド・スピードEURO MISSION』が第2位となっています。「ガル・ガドット」が演じるジゼルはかつて麻薬組織の一員だった女性で、超一流のドライバー達にひけをとらない実力者。元軍人であるため銃火器に精通している。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・ユーロミッション】登場車種カスタム内容一覧


第1位『ワンダーウーマン』

スコア:85%

「ガル・ガドット」の代表作と言っても過言ではない『ワンダーウーマン』がみごと第1位となりました。2017年に公開された本作は、「ガル・ガドット」が演じるダイアナ・プリンスことワンダーウーマンの初の単独映画で、映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で初登場したワンダーウーマンの第一次世界大戦中の活躍を描いています。

あわせて読みたい記事:【ガル・ガドット】ワンダーウーマンのギャラが前作から驚きの昇給


「ガル・ガドットの役立った経験とは」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】ポール・ウォーカー代役で相応しい俳優が決定

「ガル・ガドット」はイスラエル出身で、兵役義務がある同国の法律に従って、18歳から2年間イスラエル国防軍の戦闘トレーナーをしていたことがあり、その時の経験がヒーローを演じるにあたって非常に役立ったと、アメリカのPeopleに明かしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。