【ワイルドスピード】キャスト2人が映画のために取得した免許とは

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード】キャスト2人が映画のために取得した免許とは

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・ユーロミッション】登場車種カスタム内容一覧

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 制作初期設定でのメイン車種一覧と登場人物

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ホブスとショウが出演しない理由が明らかに

世界的な大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本では『ワイスピ』という略称で親しまれている。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作となる『ワイルド・スピード /ジェットブレイク』が公開予定もあり期待が高まっています。『ワイルドスピード / ジェットブレイク』の予告編は、公開後24時間でなんと累計5億回の再生数を突破して衰えぬ人気ぶりを世界に示しました。今回は、カーアクションが人気の「ワイルドスピードのシリーズ」において主要キャストの映画に対する意気込みが分かる出来事を紹介。


「メインキャストの映画に対する意気込み」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクのあらすじ・キャスト・車

2001年から続く大人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズは、ド派手なカーレースと常に限界を超えるアクションシーンが人気の作品。しかし、そんな本作の主要キャストには、撮影直前まで車の運転免許を持っていない主要キャストが2人いたということです。この映画を知るファンならば『ワイスピ』にとって車はなくてはならない存在ということは明らか。キャストには車好きも多く、シリーズ7作目の『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影終了直前にプライベートで起きた交通事故で亡くなってしまった「ポール・ウォーカー」も、カーショップを経営するほどの車マニアで、もちろん主演の「ヴィン・ディーゼル」も車好き。そんな本作の撮影前に運転免許を持っていなかった主要キャストとは、「ヴィン・ディーゼル」演じる主人公ドムの恋人レティ役を務めた「ミシェル・ロドリゲス」と、ポール演じるブライアンの妻でドムの妹でもある「ミア・トレット」役を務めた「ジョーダナ・ブリュースター」の2名でした。『ワイルド・スピード』のメインキャストである2人が、本作出演をきっかけに免許を取得していたとは衝撃的な事実です。

「ミシェル・ロドリゲス」は映画の中では「腕のいいドライバー」として登場し、「ゼロヨン」のレースも披露してくれる。けれども、撮影前には運転免許を持っておらず、映画のためになんとか免許取得。ところが、免許を取ってすぐの実戦が『ワイスピ』シリーズだったため、日常生活では逆にスピード違反を連発してしまったと、アメリカで人気のトーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』に出演した際に明かしていた。
あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車レティのS14型240SXのスペック

また、免許を持っていなかった「ジョーダナ・ブリュースター」も当時住んでいたニューヨーク市で免許を取らなければならなかったということです。アメリカのVH1いわく、彼女はこの運転免許のテストに一発合格しなければ、保険の関係で、『ワイスピ』シリーズに出演できなかったそうです。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車両のミアのホンダNSX

シリーズスタート当初は若葉マークなドライバーだったにもかかわらず、映画の中の2人の運転テクニックは素晴らしいもの。是非、初代『ワイルド・スピード』を見る際には、ミアとレティの運転にも注目してみるのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。