【ディエゴ・マラドーナ】愛車ポルシェ911カブリオレのスペック

この記事は3分で読めます

【ディエゴ・マラドーナ】愛車ポルシェ911カブリオレのスペック

あわせて読みたい記事:【八村塁】愛車のランボルギーニがカスタマイズされててカッコイイ

あわせて読みたい記事:【ブガッティ・チェントディエチ】C・ロナウドが限定10台・価格11億オーバーの愛車

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】 愛車の1980年式カワサキZ750FXのスペック

2020年11月25日、元アルゼンチン代表サッカー選手&監督だった「ディエゴ・マラドーナ」氏が60歳の若さで亡くなったと言う信じられないニュースが報道されました。死因は、心臓発作。衝撃的な報道とともに世界中が悲しみに包まれました。そのような中、彼のサッカー人生やプライベートにも注目が集まっています。今回は、「ディエゴ・マラドーナ」の愛車だった「ポルシェ・911(964型)カブリオレ」がオークションに登場ということで注目。


「ディエゴ・マラドーナのプロフィール」

あわせて読みたい記事:【ディエゴ・マラドーナ】特別に許可の愛車など車エピソードが凄い

「ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(スペイン語: Diego Armando Maradona, 1960年10月30日 – 2020年11月25日)」は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州ラヌース出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワードまたはミッドフィールダー。ペレ、ヨハン・クライフ、フランツ・ベッケンバウアー、アルフレッド・ディ・ステファノ、ジーコなどと共に20世紀のサッカー史に名を残すスター選手とされています。


「マラドーナのための大会とされた1986ワールドカップ」

あわせて読みたい記事:【ロバート・ダウニーJr】愛車のBMW3.0CS改がカッコイイ

1985年5月、カルロス・ビラルド監督はマラドーナをキャプテンに指名し、その個人能力を活かすチーム作りを行った。マラドーナは右膝に負傷を抱え、チームの成績も芳しいものではなく、当時のチームはメディアから「史上最弱」と酷評されていたが、1986 FIFAワールドカップが始まると一転して華々しい活躍を見せた。グループリーグ初戦韓国戦ではチームの3ゴールすべてをアシスト。イタリア戦ではボレーで同点ゴールを決め、ブルガリア戦でも1アシストを記録した。

準々決勝のイングランド戦試合前には3年前のフォークランド紛争(マルビナス戦争)の因縁もあって両国メディアの舌戦が続いたが、その試合はいわゆる「神の手」ゴールと「5人抜き」ドリブルを記録した試合として知られている。

後半4分、ペナルティエリアに走りこんだマラドーナと浮き玉を処理しようとした相手GKピーター・シルトンと交錯したが、マラドーナは空中のボールを素早く左手ではたき、ボールはそのままゴールインした。

シルトンをはじめイングランドの選手はマラドーナのハンドを主張したが、審判は彼の得点を認めた。その4分後にはセンターライン付近でパスを受けると単独で60m近くドリブルし、5人を抜いて無人のゴールにボールを蹴りこんだ。

前者の得点については「本当は手で触れたのだが、神の思し召しにより許された」という趣旨の発言をしたことから「神の手」ゴールという呼称が広まった。2007年には後者の得点がイギリスのワールドサッカー誌によって史上最優秀得点に選ばれた。

準決勝のベルギー戦でも2得点を挙げ、決勝の西ドイツ戦ではローター・マテウスのマークにあいながらも、ホルヘ・ブルチャガに絶妙なラストパスを供給し、決勝点をアシストした。

大会中チームの総シュート数のうち約半分を放ち、全14得点のうち5得点5アシストを記録。アルゼンチンを2度目のワールドカップ優勝に導いた事から大会最優秀選手に選ばれ、同大会は「マラドーナのための大会」と呼ばれた。


「ディエゴ・マラドーナのポルシェ911(964型)」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ935 JLP-2】2億円以上のスペックとレース経歴

今回、注目したいのは、「ディエゴ・マラドーナ」が所有していた1992年モデルの「ポルシェ・911(964型)カブリオレ」がオークションに出品されるということ。

この個体の経歴としては「ディエゴ・マラドーナ」が1992年11月にアルゼンチンに輸入し1993年まで所有して次のオーナーが約20年間保管し、現在はフランス人コレクターの元にいっているということです。経歴を辿ると実は今回の個体は、ほとんど「ディエゴ・マラドーナ」と関係ない車です。それでも現役だった時に「ディエゴ・マラドーナが新車で購入していた「ポルシェ・911」です。そのためか現在の所有者も今が一番高く売れる最適な次期と判断したのかもしれません。個体の予想落札価格としては、下記のようになっています。

走行距離は120,000km
予想落札価格は1900万円~2500万円

この「ポルシェ・911(964型)」は空冷エンジンを搭載し現在のポルシェとは比べ物にならないくらいエンジン音が強力でフェラーリ並みの性能なのに壊れにくいと人気のクラシックカーでずっと価値が上り続けているモデルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。