【ワイルドスピード】エイザ・ゴンザレスの犠牲とドウェインの関係

この記事は5分で読めます

【ワイルドスピード】エイザ・ゴンザレスの犠牲とドウェインの関係

あわせて読みたい記事:【ベイビードライバー】 劇中車両のスバルWRXのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【サン・カン】ワイルドスピードからオビ=ワン・ケノービ出演で注目

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 エイザ・ゴンザレスの水着姿に隠された秘密

世界的な大ヒット映画の「ワイルドスピード」シリーズのスピンオフ作品「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」。その作品で注目されたのが「エイザ・ゴンザレス」。この作品は、「ワイルド・スピード」シリーズの初スピンオフ作品で、以前から人気の高かったドウェイン・ジョンソンが演じるルーク・ホブスと、ジェイソン・ステイサムが演じるデッカード・ショウが反発しながらもタッグを組んだ作品。マダムM役として出演した「エイザ・ゴンザレス」は、出演するにあたって大きな犠牲が伴ったということです。メキシコ出身の「エイザ・ゴンザレス」は、「ベイビー・ドライバー」や「I Care a Lot(原題)」での演技も知られ、2021年には、モンスターバース4作目の「ゴジラvsコング」が公開されます。しかし、公開時期は違うものの、それぞれの撮影時期は重なることもあったようで困難なこともあったということです。


「ワイルドスピードに出演するための犠牲」

あわせて読みたい記事:【エイザ・ゴンザレス】ワイスピシリーズのマダムMの歴代彼氏と現在

「エイザ・ゴンザレス」がアメリカの「Collider」で明かしたところによると、「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」と「ゴジラvsコング」への出演というのは、同じ週に電話でオファーされたということです。両方とも大ヒットシリーズのハリウッド超大作ということで、もちろんその出演を自分から断るなんて選択肢にない。しかしスケジュールの関係で悩んでいたところ、「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」の主演であり、制作にも携わった「ドウェイン・ジョンソン」が取り計らってくれたというのです。そのことについて「エイザ・ゴンザレス」は、「両方やりたかった。でも、その2つでの出演時間は多めだったからスケジュールが被ってるところがあって。でもドウェインと彼のチームが素晴らしくて、『彼女が好きだな。この映画に出てほしい。どうやったら上手くいくかな?』って感じで。みんなは、私の『ゴジラvsコング』のスケジュールを鑑みてくれた。それは、ロケーション移動することだった。ハワイからオーストラリアにって。私は『休暇は要らない』って言ってた。その時期はホリデーだったから。『バケーションは要らない。これが出来るなら』って思ってたのを覚えてる」とコメントしています。確かに「ドウェイン・ジョンソン」や彼のチームにそこまでさせた「エイザ・ゴンザレス」の魅力は、「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」の作品を見たら納得させられます。一方で「エイザ・ゴンザレス」もまた、その長距離移動にもへこたれず、バケーションを犠牲にしても、両作品への出演をやり遂げたのでした。

「エイザ・ゴンザレス」は、自分が演じるキャラクターに真摯に向き合うことでも知られており、Netflix映画『I Care a Lot』では、メイクアップアーティストに申し訳ないと思いながらも、役作りとしてメイクをすることを拒否したというエピソードもあるほどです。「エイザ・ゴンザレス」の演技が見られる「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」は、DVDや各ストリーミングサービスで、5月14日に全国ロードショーなる「ゴジラvsコング」は劇場で楽しむことができます。そして、本編の「ワイルドスピード」シリーズの最新作「ワイルドスピード9/ジェットブレイク」については下記のようになっています。


「ワイルドスピード/ジェットブレイクについて」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】ポール・ウォーカー代役で相応しい俳優が決定

