【B110型:サニーTS仕様】日産名車再生クラブの車両スペック

この記事は3分で読めます

【B110型:サニーTS仕様】日産名車再生クラブの車両スペック

あわせて読みたい記事:【サニー エクセレントクーペ1400GX】LZ14搭載TS仕様

あわせて読みたい記事:【フェアレディZ・S30/S31】悪魔のZのベースは初代モデル

あわせて読みたい記事:【ケンメリ/ヨンメリ・スカイライン】C110型の軌跡とスペック

2019年2月2日(土)に神奈川県厚木市にある「日産テクニカルセンター」で「日産名車再生クラブ」は、「ダットサン:サニー1200 クーペGX-5 特殊ツーリング(TS)カー仕様」のレストア作業が完了したことを宣言する「再生完了宣言式」を行いました。

あわせて読みたい記事:【サニー1200GX TS仕様】 名車再生クラブがレストア始動

「日産名車再生クラブ」とは、日産テクニカルセンター内の開発部門従業員を中心に2006年から活動がスタートしたサークル(現在はクラブとして活動)のことです。日産の財産として取り置かれている、国内外で活躍したかつてのレース車両をレストアして動態保存できるようにしています。このような活動は、車両への理解、当時の技術者たちのクルマ造りと技術的な工夫、考え方を学ぶ場となっているということです。ちなみに活動は、勤務時間外(主に休日)で、クラブ員数は平均80名ということです。これまでのレストア完了車両には、「日産:240RSモンテカルロラリー仕様車(1983年式)」や「ル・マン24時間レース出場車 NISMO GT-R LM (1995年)」といった13台の名車たちを復活再生してきています。また、レストアを終了した車両のお披露目は、静岡県・富士スピードウェイで開催の「ニスモフェスティバル」で行なってきました。

2018年度の活動は1972年の「東京モーターショー」で展示された「ダットサンサニー1200 クーペGX-5 特殊ツーリング(TS)カー仕様」でした。2代目モデルの「サニー(B110型)」は、特に1972年に追加設定された2ドアクーペ1200GX-5をベースに、最高出力を130馬力までチューンニングしたA12型エンジンを搭載し、モータースポーツシーンで活躍しました。富士スピードウェイを舞台とした「TSレース」カテゴリーのレースでは、1971年から74年、77年、79年、80年、82年とシリーズチャンピオンに輝いた素晴らしい戦績を残した名車です。また、この時期は自動車メーカーのワークス活動が終了した時期と重なっており、チューナーにレースマシンの製作が委ねられていました。それが、今の日本のレースシーンを作り上げたという重要な時期でもあったということです。

レース用にチューニングされたA12型エンジンは、燃料噴射装置(機械式インジェクション / スポーツキャブレター)の効果もあり、排気量:1,300ccの自然吸気のOHVから、その末期には175ps / 10,000rpmオーバーのエンジンパワーを搾り出しており、OHVエンジンとは思えない高回転、高出力のポテンシャルを発揮していました。また700kg程度の軽量なシャシーで運動性が良く、エクステリアも空気抵抗の少ないボディシルエット、リーフ式サスペンション(リーフスプリングに吊られたリジッドアクスル)ながら、高いトラクションとコーナリング性能を発揮する足回りなどとの相乗効果でDOHCマシン(KP47型:トヨタ・スターレット)を下す場面もあったのでした。


  • 【B110型:サニーTS仕様】:スペック

  • 型式:KB110
  • 全長 × 全幅 × 全高:3,825mm × 1,615mm × 1,285mm
  • ホイールベース:2,300mm
  • トレッド(F/R):1,335mm / 1,315mm
  • 車両重量:650kg(710kg)
  • サスペンションシステム(F/R):ストラット / 楕円リーフリジッド
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク / ドラム
  • タイヤ(F/R):185-515-13 / 205-515-13
  • エンジン:A12型 水冷式直列4気筒 OHV 1,171cc ソレックス型キャブレター ×2
  • 排気量:1,270cc(1,171cc)
  • 最大出力:130ps / 8,000rpm(83ps/6,000rpm)
  • 最大トルク:12.0kgm / 7.200rpm(10.0/4,000rpm)
  • トランスミッション:フロア式5速マニュアル
  • 駆動方式:FR
  • ()内はベースモデル

2018年度の活動で再生車両として用意された「B110型:サニー」は、1972年の「東京モーターショー」で参考出品された個体で、実際にレースシーンで使われた車両ではありません。

しかし、レースのための開発車両だったようで、きれいに保存はされていたものの、状態はそれほど良いともいえませんでした。 LSDは一部部品が破損していたため、図面をもとに製作したり、と一部ハードな作業もあったようですが、5月末にキックオフ式を開催から約6か月の製作期間を経て、無事に作業は終了し、11月にはシェイクダウンを行っています。

そして2018年12月開催のニスモフェスティバルでは、「和田孝夫」氏のドライブでサーキットサファリ、そしてヒストリックカーレース先導車として、その走行シーンを来場者にお披露目しました。

そして、2019年2月2日、再生完了を宣言して、日産名車再生クラブの2018年度の活動は終了となりました。この「B110型:サニー」は、2月いっぱいまで厚木テクニカルセンターで展示されたのち、3月からは神奈川県座間市の「日産ヘリテージコレクション」に移され展示されるということです。「日産ヘリテージコレクション」は、公開日が決められていたり、事前に予約が必要であったり、限定的ではあるものの一般公開がされています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。