【ワイルドスピード9】劇中車両として登場するトヨタGRスープラ

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード9】劇中車両として登場するトヨタGRスープラ

あわせて読みたい記事:【映画ブリット】マックイーン車マスタングGT390の価格・経緯

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【MAD MAX】マッドマックスの車インターセプターのスペック

大人気カーアクション映画「ワイルドスピード(Fast and Furious)」シリーズ。映画の初期では、多くの日本国産のスポーツモデルが登場していましたが、その中でも代表的な車がブライアン・オコナ―(故ポール・ウォーカー)がドライブした「トヨタ・スープラ(A80型)」でした。


「トヨタ・スープラの登場」

あわせて読みたい記事:【A80型スープラ】映画ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

今となっては1990年代の旧車となりましたが、今回の情報では後継モデルとなるトヨタ・新型「GRスープラ(Toyota Supra)」が次回作となる「ワイルドスピード(Fast and Furious)9」において、登場することがわかりました。ちなみにシリーズ1作目でのストーリーとしては、ドラッグレースに負けたブライアン(故ポール・ウォーカー)がドミニク(ヴィン・ディーゼル)に譲るつもりだった「三菱・エクリプス」が爆破されたため、代わりに用意したスクラップ同然だった車が「トヨタ・スープラ」でした。スクラップ時は「2JZ-GE(NA)」エンジンでしたが、ターボチューン化され、ドミニクの工場で修理しさまざまなチューニングパーツを日本から取寄せ、完成させていきます。完成させた直後に試乗し、ストリートで「フェラーリ・F355GTS」をぶっちぎるパフォーマンスをみせました。実際「ワイルドスピード」の撮影のためにレプリカが5台製作されたといわれています。


「ワイルドスピード9における復活」

次回作の映画撮影中のところが公開された今回のショット、画像で見てもお分かりの通り、「ワイルドスピード」の1作目にて登場した故ポール・ウォーカー氏演じるブライアン・オコナ―が運転していたオレンジカラーの「80スープラ」がベースになっているようです。足元のホイールはもちろんのこと、もしかすると足回りやマフラー、車内のロールケージ、エンジンなども映画仕様で改造されている可能性があるかもしれません。なお、映画において登場した「80スープラ」には、2JZ-GEの排気量3.0L 直列6気筒エンジンを搭載し、ホーリー・パフォーマンス・プロダクツのナイトラス・オキサイドが2本装備されていますが、今回の新型でも同様のエンジン且つ同じカスタムで是非とも復活してほしいところです。ちなみにシリーズ1作目の「トヨタ・スープラ(A80型)」のカスタム内容としてはエンジンは直列6気筒DOHC 3,000ccの「2JZ-GE:220馬力」、また映画と同様に、「ホーリー・パフォーマンス・プロダクツ」のナイトラス・オキサイド(Nos)が2本装備されているが、エンジンにはつながっていないということです。劇中車のモデルとなった「スープラ」は、エンジンがシングルターボ(最高出力:700ps仕様)を搭載、NOS.:ナイトロオキサイドシステム 100ps分も装着しています。また上の画像にもある通り、オレンジカラーの新型「スープラ」が複数台準備されていることから、過激な破壊シーン等も公開されるかもしれませんし、本映画の主役として登場することも期待できるかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。