【江口洋介】愛車の旧車カワサキZ1-Rと趣味や森高千里との関係

この記事は5分で読めます

【江口洋介】愛車の旧車カワサキZ1-Rと趣味や森高千里との関係

あわせて読みたい記事:【織田裕二】湘南爆走族に登場する愛車ホンダCB400Tホーク2

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

映画、ドラマなど日本の芸能界を代表する俳優「江口洋介」さん。これまで様々な映画やドラマのヒット作に出演されていますが、バイクの旧車好きとしても有名です。今回は、その「江口洋介」さんのバイクの愛車や妻の「森高千里」さん、趣味などのプライベートに注目です。


「江口洋介さんのプロフィール」

  • 名前:江口洋介 えぐち ようすけ
  • 本名:江口 洋介
  • 生年月日:1967年12月31日
  • 出身地:東京都北区西ケ原
  • 身長:185 cm
  • 血液型:O型
  • 職業:俳優、歌手
  • 活動期間:1986年 –
  • 配偶者:森高千里(1999年 – )
  • 事務所:パパドゥ
  • 経歴:1987年に東映映画『湘南爆走族』で主人公・江口洋助役に抜擢され、一躍有名となる。江口は本名であり、また映画の原作はすでにヒットしていた漫画であることから、この役名との類似性は偶然である。テレビドラマの主演デビュー作は、1987年の単発ドラマ『翼をください』である。実質的なデビュー作品はテレビドラマ『早春物語』であり、雑誌等での公式プロフィールでは『湘南爆走族』がデビュー作品扱いであるが、他にも数本『湘南爆走族』以前の出演映像作品がある。1988年には刑事ドラマ『ジャングル』をリニューアルした『NEWジャングル』の実質主役に抜擢される。1990年代初頭は、『東京ラブストーリー』『愛という名のもとに』など、トレンディドラマの常連であった。また、当時は独特の長髪がトレードマークであり、同じく長髪が印象的な武田鉄矢と『101回目のプロポーズ』では、兄弟役を演じている。1993年、1997年に放送された『ひとつ屋根の下』シリーズは、最高視聴率37.8%を記録し、大ヒットとなる。現在でも、フジテレビドラマの歴代最高の視聴率。シンガーソングライターでもあり、「恋をした夜は」「愛は愛で」などのヒット曲もあるが、1999年以降は「役者と音楽を続けてきたけれど、1つのことを極めたかった」との理由から、ほとんど歌手としての活動を行っていない。1999年6月3日に、歌手の森高千里と結婚。2000年2月に長女が、2002年5月に長男が誕生し、1男1女の父親である。2000年以降については、異色の社会派映画「闇の子供たち(2008年公開)」では、タイで児童買春のとりことなっていながら、自己否定に苛まれて事件を追う新聞記者という役柄を演じた。2005年にフジテレビ系列で放送された新潟県中越地震後の被災地を取り上げたドキュメンタリー番組でナビゲーターとして現地を取材した(なお、この番組で取り上げたエピソードの1つがきっかけで映画「おにいちゃんのハナビ」が制作された)。2010年1月より2019年12月まで、『日経スペシャル ガイアの夜明け』で2代目案内人を担当する(初代は役所広司、後任は松下奈緒)。2016年公開の「人生の約束」では漁師という役作りのためトレードマークである長髪を切り落とし短髪で撮影に臨んだ。

「江口洋介さんと森高千里さん」

あわせて読みたい記事:【新木優子】 歴代彼氏や愛車の旧車とすっぴん画像やコスプレ画像

1995年の阪神淡路大震災救済イベントで、「森高千里」さんが出演すると聞き、ファンだった「江口洋介」さんは即答で参加を表明。そして1999年6月3日に「森高千里」さんと結婚。2000年2月に長女、2002年5月に長男が誕生し、1男1女の父親となられています。


「江口洋介さんの趣味」

あわせて読みたい記事:【ネメシス】江口洋介の愛車シボレーの旧車サバーバンシルバラード

趣味では、バスフィッシングを嗜み、シマノの釣り具のCMに出演。またそのCMシリーズの中では、「ジャイアント馬場」や「田中星児」と共演したものも。ハウスジャワカレーのCMで、釣竿購入をたくらみ、共演している妻の「森高千里」さんにたしなめられる場面を演じてもいる。また、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』において、毎年行われるコーナー「芸能人釣り選手権」の常連。1996年放送の第2回大会から、2004年の第10回大会まで毎回参加していたが、一度も優勝の経験はなく、そのことを出演者たちにいじられることがある。それ以降は参加していない(2006年6月放映分現在)。スノーボードも趣味。しかし、1998年2月上旬にスノーボードで足を骨折して入院したため、同年4月から放送開始予定であった『ドンウォリー!』を降板。代役は「近藤真彦」さん。そして、バイクの趣味。2009年6月10日午後7時30分ごろ、東京都渋谷区富ケ谷のガソリンスタンドで自身が所有するKawasaki製のバイク「Z1-R」(1970年代後期製造。排気量1000ccの大型バイク)への給油を終えて道路へ出る際、右方向から来た自転車を避けるため急停止し転倒、肋骨や鎖骨の複雑骨折で全治2か月の重傷を負ったことが注目されました。


