【ワイルドスピード】ハンの設定変更のために映画が製作されていた

この記事は3分で読めます

【ワイルドスピード】ハンの設定変更のために映画が製作されていた

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードシリーズ】ベストヒット映画興行収入ランキング

あわせて読みたい記事:【佐藤健】映画8年越しの花嫁/劇中車の土屋太鳳との愛車AE86

あわせて読みたい記事:【伊藤健太郎】愛車は旧車の理由と歴代彼女と山本舞香との交際状況

世界的な大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、なんと5,400億円を突破しているモンスター映画。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2020年1月31日に予告編が公開されると、24時間で5億回の再生回数を突破し世界的に次回作への期待と「ワイルドスピード」シリーズの人気の高さを示しました。今回は、シリーズ中でも人気のキャラクターである「ハン」について注目です。


「初期のハンのキャラクター設定の真実とは」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジャスティン・リンがハンの復活を理由語る

大人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズに登場する「ハン」。シリーズ中でも人気のあるキャラクターですが、実は、もともと人種も名前も異なった設定のキャラクターだったようです。そんな彼の出演には、監督である「ジャスティン・リン」氏の努力が隠されていました。

「ハン」を演じる「サン・カン」氏は、アメリカ出身の俳優で、ドラマ『フェリシティの青春』や映画『パール・ハーバー』など様々な作品に出演している。「ハン」役としては、2006年に公開されたシリーズ3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』から『ワイスピ』シリーズに参加(『ワイルド・スピード』シリーズは制作された順番と時系列が異なっている。『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』で登場したハンは同作で命を落とすが、時系列では『TOKYO DRIFT』はシリーズ6作目の『ワイルド・スピードEURO MISSION』のあとの出来事。よって、シリーズ4作目『ワイルド・スピードMAX』とシリーズ5作目『ワイルド・スピードMEGAMAX』、シリーズ6作目の『ワイルド・スピードEURO MISSION』でハンは健在)。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードTokyoDrift】登場車種カスタム内容一覧

映画「ワイルドスピード」シリーズでの「ハン」はアジア系アメリカ人で、若いレーサーたちにとっては兄貴のような存在として登場。ところが脚本の段階で「ハン」は、「フェニックス」という名のアフリカ系アメリカ人という設定だったと、「サン・カン」氏はアメリカ「Mandatory」に語っています。

「ワイルドスピードTOKYO DRIFT」の制作が始まると、劇中に登場する「トゥインキー」というキャラクターが「バウ・ワウ」氏によって演じられることが決定。そのころから監督の「ジャスティン・リン」氏は「他の人に尊敬されていて、陰気だけれど好感の持てるアジア系アメリカ人のキャラクター」を入れたいと考え始めたそうです。ところが映画スタジオであるアメリカの「ユニバーサル・ピクチャーズ」社はこのアイデアに関心がなく、「ジャスティン・リン」監督は熱心に説得しなければならなかったようです。


「ハンのキャラクター設定のための映画」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】TOKYO DRIFT撮影後に監督が逮捕の事実

「ジャスティン・リン」監督は「ワイルドスピード」シリーズにアジア系アメリカ人のキャラクターを入れるため、ある一本の映画を用意したというのです。その作品は、日本未公開の映画『ベター・ラック・トゥモロー(Better Luck Tomorrow)』という映画。2002年に「ジャスティン・リン」監督によって作られた本作は、アメリカで優等生として何一つ不自由のない生活を送りながらも、アジア系アメリカ人という人種が抱える差別のために、どこか満たされない生活を送っている若者たちの群像劇です。実際にオレンジ郡で発生した殺人事件をもとにした、鋭い社会風刺の効いた作品でもありました。その『ベター・ラック・トゥモロー(Better Luck Tomorrow)』でメインキャストを演じていたのが、実は「サン・カン」氏で、その役名はなんと「ワイルドスピード」の「ハン」と同姓同名の「ハン・ルー」だったのです。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 制作初期設定でのメイン車種一覧と登場人物

実は、「ワイルドスピード」シリーズの「ハン」は、『ベター・ラック・トゥモロー』のハンをもとに作りあげられたキャラクターだったのです。「ジャスティン・リン」監督は、アメリカの批評サイト「Rotten Tomatoes」で81%のスコアを取得しているこの映画『ベター・ラック・トゥモロー』を配給会社の重役たちに見せて「ハン」の魅力をアピールした結果、見事に「ユニバーサル・ピクチャーズ」社の説得に成功し、フェニックスというアフリカ系のキャラクターを、「ハン」というアジア系のキャラクターに変更できたという経緯があったのでした。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクのあらすじ・キャスト・車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。