【ワイルドスピード3】劇中車のモリモトZ(Z33型)のスペック

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード3】劇中車のモリモトZ(Z33型)のスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【マツダ・RX-7フォーチュン】ワイルドスピード仕様のスペック

様々な世界の名車やスーパースポーツが登場し、派手なカーアクションで人気の映画「ワイルドスピード」は、振り返ると当初は、日本メーカーのスポーツカーが派手なチューニングに施したマシンがカーチェイスを繰り広げていました。そして、シリーズも第3弾となる映画「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」では、「日産:フェアレディZ(Z33型)」も登場。「モリモトZ」と呼ばれる、ゴールドのボディカラーがインパクトある個体でした。今回はは、劇中車両の「モリモトZ」に注目。


「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】劇中車S15シルビア・モナリザのスペック

アリゾナに暮らす、車だけが生きがいの高校生ショーン・ボズウェルは、ジョックの挑発により行ったストリート・レースの末に大事故を起こし警察に補導されてしまう。ショーンはこれまでにも2度同じような騒ぎを起こして補導されており、ついに今回の一件で母親に愛想を尽かされ、東京の米軍基地に勤務する軍人の父の下で暮らすことになった。ショーンは「カーレースをしない」というルールを定められ、日本の高校に転校。しかし転校先の高校で同級生のトゥインキーに誘われ、夜の街での立体駐車場で行われるドリフト・バトル、そして「D.K.(ドリフト・キング)」の名を持つタカシの存在を知り、ドリフトの心得が無いにもかかわらず、タカシの仲間であるハンから日産・シルビアを借りて挑むも、車をボロボロにした挙句に惨敗してしまう。しかしハンは、ショーンにドリフトの才能があると見抜き、タカシを倒して下克上を果たすという目的を達成するため、直々に稽古をつけ始める。ショーンはそれに応えてめきめきと腕を上げてタカシとのレースに備える。


「ワイルドスピード3 tokyo drift/Z33改モリモト仕様」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】劇中車両のR33GT-Rのスペック・価格

映画「ワイルドスピードX3東京ドリフト」に登場するモリモトの愛車として登場。2006年式Z33日産350Z。

掲載車は映画のスタント用ではなくスクリーンショット等で使用された車両です。また、映画以外にもプレイステーション及びX-BOX用で発売されたゲームにも使用されたそうです。

Z33改モリモト仕様のカスタム箇所。エクステリアデザイン:トップシークレット製ワイドボディキット。インテリアは、室内レカロシートなど。またマグナフロー製エキゾースト、NOSシステム等のカスタムが行われております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。