「江口洋介さんの愛車カワサキZ1-R」

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

「江口洋介」さんの愛車は、カワサキの旧車「カワサキ・Z1-R」です。「角Zの純正カフェレーサー仕様」。


「カワサキ・Z1-R」:概要

あわせて読みたい記事:【市原隼人】愛車のZ1・カワサキ900superfourの仕様

1978年にデビューした「カワサキ・Z1R」。これまでカワサキは、Z1シリーズ伝統の流麗な曲線を持ったデザインが特徴でしたが、大幅に変更し直線基調でスリム化を徹底。この変貌は称賛されて世界に受け入れられ、そのスタイルは後の「カワサキ・Z1000MkⅡ」、「カワサキ・Z1000R」、そして「カワサキ・ZRX」に至るまでカワサキデザインのキーポイントになります。実にこのデザインは、微妙な曲線美を持つ日本刀がイメージ。

エンジンはZ1のエンジンを1,015ccに排気量アップしたZ1000A1がた、しかも初期のZ1と同じ塗色のブラックを搭載。エンジンの基本ブロックは1978年モデルのZ1000(KZ1000-A2)のそれと同一だが、大径キャブレターの採用等により出力90ps(Z1000は83ps)を発揮し、スペシャルモデルとしての差別化。またカワサキ初のアルミキャストホイールや大容量膨張室を持った“4 in 1”集合管を装着し、ビキニカウリング内にはスピード/回転計のほか、燃料計と電流計が備えられ、方向指示器にはオートキャンセル機構が付加。実際、姿・形ばかりでなく、やはり最高速に挑み続けてきたカワサキらしい車両は、ゼロヨンで12秒フラットをマーク。最高速は218km/h以上をたたき出し、さらにデビュー翌年の1979年のル・マン24時間耐久レースではシルエットノーマルクラスで優勝を飾り、そのポテンシャルの高さを世界に知らしめた。

1978年モデルとして投入された「カワサキ・Z1-R(KZ1000-D1)」以外に現地プロデュースによる派生モデルとしてフランスにZ2-R(カラーリング変更)、ドイツにZ1000S(ビッグタンク、4本マフラー装備、北米向けプロダクションレーサーKZ1000S1とは無関係)、アメリカにZ1-RTC(ターボ装着)が存在。


「カワサキ・Z1R-2」:概要

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】 愛車の1980年式カワサキZ750FXのスペック

1978年に発売されたのが1979年型の「カワサキ・Z1R-II」。変更点は、フレームとエンジンのベースをZ1000からZ1000MKIIへ変更、フロント19インチホイール、フロントフォークステムのショートオフセット化(60mm→50mm、トレール量確保と軸間距離の最適化)、燃料タンク容量アップ、“4 in 2”マフラー。

同年発売のZ1000MKIIベースとなったエンジンは、カムカバーが角型になったほかZ1000MKIIと形状の異なる専用マフラーなどの採用によって出力も僅かだがZ1000MKIIより高いものとした。Z1の強化版のZ1000からダウンチューブの一部を二重鋼管としたZ1000MKIIベースのフレームとなった。カラーリングも黒と赤の2色が用意された(1980年モデルは黒1色のみ)。


「カワサキ・Z1000Mk-II」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鰐淵春樹の愛車Z1000Jジェイソンの仕様

「カワサキ・Z1000」の特別仕様として1977年に発売したモデルが「カワサキ・Z1-R」ですが、「カワサキ・Z1000」の1978年のモデルチェンジ(1979年モデル)で直線スタイルのデザインとなったにが、「カワサキ・Z1000MKII」。「Z1000MKII」は2年間販売されました。そして、1980年のモデルチェンジ(1981年モデル)で「カワサキ・Z1000-J1/Z1100GP-B1」になりフレームの新製および徹底したエンジンの改良を行いZ系からJ系へとターニングポイントを迎えました。


「カワサキ・Z1000H」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】真嶋夏生のホンダCB1100R爆音スペシャル

「カワサキ・Z1000Mk-II」をベースに、1980年に誕生したのが「カワサキ・Z1000H」。Z1000Mk-IIとの最大の違いは、燃料供給を従来のキャブレターではなく、当時まだまだ市販2輪車では珍しかった電子制御の燃料噴射装置に置き換えたことだ。吸気量をセンサーで計測し、そのデータに合わせて理想的な燃料噴射量を決定するKEFIと呼ばれるこの電子制御燃料噴射システムは、ドイツのボッシュが4輪車向けに開発したLジェトロニクスを2輪車用にしたもの。最高出力で見るとZ1000Mk-IIの93PSに対して、Z1000Hは96PSとパワーアップを実現。


「カワサキ・Z1-Rシリーズ」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2160/800/1295mm[2218(2155)/805/1290(1280)mm]{2180/900/1180mm}
  • シート高:815(825)mm
  • 車軸距離:1505mm[{1490(1478)mm}]
  • 車体重量:246kg(乾)[250kg(乾)]{245kg(乾)}
  • 燃料容量:13.0L[20.0L]{17.8L}
  • エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
  • 総排気量:1016cc
  • 最高出力:90ps/8000rpm[94ps/8000rpm]{93ps/8000rpm}
  • 最高トルク:8.7kg-m/7000rpm[9.2kg-m/6500rpm]{9.1kg-m/6500rpm}
  • 変速機:常時噛合式5速リターン
  • タイヤサイズ:前3.50H18後4.00H18[{前3.25V-19後4.00V-18}]
  • バッテリー:YB14L-A2
  • プラグ:B8ES、W24ES-U
  • スプロケ:前15|後33[{前15|後35}]
  • チェーンサイズ630|リンク92
  • スペックはZ1-R
  • []内はZ1R-II/D2
  • ()内はZ1R-II/D3
  • {}内はMK-II
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。