【IDバギー・コンセプト】フォルクスワーゲンがEVでバギー復活

この記事は2分で読めます

【IDバギー・コンセプト】フォルクスワーゲンがEVでバギー復活

あわせて読みたい記事:【フォルクスワーゲン】ジュネーブショー2019でEVバギー発表

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

あわせて読みたい記事:【日本の旧車・スーパーカー】市販間近だったコンセプトモデルたち

多くの「フォルクスワーゲンファン」、「旧車ファン」が待望していた「フォルクスワーゲン」社がティーザー画像を公開していた「IDバギー・コンセプト」。ついに発表されました。もちろんのことですが、これはかつて「フォルクスワーゲン・ビートル」をベースに改造され、人気を博した「ビーチバギー」の現代版とも言えるもので、「I.D.」と名がつく通り「ピュアエレクトリック」モデルです。

この「IDバギー・コンセプト」はオフロード走行用にデザインされているのがポイントです。そのために装着されている18インチホイールにはBFグッドリッチ製のオールテレーンT/Aタイヤが装着されています。「IDバギー・コンセプト」の最低地上高は高くなく、理由としてはプラットフォームがEV用の「MEB」で、フロアにバッテリーを敷き詰めていることがその理由かもしれないということです。実際の最低地上高は24cmを確保しているということです。

興味深いのは、今回「フォルクスワーゲン」社が「I.D.シリーズのプラットフォームを、どこであろうが他社に供給する用意がある」と発表しているということです。

そして「IDバギー・コンセプト」のプラットフォームの構造です。構造的には「プラットフォームさえ手に入れば」あとは第三者が「上モノを自由に」載せることができるようになっており、オリジナルにアレンジしたカスタムマシンを製作できるようです。

これが通常のモノコックボディを採用するガソリン車のように「ボディ(上モノ)もサスペンション入力など外部の応力を受ける」構造を持っていればこの方法は不可能です。こうして時代の流れを考慮するならば、まさにEV時代ならではの新しい試みなのです。

そして今回の「IDバギー・コンセプト」については、発売を前提としたクルマのプレビューを行ったというよりも、「このMEBプラットフォームを使用すれば、こんなクルマも作れる」とサードパーティーに示すためのものなのかもしれません。実際には誰でも「フォルクスワーゲン」社からこの「MEB」を購入して「自動車メーカーを始めることができる」ということになるのかもしれません。

それでも基本の車体部分は「フォルクスワーゲン(VW)」なので、メーカーとしてはVWでの登録になるのかもしれません。今回発表された「IDバギー・コンセプト」のポテンシャルについては、62kWhリチウムイオンバッテリーを搭載し、リアに取り付けられたモーター(201馬力)を駆動するということです。

これによって0-100km/h加速は7.2秒をマークするとされていますが、「フォルクスワーゲン(VW)」は以前に「モーターの数」「バッテリー容量」を容易に変更できるとしており、このプラットフォームを購入する会社も自由にそれを指定できそうです。

なお、「フォルクスワーゲン(VW)」が今回この決断を行ったのは「MEBプラットフォームの数をできるだけ多く販売し、コストを下げたいから」ということです。同時にこのプラットフォームが普及すれば、パーツの規格などについても「フォルクスワーゲン」は「覇権」を握ることが可能となり、それも視野に入れてのことなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。