【ワイルドスピード8】劇中車アイスチャージャーのスペック・価格

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード8】劇中車アイスチャージャーのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【令和に残す平成の名車たち:1】スポーツカー編のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【日本モータースポーツ】伝説を残したレーシングマシンを振り返る

世界中のカーアクション映画ファンを魅了し続ける「ワイルドスピード」シリーズですが、その第8作目となるのが『ワイルド・スピード ICE BREAK(ワイルド・スピード アイス・ブレイク、原題:『The Fate of the Furious』、別題:Fast & Furious 8』で、2017年に公開されました。この『ワイルド・スピードシリーズ』の第8作目というのは、強固な絆で結ばれていた“ファミリー”が、ドミニクの裏切りでバラバラになっていくさまが描かれています。ストーリーはもちろんですが、クルマ好きにとっては、劇中に登場する車たちに目が奪われます。今回の目玉となっていた一台に「ダッジ・チャージャー」のフルカスタムマシンを挙げることが出来るでしょう。


「劇中車両:ダッジ・チャージャー」

エクステリアデザインとしてボディカラーは黒。1968年式チャージャーを改造したもので、防弾ガラス製でオーバーフェンダー装着、リアトランクに電磁パルス砲とジェットタービンを搭載しています。「ドミニク」がロシアでの任務で搭乗、劇中では搭載機能を駆使して敵を薙ぎ倒したり潜水艦を起動させたりしていました。最後は熱誘導ミサイルをおびき寄せるためにジェットタービンを起動させたうえで潜水艦の方に向かった後に横転、大破していました。なお、期間限定で日本各地で撮影に用いられた個体が展示されていました。


「劇中車両:ワイルドスピード・ダッジ・アイスチャージャー」:スペック・価格

劇中車両として使用された「ダッジ・チャージャー」ですが、中古車として販売されています。

劇中車両のアイスチャージャーのエクステリアデザインは迫力があります。

上方から見てもボディから張り出すほどのオーバーフェンダー。

ヘッドライトの上部にセットされているのが、ウインカー。

ワイルドなカスタマイズが施されたフロントウインドウ。

ブレーキシステムもセットアップされています。

リアのトランクにはジェットエンジンを搭載。

シングルシート仕様となったインテリア。

リアシートはカットされ、ロールケージが張り巡らされた状態です。

変更されたデジタルメーター。

下記の内容がスペック、販売価格となっています。

  • 自動車基本情報:
  • メーカー名:ダッジ
  • 車種名:チャージャー
  • エンジン:LS3
  • 排気量:6,200 cc
  • 年式:平成31年 (2019年) 1月
  • 輸入車モデル年式 :昭和43年 (1968年)
  • 走行距離:?km
  • 映画オリジナル色:ガンメタリック
  • カスタム内容:エンジンスワップ、AWD、HRE WHEELS、MAGNAFLOWワンオフマフラー、WILWOODブレーキシステム、ヘッドライト(Hi/Low切り替え)、ウインカー、バックランプのセットアップ、スパルコ製バケットシート、追加メーター、フルロールケージ、RACEPACKメーター…etc。
  • 販売価格:29,800,000円~ASK
  • ショップ名:アメ車専門店KG BASE
  • 住所:〒486-0968愛知県春日井市味美町1-55-1 A棟
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。