【デヴェル・シックスティーン】 最強馬力マシンのスペック・価格

この記事は2分で読めます

【デヴェル・シックスティーン】 最強馬力マシンのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速ランキング:2019】1秒台の車もあり

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2018年ベストバージョン

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】BHオークション出展車スペック一覧

これほどまでに「モアパワー」を追求した市販車は、今後登場することはないかもしれないということで注目されているマシンが満を持しての登場となりそうです。中東が生み出した環境法規制完全無視のハイパースポーツモデルである「Devel Motors(デヴェル・モータース)」社の2ドアスポーツクーペ「デヴェル・シックスティーン(Devel Sixteen)」が、遂に来月の2月15日より開催となる「カナダ・モントリオールオートショー2019」において、最終仕様モデルを世界初公開する予定となっています。

2018年10月頃、この特別プロジェクトの開発に携わっていた「Manufattura Automobili Torino(MAT)」が完全離脱してしまい、更には公道走行用に改造された大排気量エンジンを冷却する方法が全く見出せていないという大きな状況に、しかも冷却効率を高めるためにデザインを変更しなければないとも言われていたことから、一度は完全に開発がストップしてしまうという状態となりましたが、何とかその危機を回避することに成功したようです。

これまでに直面していたような課題・問題も無事クリアし、なんとか量産化へと漕ぎ着けることができた「Devel Motors(デヴェル・モータース)」社ですが、どうやらこの個体の量産化は2019年後半より、本格的にスタートすることが明らかになっています。ちなみに、この常識破りなスペックを備えているモデルを世界で一番最初にオーダーし、納車第一号となるのは、何とカナダのスーパーコレクターである「TonyBet」氏であることが判明しています。この人物は、「ラ・フェラーリ」や「フォードGT」、そして「マクラーレン・セナ」等の世界限定モデルを数多く所有する人物でもあります。

既にボディカラーやその他のオプションなどもほぼ決定しており、サンプルのミニチュアモデルも貰っているとのことですが、もしかすると彼がオーダーしたオプション内容において、「カナダ・モントリオールオートショー2019」に出展されるかもしれないということです。そう考えると、「カナダ・モントリオールオートショー2019」は大きな注目が集まりそうです。公開予定の「デヴェル・シックスティーン(Devel Sixteen)」についてですが、大きくはV型8気筒エンジンを搭載する最高出力2,000ps仕様の”エントリーレベル”と、同エンジンを搭載する最高出力3,000ps仕様の”レーシングヴァージョン”、そして本気のトラック向けとなる排気量12.3L V型16気筒クワッドターボエンジン搭載の最高出力5,007ps超えの最強モデルとなる3種類のグレードでのラインナップとなります。

価格帯については、V型8気筒ツインターボエンジンを搭載する最高出力2,000psの”エントリーレベル”は、1.9億円からの価格設定となっており、注文後約2年間の納期がかかると言われています。さらに、同じV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力3,000ps仕様に引き上げられた”レーシングヴァージョン”は、約2.24億円とのことで、エントリーレベルに比べてわずかに3,000万円程の価格上昇となりますが、そこまで大きな差ではないように感じられます。そして、最後は排気量12.3L V型16気筒クワッドターボエンジンを搭載するトラック向けモデルは、2.64億円とこちらはレーシングヴァージョンに比べて約4,000万円の上昇、エントリーレベルよりも約7,000万円の上昇となります。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。