【ワイルドスピード10】メドウ・ウォーカーなど新キャストが参加

この記事は3分で読めます

【ワイルドスピード10】メドウ・ウォーカーなど新キャストが参加

あわせて読みたい記事:【F9ワイスピジェットブレイク】ラストシーンと次回作がネタバレ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9/ジェットブレイク】ポールと出演者の子供が参加

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

世界的な大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本では『ワイスピ』という略称で親しまれている。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作となる『ワイルド・スピード /ジェットブレイク』が公開予定もあり期待が高まっています。『ワイルドスピード / ジェットブレイク』の予告編は、公開後24時間でなんと累計5億回の再生数を突破して衰えぬ人気ぶりを世界に示しましたそして遂に8月6日に待望の全国ロードショーとなる映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、ワイスピシリーズ9作目でさらに、シリーズは11作目で完結することが決まっており、10作目と11作目は2部作になることから、完結編の前の重要な作品として『ジェットブレイク』への注目度は高くなっています。


「ワイルドスピードシリーズに新たなキャストが参加?」

あわせて読みたい記事:【ワイスピ9ジェットブレイク】新キャラ登場にポール・ウォーカーが関係

「ワイルド・スピードシリーズ」には出演を熱望する俳優は少なくないようで、シリーズに出演し、制作にも携わる「ヴィン・ディーゼル」は「(シリーズが始まった)20年前には考えられなかったことだけど、不思議なことに今では、オスカーを獲得した役者たちからも作品に出たいという要望があるんだよ。奇妙だよね」と、映画界最高峰と言われるアカデミー賞の受賞俳優たちからも『ワイスピ』に“出たい!”とラブコールが相次いでいることを米人気トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』でコメントしています。実際のところ多くの場合は出演を断ることが多いが、どうしても出演を断るのが難しい2人がいるようなのです。その2人とは、「ワイルド・スピードシリーズ」の1作目からメインキャラクターのブライアン・オコナーを演じていた俳優の「ポール・ウォーカー」の娘である「メドウ・ウォーカー」と、「ヴィン・ディーゼル」の自身の娘である「ポーリン・ディーゼル」にようです。2人とも「ワイルド・スピードシリーズ」への出演に興味津々のようです。実際「ヴィン・ディーゼル」は「この映画に出たいと言っていて、本当に断るのが難しい人が2人いるんだ。1人はパブロ(※ポールの愛称)の娘だ。そしてもう1人は僕の娘。娘のポーリンは若いドムを演じたいと言っている」とExtraでコメントしています。「ポーリン・ディーゼル」に関しては「ワイルド・スピードシリーズ」への出演のウワサはまだないものの、「メドウ・ウォーカー」について「『ワイルド・スピード10』の秘密をすべて話すわけにはいかないが、何も除外しないとだけ言っておくよ」と「ヴィン・ディーゼル」がアメリカのE!Newsに語っていたため、「メドウ・ウォーカー」が「ワイルド・スピードシリーズ」に出演する可能性はあるようです。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】シリーズ中で27億円も投じられたワンシーン

世界的大ヒットとなっている「ワイルドスピード」シリーズの最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』のあらすじとは?

舞台は前作『ワイルド・スピード アイスブレイク』の5年後という設定。ドミニクは以前交際していたエレナとの間にできた息子ブライアンの良き父となるために、レティと共に平和な毎日を過ごしていた。ところがある日、何者かによってブライアンが誘拐される…。誘拐犯を追った先で見つけたのは、ドミニクの実弟ジェイコブ。彼はなんと、過去の敵であったサイファーの部下となっていた。自身の兄を越えるため、ドミニクの仲間に攻撃し始めるジェイコブ。自分の本当の家族との再会に動揺を隠せないドミニク。しかしドミニクは、苦楽を共にしてきたファミリーが危険にさらされることに憤慨し、実弟との戦闘に踏み切る!というあらすじとなっています。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:キャスト

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】シリーズ中で高額な車のランキングトップ10

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」には、主人公の「ヴィン・ディーゼル」が演じるドミニク・トレットはもちろん、ローマン・ピアース役の「タイリース・ギブソン」、レティ・オルティス役の「ミシェル・ロドリゲス」、ミア・トレット役の「ジョーダナ・ブリュースター」、サイファー役の「シャーリーズ・セロン」、ラムジー役の「ナタリー・エマニュエル」、テズ・パーカー役の「クリス・“リュダクリス”・ブリッジス」といったレギュラーメンバーが続投しています。さらに、「ジョン・シナ」がドミニクの弟役ジェイコブ・トレットとして参加することに。また、アーティストの「カーディ・B」も出演しているという豪華キャスト陣となっています。しかし、ルーク・ホブス演じる「ドウェイン・ジョンソン」と「デッカード・ショウ」演じるジェイソン・ステイサムは、今回の「ワイルドスピード/ジェットブレイク」には参加していません。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ホブスとショウが出演しない理由が明らかに

また「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」で最も人々を驚かせたのは、2006年に公開されたシリーズ3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』で命を落としたと思われていたキャラクター、ハンのカムバック。

予告編で何事もなかったかのようにファミリーの基地を訪ねてくるハンの姿に、ファンは大歓喜しました。ハンの生存がわかった日、何者かがすぐさまハンを演じる俳優「サン・カン」の英語版のウィキペディアを改変して、「サン・カンは死から逃れられるアメリカ人俳優。映画『ワイルド・スピード』シリーズの不死身の男、ハン役として知られている」と記述。 ハンだけでなく、ハンを演じる「サン・カン」まで不死身とするかのような書き方に変えられた。もちろんその後修正されました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。