【ワイルドスピード】ハン役サン・カンが明かすシリーズ最高の車とは

この記事は4分で読めます

【ワイルドスピード】ハン役サン・カンが明かすシリーズ最高の車とは

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】映画に登場する車種リスト一覧

あわせて読みたい記事:【澤井杏奈】F9ワイスピジェットブレイクの日本人女優の過去経歴

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、なんと5,400億円を突破しているモンスター映画。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2020年1月31日に予告編が公開されると、24時間で5億回の再生回数を突破し世界的に次回作への期待と「ワイルドスピード」シリーズの人気の高さを示しました。今回は、「F9ワイルドスピード/ジェットブレイク」で「ハン」が復活し話題となっていましたが、キャラクターの愛車も注目されました。今回は、「F9ワイルドスピード/ジェットブレイク」で復活した「ハン」役を演じている「サン・カン」さんが「ワイルドスピード」シリーズの中で最高の車とコメントした車に注目です。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】シリーズ中で27億円も投じられたワンシーン

世界的大ヒットとなっている「ワイルドスピード」シリーズの最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』のあらすじとは?

舞台は前作『ワイルド・スピード アイスブレイク』の5年後という設定。ドミニクは以前交際していたエレナとの間にできた息子ブライアンの良き父となるために、レティと共に平和な毎日を過ごしていた。ところがある日、何者かによってブライアンが誘拐される…。誘拐犯を追った先で見つけたのは、ドミニクの実弟ジェイコブ。彼はなんと、過去の敵であったサイファーの部下となっていた。自身の兄を越えるため、ドミニクの仲間に攻撃し始めるジェイコブ。自分の本当の家族との再会に動揺を隠せないドミニク。しかしドミニクは、苦楽を共にしてきたファミリーが危険にさらされることに憤慨し、実弟との戦闘に踏み切る!というあらすじとなっています。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:キャスト

あわせて読みたい記事:【F9ジェットブレイク】登場車種チャージャーHellacious

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」には、主人公の「ヴィン・ディーゼル」が演じるドミニク・トレットはもちろん、ローマン・ピアース役の「タイリース・ギブソン」、レティ・オルティス役の「ミシェル・ロドリゲス」、ミア・トレット役の「ジョーダナ・ブリュースター」、サイファー役の「シャーリーズ・セロン」、ラムジー役の「ナタリー・エマニュエル」、テズ・パーカー役の「クリス・“リュダクリス”・ブリッジス」といったレギュラーメンバーが続投しています。さらに、「ジョン・シナ」がドミニクの弟役ジェイコブ・トレットとして参加することに。また、アーティストの「カーディ・B」も出演しているという豪華キャスト陣となっています。しかし、ルーク・ホブス演じる「ドウェイン・ジョンソン」と「デッカード・ショウ」演じるジェイソン・ステイサムは、今回の「ワイルドスピード/ジェットブレイク」には参加していません。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ホブスとショウが出演しない理由が明らかに

また「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」で最も人々を驚かせたのは、2006年に公開されたシリーズ3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』で命を落としたと思われていたキャラクター、ハンのカムバック。


「ハン役サン・カンがワイスピシリーズで1番好きな車」

あわせて読みたい記事:【S30Z FuguZ】 ワイルドスピードの「サン・カン」仕様

2021年8月6日に日本でも公開となった「ワイルドスピード」シリーズ9作目の「ワイルドスピード/ジェットブレイク」。本作では、死んだと思われていた「ハン(サン・カン)」の復活が大きな注目ポイントとなっています。「ワイルドスピード」シリーズを振り返るとハンは、2006年公開のシリーズ3作目「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」で主人公の「ショーン・ボズウェル」の師匠的立場で初登場し、その後「ワイルドスピード/ジェットブレイク」を含めて、シリーズ6作品に登場する人気キャラクターとなりました。そのハンを演じる「サン・カン」さんですが、実は自身も大の車好きとして知られており、世界最大規模の自動車パーツ見本市のSEMAショーに複数回出展したこともあるほどのカーマニア。

その「サン・カン」が「ワイルドスピード」シリーズの中でもとくに思い入れのある車があるということをアメリカの「Hollywood Reporter」のインタビューで明らかにしました。「『ワイルドスピード MEGA MAX』の1972年モデルの「フォード マーベリック」だね。あの車は僕をブラジルやブラジルのファンと繋いでくれた。なぜなら、僕はあの車を作り直したから。(現実に)別のマーベリックを買って、完全にレストアしたものを作ったんだ。映画のなかの自分のキャラクターがしそうなことを、実際に自分がするようにインスパイアされたのは初めてだったよ。それによって、あの特別な車を好きなコミュニティと繋がることができた。内側も外側も理解してる。あれはブラジルの最高の部分、ブラジルの車コミュニティの最高の部分を表現してるし、ブラジルとは何なのかの内側を見せてくれた」とコメントしています。「ワイルドスピード」シリーズ5作目「ワイルドスピード MEGA MAX」の舞台であるブラジルについて、車を通して知ることができたことが、1972年モデルの「フォード マーベリック」が彼にとって特別な車となった理由だと話す。

さらに続けて、「そして、それがジャンク品に見えるからって物事を表面で判断すべきじゃない。あの車を知ってる人にとっては、あれはフェラーリよりも重要なんだ。なぜなら、あれはその人たちの子供時代の一部だから。あれはその人たちの車のDNAの一部なんだ」と、「フォード マーベリック」がかつてブラジルで製造されていた歴史にも触れ、敬意を示した。そして最後に「サン・カン」さんは、「ワイルド・スピード」は車の世界において重要な作品であるとし、ファンのためにも真剣に車に向き合っていると熱く語った。「それこそが、僕が車に関することを本当に真剣に捉えている理由だよ。車の映画に出ている、運転の仕方も知らない俳優にはなりたくない。僕たちのファンはすごくサポートしてくれているから、少なくとも僕ができることは、そのキャラクターがしていることについて自分で学ぶこと。それに、いずれにせよ僕は車が大好きだからね。僕個人の趣味でもある。一石二鳥さ」とコメントしています。

カーマニアとして知られる「サン・カン」さんならではの「ワイルドスピード」シリーズ中ナンバー1チョイスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。