【ワイルドスピード8】劇中車両フォード・フェアレーンのスペック

この記事は3分で読めます

【ワイルドスピード8】劇中車両フォード・フェアレーンのスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】スピンオフ含めたシリーズ人気ランキング公開

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車両ラリーファイターのスペック・価格

これまで多くの名車、旧車、スーパーカーが登場するだけでなく、その多くの劇中車両がカスタマイズされカーアクションを繰り広げることでファンを魅了してきた「ワイルドスピード」シリーズ。今回は「ワイルドスピード・ICE BREAK」で劇中車両として使用された「フォード・フェアレーン・クラウン・ヴィクトリア」に注目です。


「ワイルドスピード・ICE BREAK」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 実はヴィン・ディーゼルは続編を断っていた

「ワイルドスピード(The Fast and the Furious)」シリーズは、2001年に第一作が公開された、ストリート・レーシングをテーマとしたカーアクション映画。これまで世界的な大ヒットを遂げてきましたが、今回は映画「ワイルド スピード・ICE BREAK」についてです。あらすじとしては、誰よりも仲間を愛し大切にしてきた「ドミニク(ヴィン・ディーゼル)」の裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。しかし、彼の行動には謎の「サイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)」が関与していることがわかり、「レティ(ミシェル・ロドリゲス)」や「ローマン(タイリース・ギブソン)」らはドミニクを取り戻すため、最大の敵「デッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)」と手を組むことにするものの、どのようになっていくのかというのが流れです。


「フォード・フェアレーン クラウン ヴィクリア」:概要

あわせて読みたい記事:【フォードvsフェラーリ】劇中車両のフォードGT40のスペック

アメリカを代表する自動車メーカー、フォードの1956年製造のフォード フェアレーン クラウン ヴィクリアです。フォード フェアレーンは、1955年から1970年まで北米で生産された、フォード車。

フェアレーンの名前は、ヘンリー・フォードが所有していた土地名から付けられています。1955年サンダーバードと一緒に発表されたフェアレーンは、フォードのラインナップに高級なスタイルを持ち込んでいます。フェアレーンは、最初はフルサイズの大型車として製造されましたが、1962年モデルから中型車となりました。フォードはハードトップ クーペをヴィクトリアと称していました。フェアレーン クラウン ヴィクトリアはフェアレーンの高級クーペ仕様で1953年に発表したコンセプトカー「X-100」のイメージを取り入れています。この車の特徴はトップの形状で、ルーフの前半は透明プラスチックかスチールが選択できました。透明プラスチックのルーフは既にこの時代から実用化されていたのです。202 bhp、OHV V-8エンジンです。3速のマニュアルトランスミッション。


「ワイルドスピード・アイスブレイク劇中車両:フォード・フェアレーン」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】劇中車シボレー・フリートラインのスペック

「ワイルドスピード8」の中でドミニクが乗る「シボレー・フリートライン」のドラッグレース仕様とバトルするシーンで登場したのが、「フォード・フェアレーン・クラウン・ヴィクトリア」のカスタムマシン。

ドライバーはラルド。ボディカラーは艶消しブラック。エンジンはフォード製ビッグブロック428コブラジェットエンジン。トップローダー製4速トランスミッション。

ブレーキはウィルウッド製。ホイールはAristo17×9 Front, 17×10 Rear。

タイヤはToyo225/60r17 Front, 235/55r17 Rearを装着。

1956 Ford Fairlane

Driven By: Raldo, or  Celestino Cornielle

POWER:428 COBRAJET BIG BLOCK FORD

DRIVETRAIN: Toploader 4-speed transmission,9” rear differential with 4.11 gears

BRAKE SYSTEM: Wilwood

INTERIOR:Kirkey Race seat,Cuba-built roll cage

EXTERIOR:Flat black

WHEELS:Aristo17×9 Front, 17×10 Rear

TYRES:Toyo225/60r17 Front, 235/55r17 Rear

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。