大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、なんと5,400億円を突破しているモンスター映画。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2020年1月31日に予告編が公開されると、24時間で5億回の再生回数を突破し世界的に次回作への期待と「ワイルドスピード」シリーズの人気の高さを示しました。毎回、世界的な名車、旧車のカスタムマシンが登場し多くのクルマファンを魅了している映画ですが、今回は、スーパーボウルのCMで1年ぶりに予告が公開された「F9(邦題:ワイルド・スピードJET BREAK)」に注目。今作には、「ドミニク(ヴィン・ディーゼル)」の弟の「ジェイコブ(ジョン・シナ)」が新たな敵として前作の敵「サイファー(シャリーズ・セロン)」と共にファミリー達と対峙します。新型コロナによるパンデミックの影響で当初の予定では2020年5月29日に全米公開予定でしたが去年、2021年4月2日に公開予定と発表したままでした。そして今回、パンデミックの影響で1年以上劇場公開が遅れていたシリーズ9作目となる「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」の劇場公開日がついに決定しました。

最新の公開日は2021年6月25日です。

今作でも「フィアット・クライスラー」から発売される新型車がプロモーションで入っているのでもうこれ以上延期する事は無いでしょう。日本での公開日は現時点では発表されていませんが、前作同様アメリカと同じ日に公開でしょう。

シリーズでドミニクを演じる「ヴィン・ディーゼル」は、「劇場での経験というものに力を注いできた。俺はこの人生をそれに捧げてきたんだ」と、過去にインタビューでコメントしています。

また、新キャストの「マイケル・ルーカー」は、「『ワイスピ9』は素晴らしい作品になるだろうし、みんなが待っていてくれて嬉しいよ。公開が遅れたおかげで、(我々が)大きなスクリーンに戻ってこられるから、本当に嬉しく思うよ」とコメント。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】シリーズ中で27億円も投じられたワンシーン

世界的大ヒットとなっている「ワイルドスピード」シリーズの最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』のあらすじとは?

舞台は前作『ワイルド・スピード アイスブレイク』の5年後という設定。ドミニクは以前交際していたエレナとの間にできた息子ブライアンの良き父となるために、レティと共に平和な毎日を過ごしていた。ところがある日、何者かによってブライアンが誘拐される…。誘拐犯を追った先で見つけたのは、ドミニクの実弟ジェイコブ。彼はなんと、過去の敵であったサイファーの部下となっていた。自身の兄を越えるため、ドミニクの仲間に攻撃し始めるジェイコブ。自分の本当の家族との再会に動揺を隠せないドミニク。しかしドミニクは、苦楽を共にしてきたファミリーが危険にさらされることに憤慨し、実弟との戦闘に踏み切る!というあらすじとなっています。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:キャスト

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ワイルドスピード×3に登場人物たちが復活

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」には、主人公の「ヴィン・ディーゼル」が演じるドミニク・トレットはもちろん、ローマン・ピアース役の「タイリース・ギブソン」、レティ・オルティス役の「ミシェル・ロドリゲス」、ミア・トレット役の「ジョーダナ・ブリュースター」、サイファー役の「シャーリーズ・セロン」、ラムジー役の「ナタリー・エマニュエル」、テズ・パーカー役の「クリス・“リュダクリス”・ブリッジス」といったレギュラーメンバーが続投しています。さらに、「ジョン・シナ」がドミニクの弟役ジェイコブ・トレットとして参加することに。また、アーティストの「カーディ・B」も出演しているという豪華キャスト陣となっています。しかし、ルーク・ホブス演じる「ドウェイン・ジョンソン」と「デッカード・ショウ」演じるジェイソン・ステイサムは、今回の「ワイルドスピード/ジェットブレイク」には参加していません。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ホブスとショウが出演しない理由が明らかに

また「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」で最も人々を驚かせたのは、2006年に公開されたシリーズ3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』で命を落としたと思われていたキャラクター、ハンのカムバック。

予告編で何事もなかったかのようにファミリーの基地を訪ねてくるハンの姿に、ファンは大歓喜しました。ハンの生存がわかった日、何者かがすぐさまハンを演じる俳優「サン・カン」の英語版のウィキペディアを改変して、「サン・カンは死から逃れられるアメリカ人俳優。映画『ワイルド・スピード』シリーズの不死身の男、ハン役として知られている」と記述。 ハンだけでなく、ハンを演じる「サン・カン」まで不死身とするかのような書き方に変えられた。もちろんその後修正されましたが、いち早くその記述を発見したファンはSNSで大喜びの様子だったということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。